●中大速研OB会ホームページへようこそ。 時間の許す限り、各ページをのぞいてみてください。




このホームページは、OB3期生の龍藤 謙(りゅうどう・けん/ペンネーム)が、公式ページができるまでのつなぎとして作ったものです。



●文字検索からこのページにおいでになった方で左側と上にあるはずのフレームページが表示されない場合は、ここをクリックすると、中大速研のすべてのページにジャンプできるボタンのあるフレームページが現れます。



●H28.2.29 にこのホームページのURL が変更になりました。


 (管理人  りゅうどう・けん)






 
台風一過の青空、気温32度 (H29.9.18 敬老の日)



 まさに台風一過の真っ青な澄み切った青空です。

 気温もぐんぐん上がって、32度を超えています。



 今週は、水曜日あたりに、黒山三滝近くの マイナーな小峰に登る予定です。

 地図の読める人向けの山ですから、十分な下調べをしていきます。



 さて、「お便り」 が来ましたので、どうぞお読みください。







 
台風が接近! (H29.9.16)



 また台風が接近しています。

 非常に大型だそうで、皆さん、十分にお気を付けください。



 今週の月曜日には、毛呂山町の小さな山を登りつぶしてきました。 車で、桂木観音先の桂木林道へ突入です。

 予定していた駐車スペースが狭くて無理だったので、最後に止める予定地まで行って駐車。

 したがい、閉めに登る予定の山から登山開始。

 「上ノ山」 (かみのやま)へ。 コブが見えたので、しっかりした登山道から戻るように回って、杉の木の間を縫うように入って行きます。

 頂上を示す標識もなく、たぶんここだろうと・・・。 すぐにUターン。

 車まで戻って、今度は林道をしばらく歩いて、何の標識もない薄い踏み跡を、入口はここだと信じて、やぶ道に入りました。

 帰りのために、ところどころに蛍光ピンクのテープを木の幹に縛り付けて、奥へ奥へ。

 それまでの薄い踏み跡を、途中でさらにほとんど踏み跡のない道に登り入ります。

 正解でした。 頂上の幹にはテープに 「丸山」 の文字。 すぐに折り返し。

 3番目は、林道をさらに歩いて、カーブミラーのところの全く道のないところを踏み分けて直登。

 何と、上には、作業小屋があり、置かれた材木の上を乗り越えて、頂上へ。

 祠のある 「名公山」 に到着。 ここもテープに書かれた山の名。

 さらに4番目を目指して奥に進みます。

 多少の踏み跡があるものの、ほとんど登山者が来ないらしく、蜘蛛の巣をかき分けかき分け進みます。

 もちろん、ところどころに、ピンクの蛍光テープを巻きながら。

 何とか 「一本杉」 のてっぺんに到着。

 杉の枝にまかれたテープに、「一本杉」 の名前。間違いありません。

 周りは全部杉で囲まれ、天を見ても、杉の枝でほとんど空は見えませんでした。

 ここで、昼食です。 座るシートを広げ、蚊取り線香をつけて、蚊を防ぎながら。

 おにぎり1個、菓子パン1個、バナナ1本、デザートに甘いケーキ1個、冷たいミルク紅茶。

 最近は、もう人のあまり行かない山ばかりですから、頂上でも全く展望がありません。

 山頂を極めた達成感のみを味わっています。

 下りは、ピンクの蛍光テープが、本当に心強い味方になりました。

 車まで無事戻りましたが、下りながら思ったのは、どうも、最初の 「上ノ山」 は頂上ではなかったのでは????

 と思い始め、車に戻ってから、もう一度行くことに決めました。

 最初に頂上だと思ったところからさらに先へ、少し下ってまた登り返した左側が怪しい。

 道なんてないところをしゃにむに登ると、ありました! 本当の 「上ノ山」 の頂上でした。

 もう、祠はありませんでしたが、テープに山名。

 今回は、こんな登山になりました。 無事に帰ってこられて何よりでした。



 さて、スポーツの季節になりましたが、東都大学野球、そして、忘れてはならない箱根駅伝の予選会。

 「お便り」 が参りました。

 どうぞ、ご覧ください。







 
今年で73歳に  (H29.9.7)



  管理人は今年の12月で73歳になります。

 3期生の速記の神様に遅れること4日です。

 速記の神様は今、和歌山でどんな生活を送っているのでしょうか?

 たまには、メールで近況を送ってほしいものです。 お待ちしています。


 さて、管理人はというと、毎週いくつかの病院に通っています。

 自分でも嫌になるくらい、次々と、あちこちがおかしくなっています。

 まあ、これが老化ということなのでしょうが・・・。

 それでも、まだ山に行けるだけの身体ですから、感謝しなければなりません。



 同じ3期生から 「お便り」 が届きました。

 この3期生は、管理人よりももっともっと元気です。

 どうぞ、ご覧ください。







 10日に 「ダーウインが来た」 が放映されるそうです (H29.9.5)



 5期生のどったくんから、標記の放映のお知らせが届きました。

 詳しくは、「お便り」 をご覧ください。


 管理人は、きのう、「刈寄山」 に登ってきました。

 武蔵五日市の先の盆堀林道の頂点、「入山峠」 まで車で。

 実は、この山はずっと行きたかった山ですが、何せこの盆堀林道は、途中にある採石場のダンプが狭い道を

 ひっきりなしに通るそうで、車での行き違いに大変苦労すること、また、採石場の先は、車1台が通れるだけの

 狭い道で、ところどころ法面から崩れた岩が道を防ぎ、通行禁止になる事が多いとの情報がネットで行きかっていました。

 そこで、あきる野市役所にメールで通行可能かどうかを聞いた上でのチャレンジになりました。

 予想通り、行きは大型のダンプ2台とすれ違い。しかし、行き違える場所でダンプが待っていてくれたので

 無事通過できました。感謝です。 その先は簡易舗装に大きな穴がぼこぼこ空いていたり、4か所くらいは

 岩が崩れて道路上にはみ出していましたが、慎重によけて通ることができました。

 入山峠は、どんよりと今にも雨が降りそうな曇り空。

 支度をして登り開始。 頂上手前で中年の夫婦が下りてきました。

 頂上には、年配の女性4人のグループ。挨拶を交わした後すぐに、下って行きました。

 何時もならここでのんびりと昼食ですが、とうとう、気にかけていた雨が降り始めました。

 いったん頂上にある東屋に避難したのですが、急な下りの赤土のところが気になって、急いで下山することにしました。

 車まで戻って、雨はほとんど気にならない程度に。

 車の中に蚊が入ったので、蚊取り線香をつけて、車外に避難。  外で立ったまま昼食を摂りました。

 帰りの林道は、幸いなことにダンプの後をつけることができ、途中でのすれ違いも楽でした。

 さあ、次はどこの山に行くか?!







 雨ばかりの今年の夏  (H29.9.3)



 今年の東京の夏は、本当に雨がよく降りました。

 おかげで、山行が出来なくて、参りました。

 この雨の合い間を縫って、35日ぶりに、先週山に行くことができました。

 国道299号線を秩父方面に向い、正丸トンネル手前を右折して、刈場坂峠へ。 そこに車を止めて。

 奥武蔵グリーンライン沿いに、横見山 ・ 二子山 ・ カバ岳(刈場岳) ・ 陣場平山の4山を、大げさに言えば縦走。

 久し振りの山行なので、足腰が少々疲れながらの登山と相成りました。

 途中、結構長い岩場2か所をかきよじり登りながら、滑らないように細心の注意を払っての登りでした。

 何時ものように、展望の効かない山頂で、一人静かに昼食です。

 周りをうるさい虫が飛び回りますので、持参の蚊取り線香を燃やしながら。

 下りは、疲れもあって、途中から林道を歩いて駐車場まで戻り。

 今回出会った人は、一組の老夫婦のみでした。



 さて、久し振りに 「お便り」 が来ました。

 また、5期生の写真展のお知らせも、 「お便り」 のところに入っています。

 ぜひ、ご覧ください。







 
台風が過ぎます (H29.8.8)



 ノロノロ雨台風 5号が東北方面に通り過ぎて行きました。

 皆様方のところは被害はありませんでしたか?

 天気もこれで夏らしくなるかと思いますので、やっと 「山」 に行けるようになりますね。


 きょうは、週2回の整形外科通い。

 明日は、先週受けた 「区の検診」 の結果を聞きに行きます。

 その後は、待ちに待った山行。

 どこに行くか、思慮中です。 秩父手前の奥武蔵グリーンライン沿いの低山の縦走? かな。


 3期生OBからの 「お便り」 が来ました。

 どうぞ、ご覧ください。







 
霊気漂う山へ (H29.8.5)



 梅雨明け後に、なぜか曇りや雨の日が多くなりました。

 なかなかうまく行かないものです。



 管理人は、そんな天候の中、降水確率や山沿いの雷雨情報などを調べながらの山登りになっています。

 先月は、20日に、奥秩父の竹寺に車を止めて、「豆口山」 に登ってきました。

 竹寺本堂の横から、40分くらい、スギ林の中を黙々と登り、途中には、手書きの注意書きメモ。

 「この辺りは危険です。夕方以降、早く通り過ぎてください。」 など、少し怖くなるような内容でした。

 そうこうするうちにやっと、「豆口峠」 に到着。

 ここは、昔疫病が流行った時に、村人が神送りのために使った? 場所らしく、今は、朽ちた掘立小屋みたいのが建っていましたが、

 中は空洞で、不気味。 霊気漂う感じです。

 ここから豆口山までの山道は、「地図の読める熟達者コース」 でしたので、さらに緊張して登り始めました。

 周りの景色を頭の中に十分記憶させつつ、先達者のテープなどを捜しながら、急登を。

 尾根に到達し、T字路を、事前学習のとおり右に。

 帰りに通り過ぎてしまわないように、ピンクの蛍光テープを幹に巻き付けてさらに進みます。

 何とか、頂上を示す手書きの板を見つけ、安心しました。

 何時ものとおり、頂上で昼食です。

 もちろん誰一人いませんし、来ません。

 今回はピンクの蛍光テープのおかげで、迷わずに下ることができました。

 結局、登山者には誰一人として会いませんでした。

 その後は、天候、台風の影響もあり、行きたくても行けない状態です。

 早く、いい天気になってほしいです。



 久し振りで、「お便り」 が来ました。

 会員の近況報告のメールもあります。

 どうぞ、お読みください。







  1か月ぶりの山  (H29.7.12)



 本当に暑い日が続きますが、中大速研OBの皆様、いかがお過ごしでしょうか?


 梅雨の晴れ間待ちと、病院通いの合い間をマッチングしていたら、4週間があっという間に過ぎてしまいました。

 8日の土曜日にやっと山に行くことができました。

 今年は、3月から、ほぼ毎週山に行っていましたので、身体を休めるのにちょうどよかったかもしれません。


 朝、7時半ごろ車で出発です。

 鎌北湖の裏手から、フォッグライトを点けて狭い林道に入り、北向地蔵手前の清流林道入口手前の狭いスペースに、9時半ごろ車を駐車。

 リュックを背負って、1本スティックを持って、出発!。

 林道から、切り通しを抜けてすぐに左の山道に入ました。大体95%の登山者がここは直進ですが、

 管理人は、このごろはもっぱら人のあまり登らない、昭文社の地図にも登山道がない山に行っていますので・・・、

 当然のことながら左の山道に入って行きました。

 しかし今回はそれなりに道が分かり、迷うことなく最初の 東ムカイ山に到着。

 次は、隣の 小瀬名富士です。 岩の横をすり抜けて山頂へ。

 どちらの山にも、山頂を示す標識がありません。 ほとんど人が登らない山だから仕方がありません。

 最後は、何回目かの 物見山 に行ってきました。

 土曜日でしたので、物見山の山頂では子供連れをはじめ、熟年の夫婦、山道を走る4人の欧米人のグループなど、

 多くの登山者と会うことができました。

 帰りは、だらしなく チンタラと下山です。

 久し振りの山行でした。



 「お便り」 が参りました。

 どうぞ、ご覧ください。





1.著作権について:本ホームページ上の文章および写真等すべての著作権は、管理者  龍藤 謙にあります。 Copyright 2004〜2017 Ryudo Ken
2.リンクについて:このホームページは中大速研会員のためのものですので、会員および会員の関係する方のみ、リンクに応じます。
  その場合でも事前に管理者に連絡の上、了解後にリンクをはってください。無断リンクはご遠慮ください。