●中大速研OB会ホームページへようこそ。 時間の許す限り、各ページをのぞいてみてください。




このホームページは、OB3期生の龍藤 謙(りゅうどう・けん/ペンネーム)が、公式ページができるまでのつなぎとして作ったものです。



●文字検索からこのページにおいでになった方で左側と上にあるはずのフレームページが表示されない場合は、ここをクリックすると、中大速研のすべてのページにジャンプできるボタンのあるフレームページが現れます。



●H28.2.29 にこのホームページのURL が変更になりました。


 (管理人  りゅうどう・けん)






 
台風が過ぎます (H29.8.8)



 ノロノロ雨台風 5号が東北方面に通り過ぎて行きました。

 皆様方のところは被害はありませんでしたか?

 天気もこれで夏らしくなるかと思いますので、やっと 「山」 に行けるようになりますね。


 きょうは、週2回の整形外科通い。

 明日は、先週受けた 「区の検診」 の結果を聞きに行きます。

 その後は、待ちに待った山行。

 どこに行くか、思慮中です。 秩父手前の奥武蔵グリーンライン沿いの低山の縦走? かな。


 3期生OBからの 「お便り」 が来ました。

 どうぞ、ご覧ください。







 
霊気漂う山へ (H29.8.5)



 梅雨明け後に、なぜか曇りや雨の日が多くなりました。

 なかなかうまく行かないものです。



 管理人は、そんな天候の中、降水確率や山沿いの雷雨情報などを調べながらの山登りになっています。

 先月は、20日に、奥秩父の竹寺に車を止めて、「豆口山」 に登ってきました。

 竹寺本堂の横から、40分くらい、スギ林の中を黙々と登り、途中には、手書きの注意書きメモ。

 「この辺りは危険です。夕方以降、早く通り過ぎてください。」 など、少し怖くなるような内容でした。

 そうこうするうちにやっと、「豆口峠」 に到着。

 ここは、昔疫病が流行った時に、村人が神送りのために使った? 場所らしく、今は、朽ちた掘立小屋みたいのが建っていましたが、

 中は空洞で、不気味。 霊気漂う感じです。

 ここから豆口山までの山道は、「地図の読める熟達者コース」 でしたので、さらに緊張して登り始めました。

 周りの景色を頭の中に十分記憶させつつ、先達者のテープなどを捜しながら、急登を。

 尾根に到達し、T字路を、事前学習のとおり右に。

 帰りに通り過ぎてしまわないように、ピンクの蛍光テープを幹に巻き付けてさらに進みます。

 何とか、頂上を示す手書きの板を見つけ、安心しました。

 何時ものとおり、頂上で昼食です。

 もちろん誰一人いませんし、来ません。

 今回はピンクの蛍光テープのおかげで、迷わずに下ることができました。

 結局、登山者には誰一人として会いませんでした。

 その後は、天候、台風の影響もあり、行きたくても行けない状態です。

 早く、いい天気になってほしいです。



 久し振りで、「お便り」 が来ました。

 会員の近況報告のメールもあります。

 どうぞ、お読みください。







  1か月ぶりの山  (H29.7.12)



 本当に暑い日が続きますが、中大速研OBの皆様、いかがお過ごしでしょうか?


 梅雨の晴れ間待ちと、病院通いの合い間をマッチングしていたら、4週間があっという間に過ぎてしまいました。

 8日の土曜日にやっと山に行くことができました。

 今年は、3月から、ほぼ毎週山に行っていましたので、身体を休めるのにちょうどよかったかもしれません。


 朝、7時半ごろ車で出発です。

 鎌北湖の裏手から、フォッグライトを点けて狭い林道に入り、北向地蔵手前の清流林道入口手前の狭いスペースに、9時半ごろ車を駐車。

 リュックを背負って、1本スティックを持って、出発!。

 林道から、切り通しを抜けてすぐに左の山道に入ました。大体95%の登山者がここは直進ですが、

 管理人は、このごろはもっぱら人のあまり登らない、昭文社の地図にも登山道がない山に行っていますので・・・、

 当然のことながら左の山道に入って行きました。

 しかし今回はそれなりに道が分かり、迷うことなく最初の 東ムカイ山に到着。

 次は、隣の 小瀬名富士です。 岩の横をすり抜けて山頂へ。

 どちらの山にも、山頂を示す標識がありません。 ほとんど人が登らない山だから仕方がありません。

 最後は、何回目かの 物見山 に行ってきました。

 土曜日でしたので、物見山の山頂では子供連れをはじめ、熟年の夫婦、山道を走る4人の欧米人のグループなど、

 多くの登山者と会うことができました。

 帰りは、だらしなく チンタラと下山です。

 久し振りの山行でした。



 「お便り」 が参りました。

 どうぞ、ご覧ください。







 
今日はいい天気で、暑い (H29.6.20)



 朝から太陽が顔を見せ、暑い日になりました。

 本当は、山に行きたかったんですが、病院に行かなくてはならず、残念です。

 病院では、きょう検査3つが決まりした。 ま、仕方なく検査を受けることになりました。

 歳をとると、次から次へと・・・・。



 母校中大の駅伝部の情報が、3期OBから届きました。

 「お便り」 をご覧ください。







  
ふるさと納税  (H29.6.13)



 夜には梅雨らしく雨が降りましたね。

 きょうは気温も低そうですが、出かけます。



 先日、住民税の確定通知が届きました。

 ふるさと納税を去年しましたが、今年にその分を確定申告をした結果が反映されていました。

 ふるさと納税の結果、確定申告では所得税が控除、そして今回、住民税 (区民税と都民税の両方とも) も控除されていました。

 控除額を計算してみますと、寄付額から約2000円を引いたくらいの控除額になりました。 結構な控除額です。

 しかも、ふるさと納税で、その自治体からは寄付額の3割くらいのお礼の品をいただきましたので、寄付額を超える恩恵を

 受けたことになります。

 自分でふるさと納税をしながら、こんな制度でいいのかな? とも思ったりします。



 昨日は、吾野の山、「育代山(いくよやま)」 に登ってきました。

 いつものとおり、林道 (権現堂林道) に車を止めて。

 登山道が、作業道2本、山道1本と3本もあります。 右側の作業道は初耳 (初見) です。

 事前調べのとおり、左の作業道を行きました。 しばらく歩いて、作業道ともお別れし、本格的な山道に。

 行きですが、下りです。 育代山に到着しましたが、さらに進み、滑る滑る急坂を慎重に下り、育代岩に到着。

 Uターンして、育代山の山頂で昼食。 本当にこの頃の山は、低いし、あまり人が行かない山ばかりですから、

 山頂も切り開いてなくて、山頂からの景色を見ることはできません。 仕方ありません。


 昼食も終わって、そろそろ帰ろうと片づけをしていたら、育代岩の方から老年のご夫婦が登ってきました。

 立ち話に話が弾みました。

 何でも、この辺の登山道を自主管理されている方でした。 山頂の手書きの標識をつけかえたり、登山道の草を刈ったり、

 足場を整えたり、いろいろとやられているようです。 この日だって、育代山の山頂の木に縛ったテープの標識も、

 この夫婦が付けてくれたとのこと。 この標識が無かったら、管理人も育代山と確信が持てなかったと思います。

 また、このあたりの民家の方は登山客を歓迎していない人が多い、なぜなら、登山客のマナーが原因? など。

 いろいろを裏話もしていただけました。

 老夫婦は、先に下って行きました。

 10分くらいしてから、管理人も同じ道を下り始めました。

 すぐに追いつきましたが、登山道の草刈りをしていました。

 お礼を言って、通り過ぎましたが、感謝感謝です。



 先日、「お便り」 で紹介されていましたが、 クルージング? の報告のお便りが届きました。

 どうぞ、ご覧ください。







  とうとう梅雨入りとなりました  (H29.6.7)



 関東地方もきょう、梅雨入りしたそうですね。

 今年はどんな梅雨になるでしょうか?


 さて、管理人は相変わらずの山行きです。


 先週は、以前止めた権現堂林道のユガテ入口に車を止めて、スタート。

 今回はユガテとは逆方向のエビガ坂方面へ。 茶嶽山、蟹穴山へ。 

 いずれも頂上は杉の木立の中。全く周りの景色が見えません。

 しかも、山頂を示す標識は、手書きのものばかり。

 その先は、大沢山です。 ここは、頂上を示す手書きのものもないことが分かっていたので、これがてっぺんだろうと

 思って。3山登頂完了です。

 その先は、急に空が開け、伐採がしてある大広場に。

 今はない高圧鉄塔の跡地でした。大沢山にも上ったし、そこで昼食。

 下りはまたエビガ坂まで戻り、エビガ坂の北側の湯ヶ天山に。 ここは、道なき道を、勘を頼りに頂上を目指しました。

 ほどなく、頂上に到着。 こんな山行でした。



 昨日は、黒山三滝の南側の愛宕山を目指しました。

 笹郷林道に車を止め、歩いて、あらかじめ調べておいた登山口へ。

 登山口には着いたのですが・・・。 登山道が全く見あたりません???

 さて、困った。 付近の草ぼうぼうの一帯を探りました。

 調べておいた木道が見つかったので、草をかき分けかき分け、強引に踏み込んでいきました。

 シダ類が道を隠すようになっていて、半分は疑いながら進みました。

 200mも進んだら、やっと、シダ類も少なくなり、登山道らしきものになり、一安心。

 愛宕山は、昭文社の地図でも、吉備人出版の地図でも破線ですので、心配は尽きません。

 途中2か所の分岐点も要注意です。 愛宕山という文字が1か所しか表示されていませんでした。

 高圧鉄塔の横も、道が消え、踏み分けて行ったくらいです。 頂上への分岐も、手製の表示をかろうじて見つけ、

 やっと、頂上に到着しました。 ここも、手書きの標識のみ。もちろん周りの景色はゼロ。

 いったん車まで戻って、車でさらに林道を進んで、終点に車を駐車。

 先週行った大沢山に自信がなくなったので、今度は逆方向から挑戦しました。

 大沢山らしき頂上に達しましたが、手書きの標識さえなく・・・。

 一応、ここが大沢山だと納得しましたので、その先の、先週行った高圧鉄塔の跡地に行って、昼食としました。



 何年かぶりに、中大速研5期生OBから、「お便り」 が参りました。

 どうぞ、お読みください。






1.著作権について:本ホームページ上の文章および写真等すべての著作権は、管理者  龍藤 謙にあります。 Copyright 2004〜2017 Ryudo Ken
2.リンクについて:このホームページは中大速研会員のためのものですので、会員および会員の関係する方のみ、リンクに応じます。
  その場合でも事前に管理者に連絡の上、了解後にリンクをはってください。無断リンクはご遠慮ください。