●中大速研OB会ホームページへようこそ。 時間の許す限り、各ページをのぞいてみてください。




このホームページは、OB3期生の龍藤 謙(りゅうどう・けん/ペンネーム)が、公式ページができるまでのつなぎとして作ったものです。



●文字検索からこのページにおいでになった方で左側と上にあるはずのフレームページが表示されない場合は、ここをクリックすると、中大速研のすべてのページにジャンプできるボタンのあるフレームページが現れます。



●H28.2.29 にこのホームページのURL が変更になりました。


 (管理人  りゅうどう・けん)






 
梅雨の晴れ間に (H30.6.12)



 管理人が住む団地の庭や周辺には多くの花々が季節の花を咲かせています。

 ちなみに、現在確認できた花の数は40種類以上になりました。

 うち、花の名前が分からないのが2点。ネット等で調べましたが、まだわかりません!

 不明なのは、大体が園芸用に作られた品種改良の花のように思われます。



 さて、梅雨に入りましたが、時々は晴れの日もあるので、その合間を縫っての山行です。

 先月下旬には、日の出町にある 「麻生山(あそうさん)」 に登ってきました。

 白岩の滝の駐車場に車を止めて出発。

 沢沿いに登るルートです。登山道はところどころで水が流れているような道です。

 タルクボ林道を横切ってさらに登ります。途中一組の夫婦とすれ違い。

 麻生林道に出る前で、後ろからおかっぱ頭の大学生?の山ガールに追いつかれました。

 同じく、麻生山に登るそうです。 山ガールも林道で一休み。

 先に、山ガールは林道を進んでいきました。麻生山へは林道ではなく左手から登っていくのですが・・・。

 ま、何か都合があるのだろうと、あえて 「麻生山はこっちですよ」 とは声を掛けませんでした。

 私も出発です。 左手を登っていきます。

 ネットで調べた、頂上への「直登」 を見つけ、そこに分け入りました。

 すぐに、踏み跡がほとんど見えなくなりました。 頼りは、時々立てられている直径7mm位の

 青いプラスチックの高さ1mくらいの棒のみ。

 もう足元は、草と低木で覆われた唯の急斜面。がむしゃらに登るしかありません。

 格闘すること30分。人の声が聞こえてきました。

 突然、視界が開けて頂上。 まさに、頂上直下から這い上がった感じです。

 頂上には、60歳代の男2人、女1人のグループでした。 武蔵五日市の金比羅山経由で登って来たそうです。

 女性から林檎一かけらをごちそうになりました。甘くてとてもおいしかったです。

 そこで、いつものように昼食。

 下りは、正規ルートで下山です。

 途中、林道に消えた山ガールが上がってきました。別れてから、1時間半は経っています。

 大きなアルバイトをしたようで、気の毒で声を掛けませんでした。

 ちなみに、直登ルートより、正規ルートの方が、はるかに楽で、しかも時間も短いように感じました。

 直登挑戦は、失敗でしたね。



 先週は、鎌北湖の奥、権現道林道の北向地蔵の前に車を止めて、全体的には林道を下る感じの山行です。

 行き先は、「深沢山」 です。

 アップダウンの繰り返し。 ところどころかなりの急坂です。

 「西大峰」、「ノッチョウネ」 を越えて、沢山峠に到着。 ここは4差路ですが、深沢山方面のみ

 踏み跡が薄く、しっかり確認しないと危ない感じでした。

 仕方がありません。 そこに入り込みます。 帰りに間違わないように、危ないところにはピンクの

 蛍光テープを巻いて進みます。

 「深沢山東峰」 をいったん通過して最終の 「深沢山西峰」 まで一気に進みました。

 Uターンして、深沢山東峰に戻り、ほんの少し遠方を見ながら、ここで昼食です。

 この深沢山東峰を除いてすべて頂上の標識がありません。 仕方ないので、いつものピンクの蛍光テープを

 杉の木の幹に巻き付けて、黒のマジックで山名を書いてきました。

 今回出会った人は、北向地蔵近辺で、この縁結びの地蔵尊を見に来たらしい人ばかりで、5人くらいかな?



 さて、 「お便り」 が来ました。 全日本学生駅伝の予選会の情報もあります。

 どうぞごらんください。







 
そろそろ梅雨の季節ですかね (H30.5.25)



 明日あたりまでは天気は良いそうですが・・・。

 まぁ、梅雨の走りにでもなるのでしょうか?



 今週は、月曜日に、飯能の 「大仁田山」 に登ってきました。

 
Google Map では、赤沢橋を渡った所に車1台が止められるスペースがあったのですが、

 行ってみると、車が入れないようにポールが設置されていました。

 それではと、第二候補の橋の手前の旧道に止めようとしましたが、「駐車禁止」 の立て看板が

 道のあちこちに立てかけられており、ここも駐車できず。

 仕方なく、第三候補の駐車場へ。登山口から飯能市街地の方へ車で4、5分戻った所にある、

 星宮神社の駐車場の一番左端に止めました。

 が、お参りに来ていた近所のおじさんから、そこは向かいの家の方が神社から借りている場所

 だから、右側に止めた方がいいよ、と言ってくれ、あわてて右側に車を移動しました。

 こんなハプニングがあり、登山口まで20分の歩きが加わりました。

 登山口には、なんと2つの注意看板が。

 「熊を見た情報」 「蛇が多い」 。

 ドキドキしながら、山に分け入りました。

 登山口を入ってすぐに、木の根元に直径1mくらいの穴が、何カ所か空いていました。

 熊の棲み処? 狸の穴? 怖さがわいてきました。

 しかし、登ります。

 この山は、登山口から頂上まで、登りのみの結構ハードな道だと分かっていましたが、その通り。

 そんな中を、50分のコースでしたが、65分かかりました。

 頂上は、近年の伐採で、東側だけ30度くらい景色が見えるようになっていました。

 下りはのんびりと・・・。

 ふもとまで下りてから、神社までの道のりを、庭のきれいな花を見ながらテクテクと。

 山道では誰にも会わず、このところ、こんな山が続きますね。



 「お便り」 が来ましたので、どうぞご覧ください。







 
暑くなりました (H30.5.16)



 外を少し歩くと、汗をかくようになりました。

 夏のように30度近くになるのだから仕方ありませんが・・・。



 さて、11日には、越生町の大高取山のふもとにある 「西山富士」 というところに登ってきました。

 虚空蔵尊の駐車場に車を止めて、薄暗い林道の奥に入ります。

 この山は、途中から 「地図の読める人」 の道に分け入りますので、だいぶ緊張して入り込みました。

 分岐点では、何時ものとおり、蛍光ピンク色のビニールテープを目印として木の幹に巻き付けて進みました。

 思ったより踏み跡があり、今回は割とすんなりと頂上まで、たどり着けました。

 頂上には、富士浅間神社のお札が安置された小さな祠が鎮座していました。

 手を合わせてから、頂上で昼食。

 富士信仰の山なので、頂上には、直径3mくらいの噴火口を模した穴が掘られており、それではと

 お鉢巡りの一周をしてみました。

 一周、15秒。

 下りは、蛍光テープのおかげで、すんなりと下山できました。



 「お便り」 が参りました。

 どうぞお読みください。







 
若葉が鮮やか (H30.5.3)



 窓から見るイチョウの若葉が鮮やかな黄緑色です。

 イチョウは、冬にバッサリと枝を切っていますが、春には毎年目にも鮮やかな黄緑色の

 若葉が目を出します。

 自然って本当に素晴らしいですね。



 さて、しばらく更新の間が空きましたが・・・。


 管理人は、この間、4月20日には、武蔵横手の 「釜戸山」 に登りました。

 何時ものとおり、林道の終点、と言っても、今回はそこには民家もあり、駐車をしていいものかどうか

 ためらうような場所でした。

 幸い、そこの地主さんとおぼしき老齢の奥さんが草取りをしていたので、事情を説明して、車を

 空きスペースに止めさせてもらいました。

 これで安心して登山ができました。

 獣が民家に入って来ないようにするために作られた柵の扉を開けて登山道に入ります。

 のんびりと登って、頂上へ。

 頂上のベンチ代わりの倒木に腰かけて昼食。

 下りは、山を一周する形でそのまま先方向に下りました。

 こちらは、結構急な傾斜で、気を遣いました。

 山から下りたところにも獣除けの柵があり、カギを抜いてから外に出ました。

 集落の中を回る形で、車まで戻りました。

 出発の時に会った奥さんが出てきて、いろいろこの辺の獣や山の話をしてくれました。

 奥さんも、若い頃は結構この辺の山に登ったそうです。



 先週は、鎌北湖の北側のマイナーな山、4山、を縦走(???) してきました。

 道のカーブの凹みに車を止めて、東京電力の高圧鉄塔の巡視路を兼ねた登山道を登りました。

 尾根までは少し急ですが、尾根にある鉄塔の真下を潜り抜けて、その後はアップダウンの繰り返しです。

 最初は、「大平二号」 という名の何もないピーク。

 2つ目は、「大谷ツ山(大平三号)」 を通過。

 3つ目は、一番高い 「大平山」 で、ここは鉄塔横にちょっとした広場がありました。

 4つ目は、全く何もない山頂の 「高サキ山(大平四号)」 という変わった名前の山で、山のいわれは不明?

 この山はUターンして、3つ目の大平山に戻って、ここで昼食です。

 結構大きなアブか何かが2匹、顔の周りをうるさくブンブン回り始めたので、試しに蚊取り線香を点けたら、

 寄り付かなくなりました。

 これで安心して昼食です。

 何時ものとおり、コンビニで買った日高昆布のおにぎり、菓子パン、バナナ、最後にデザートのチョコレートムース?

 ポットに入れて来た温かい (この時期まだ温かいもの) コーヒーミルクを飲みながら。

 4つの山とも、頂上を示す標識がありませんでしたので、蛍光のピンクテープを山頂の杉の木に巻き付け、

 マジックインクで山名と標高を書いてきました。

 
 連休中は、登山はお休みです。



 さて、5期生のどった君から 癌その後の 「お便り」 が来ました。

 どうぞ、お読みください







 
も散って、新緑の季節へ (H30.4.18)



 桜も散り、若葉が目立つ季節になりました。


 この間、いろいろな出来事がありましたね。

 何といっても、一番驚いたのが、5期生どった君の入院 ・ 手術です。

 これを知った時、「えッ!!!」 と驚くと同時に、「大丈夫だろうか?」 とすごく心配になりました。

 幸い手術も成功し、元気に退院とのこと、ほっとしました。

 詳しくは、ご本人からの 「お便り」 をお読みください。


 管理人は、この間、3月26日には、飯能の 「虎秀山」 に登りました。

 尾根に出る前に、道が無くなりました。幸い、尾根筋が見えていたので、ただがむしゃらに草木を

 分け入って急斜面を登りました。

 尾根から先に、左から登ってくる踏み跡が見つかりました。

 頂上は、わずかに天空が見える程度のスギ林の中。

 もちろん誰一人として登山者には会いませんでした。

 下りは踏み跡を見つけたところを下りて行きましたが、これも途中で道が無くなり、強引に本来の登山道まで

 下りました。やはり、入り口の踏み跡は見つかりませんでした。

 低い山なのに、登山者が少ないマイナーな山には危険がいっぱいですね。



 今月2日には、長瀞の手前の 「不動山」 に行きました。

 峠の片隅に車を止めて、(蚊がわーと湧いてきたので、あわてて蚊取り線香を点け、追い払いました)

 途中、自生のカタクリの群生があり、気持ちが和みました。きれいだったです。

 ここも、頂上は周りが見渡せなく、黙って静かに昼食です。

 ここでも誰一人として登山者に会いませんでした。



 9日には、車では頂上まで何回も行ったことがありますが、今回は、下の白石峠から 歩いて「堂平山」 に

 登ってきました。

 いくつかの電波塔の脇を通過していきますが、結構、アップダウンがあり、時間がかかりました。

 この日はすごくいい天気で、真っ青な空に、天文台のドームがきれいでした。

 人気のある山だけに、車で来た人も交じって、8人くらいの人に会いました。

 今週は、金曜日あたりに山に行こうと思っています。



 この間、お知らせした 「隅田川のお花見」 の報告が来ましたので、「各種お知らせ」 に載せました。

 どうぞ、こちらもご覧ください。




1.著作権について:本ホームページ上の文章および写真等すべての著作権は、管理者  龍藤 謙にあります。 Copyright 2004〜2018 Ryudo Ken
2.リンクについて:このホームページは中大速研会員のためのものですので、会員および会員の関係する方のみ、リンクに応じます。
  その場合でも事前に管理者に連絡の上、了解後にリンクをはってください。無断リンクはご遠慮ください。