●中大速研OB会ホームページへようこそ。 時間の許す限り、各ページをのぞいてみてください。




このホームページは、OB3期生の龍藤 謙(りゅうどう・けん/ペンネーム)が、公式ページができるまでのつなぎとして作ったものです。



●文字検索からこのページにおいでになった方で左側と上にあるはずのフレームページが表示されない場合は、ここをクリックすると、中大速研のすべてのページにジャンプできるボタンのあるフレームページが現れます。



●H28.2.29 にこのホームページのURL が変更になりました。


 (管理人  りゅうどう・けん)






 今が一番日没時間が早い時期だそうです (H29.12.7)



 
このところ久しぶりにいい天気が続いていますね。

 ただ、太陽が沈む時間が早く、夕方にはすぐに暗くなります。

 活動する時間も短くなりました。



 きのうは、国道299号線の吾野の先から橋を渡ってすぐの、「秩父御嶽山」 の駐車場に車を置いてスタート。

 まずは、神社の奥の院に向かいます。そこまで約400段の階段を登りました。これに、35分かかりました。

 奥の院から先が山道になります。

 アップダウンの連続で、やっと 「吉田山」 の頂上に。急登もありましたが、何とかクリア。

 頂上は、スギ林の合い間からのわずかな日差しのみ。遠望はほんのわずか。

 気温は6°、しかし吹き上がってくる風が強く、体感は軽く零度になっていたと思います。

 上を全部着替えてから、ポットの暖かいホットコーヒーを飲みながらの昼食。

 寒くて、マフラーを首に巻き、手袋をして、頭がすっぽり入るジャンパーを着ました。

 寒いので、昼食もそこそこに下山開始。

 下は、日射しいっぱいで、車の中は天国。

 今月はもう1回行けるかな?



 「お便り」 が参りました。

 どうぞ、お読みください。








 
紅葉が見事です、その葉も散ります
 (H29.11.24)



 団地の周りもイチョウの葉が散りはじめるなど紅葉が終わりに近づいてきました。

 一方、ナナカマドやセンリョウの小さな赤い実がきれいです。


 山の方は、21日には、秩父の刈場坂峠の奥武蔵グリーンラインの東側の林道に車を止めて、

 「アラザク」 「丸山」 「大仁田山」 という名前の山に登ってきました。

 昭文社の地図には、その存在すらもない林道沿いの山でした。

 ですから、頂上には山名を表す表示はもちろんありません。

 林道沿いですから、まぁ、ハイキングですね。

 したがい、誰一人としてすれ違いませんでした。

 ただ、帰りに、消防車とパトカーに止められました。

 「途中の道に、オートバイが事故を起こしていませんでしたか?」 と

 聞かれました。

 きっと、通報があったのでしょうが、林道ですから、正確な場所が伝えられなかったのでしょう。

 また、下りの林道では、道路の真ん中に直径30p位の岩がごろっと転がっていました。

 ど真ん中ですから、避けて通るわけにはいきません。その重たい岩を手で持ち上げて、道路の端に移動。

 行きにはありませんでしたから、数時間のうちに転げ落ちたのだと思います。



 さて、訃報が参りました。

 6期生です。

 「お便り」 のところにあります。

 ご覧ください。







 
やっと秋晴れが続き始めましたね (H29.11.12)



 11月に入ってからいい天気が続くようになりました。

 そうなると、「山」 ですね。

 10月から少々、腰から臀部の痛みと雨のせいで山に行けませんでした。

 このところやっと臀部の痛みも少なくなったので、1か月振りに、11月1には、足慣らしもかねて飯能市の

 「柏木山」 にハイキングに行ってきました。

 工業団地脇の駐車場に車を止めて、久しぶりの山行でした。

 途中からゴルフ場の金網のフェンス沿いに歩くことになりましたが、頂上ではいい天気でした。

 富士山は遠く霞んで、てっぺんだけですが見えました。都内方面は、たぶん、あれがそうだろうと、

 東京スカイツリー??? も。


 10日には、武蔵五日市の十里木のいつもの駐車場に車を止めて、「盆堀山」 に登ってきました。

 急登の尾根までは何回も来ていますが、そこからは、いつもとの逆の右に折れて行きます。

 何回かのアップダウン、小さい岩場を繰り返して、頂上へ。

 頂上は杉に囲まれて、四方は見えず、天井の空のみ。昼食です。

 今回も誰一人会いませんでした。

 さて、次はいつ行きましょうか?



 「お便り」 が来ました。

 どうぞご覧ください。

 風邪などお引きになりませんように。



 追伸 : 管理人がお世話になった栄養学の先生が本を刊行されました。

      よろしかったら、書店でご覧ください。もし、書店になかったら、注文もできるそうです。

      「100歳まで元気なカラダ! 筋トレ5分+タンパク質」 著者 殿塚婦美子先生

      マガジンハウス   833円+消費税
      









 
台風21号が接近 (H29.10.22)


 もうすぐ11月だというのに台風が近づいてきました。

 雨風とも強いそうですから、十分に注意しましょう!


 このところ、毎日雨ばっかりです。

 身体の方は、少々右の腰、臀部の筋肉痛が取れません。

 首と腰でもう何年も整形外科に通っていますので、ここ数日は毎日行って、臀部を中心に

 マッサージなどをやっていただいて、少し良くなってきました。

 幸いというか、ずっと天候が悪く、山に行けない日が続いています。

 早く良くなって山に行きたいと願っています。



 さて、「お便り」 が参りました。

 大勢の皆さんの名前が上がっています。

 ぜひ、ご覧ください。







 
中大、お正月の箱根駅伝に出られます!!! (H29.10.15)



 昨日の 「箱根駅伝の予選会」 でわが母校中大が見事やりました!

 3位です。

 予想では、10位ギリギリで入れるかどうかでしたので、非常に心配しておりました。

 テレビの中継を見ていましたが、本当に良かったです。

 選手一人ひとりの努力の結果でしょう。 ありがとう!

 お正月の本番でのシード権獲得を目標に、よろしくお願いします。



 管理人の山登りのその後は、9月20日には、黒山三滝の北側の猿岩 (「たけいわ」と言うそう) 林道の空きスペースに車を止めて、

 踏み跡のほとんどない右手のピークの 「猿岩山」、下って、しばらく先に進んだ右の作業道に入り、やがて左へ。

 こちらもほとんど道の見えない斜面を登って 「峰山」 へ。

 車まで戻って、今度は、花立松ノ峠まで車ごと移動。

 左の登山道に入って、途中の道標と言っても、これから登るところは行き先表示がありません。

 道標の裏を分け入ります。 「桧山」 へ。

 頂上を通過し、ずんずん下って、林道を横切り、右手の登山道に再び突入。

 調べておいた赤い杭のところをV字に戻る格好で登る。もちろん道標なんてありません。

 道なき道をピーク目指してひたすら、「熊野嶽」 頂上に。ここで、昼食。

 この日の4山とも頂上の展望は無し。杉林の中でした



 天気の都合で土曜日の30日に。

 秩父線の299号線の新しくできた吾野トンネル手前を、旧道の左に曲がり、

 最初の狭い橋を渡り薄暗い林道へ。

 登山口の400mくらい手前のスペースに駐車。

 アケビの実が落ちている林道を登りながら、自転車の集団に抜かれ、左手の登山口へ入りました。

 やはり土曜日でしたので、合計8人の登山者などに会いました。

 このごろは登山者に会うのは、本当に珍しいことです。

 途中は3か所ほど、大きくはありませんが岩場を登りますし、両側が切り立った馬の背みたいなところを

 登りますので、結構気は遣いました。

 「大高山」 は、南側が少し開けていて、奥多摩の大岳山のピークが少し見えました。


 この日以降は、スケジュールと天候が合わず、山へ行けません。

 しかし少し右のお尻の筋肉が痛い感じですので、休むのに、ちょうどいいかもしれません。



 さて、中大の箱根駅伝を毎年見に行っている3期生から、「お便り」 が参りました。

 観戦記です。どうぞお読みください。





1.著作権について:本ホームページ上の文章および写真等すべての著作権は、管理者  龍藤 謙にあります。 Copyright 2004〜2017 Ryudo Ken
2.リンクについて:このホームページは中大速研会員のためのものですので、会員および会員の関係する方のみ、リンクに応じます。
  その場合でも事前に管理者に連絡の上、了解後にリンクをはってください。無断リンクはご遠慮ください。