●中大速研OB会ホームページへようこそ。 時間の許す限り、各ページをのぞいてみてください。




このホームページは、OB3期生の龍藤 謙(りゅうどう・けん/ペンネーム)が、公式ページができるまでのつなぎとして作ったものです。



●文字検索からこのページにおいでになった方で左側と上にあるはずのフレームページが表示されない場合は、ここをクリックすると、中大速研のすべてのページにジャンプできるボタンのあるフレームページが現れます。



●H28.2.29 にこのホームページのURL が変更になりました。


 (管理人  りゅうどう・けん)






 
異常に暑い日が続いていますが・・・・・・ (H29.5.22)



 まだ5月というのに、30度近くの日が続きます。

 暑さになれない老年の体には応えますね。


 そんな中ですが、晴れの日に合わせて、山に行っています。

 先々週は、吾野の 「橋本山」 という地味な名前の山に登ってきました。

 車で、鎌北湖から権現堂林道に入って、「ユガテ」 入口の空きスペースに駐車。

 前から気になっていた 「ユガテ」 です。 名前がカタカナでその意味もはっきりしないから

 一度は行ってみたいと思っていたところです。

 車を止めたところからは、わずかに下りです。

 ユガテは、山中の桃源郷と言われるくらい、緑豊かで、畑もあり、民家が数件ありました。

 行ってみて、本当にそのように感じました。

 ユガテを通り過ぎ、橋本山を巻いて、その先の 雨乞塚まで。

 塚もなく、ただの樹木に囲まれたピークでしたので、Uターン。

 戻って、男坂を登って橋本山の頂上に。

 すでにいた同じくらいの男性と立ち話をして、その先客はすぐに吾野の方に下りて行きました。

 管理人は、頂上で一人静かに昼食。



 先週は、越生と飯能の市町境の 「大平山」 に。

 ここへは、飯能から秩父に向かう299号線で、新しくできた吾野トンネルを出たところを右折し、

 奥武蔵2号林道 (奥武蔵グリーンライン) の顔振峠を通過し、登山口付近の少し広くなったスペースに

 車を止めて。

 まず、左に曲がって 「大峰」 へ。 ここも単なるピーク。ですから、すぐにUターン。

 登山口まで戻って、今度は右側に進みます。

 こちらは下り気味ですが、 岩場あり、木道あり、谷側に転落除けの手すりが連続してあるなど、結構

 ハードでした。 さすが、修験者の走った道だけのことはあります。

 頂上直下の杉の木があちこちに林立している200坪以上あろう広い平らな広場? 

 山頂に向かって、石像が数点。 本当に、霊気が漂うような気持ちにさせられるところです。

 石造の間から山頂に向かう道は、修験者だけしか通ってはいけない? ためか、通行止めの標識。

 管理人は、石像の横を迂回して、遠慮しいしいピークに行ってきました。

 ここも、ピークはただ杉の林立する、何もないところ。 山頂を示す標識さえありません。

 帰りには、林道から何の目印もない急斜面を分け入って、バラ塚というところまで無理やり登ってきました。

 また、バラ塚のピークの反対側にあるヘリポートを見に行ったりもしてきました。

 今回途中であった人は、声の小さな1人の男性のみ。



 このように最近は、マイナーな山ばかりになりましたので、道に迷ったり、山頂を示す標識もなく、あっても

 木にテープを巻き付けて、手書きしたものだったりする事がほとんどです。

 それだけに、パソコンでの事前の調べが大切になっています。



 さて、 「お便り」 が参りました。

 どうぞご覧ください。







 
新緑がきれいですね (H29.5.3)



 久し振りの更新になりました。


 季節もよくなり、相変わらずの 「山行」 を楽しんでいます。

 今年は3月の22日以降、毎週山に出かけています。

 先々週は、越生の 「大高取山」 へ。

 今回は、桂木観音から登りました。一番短時間で登れるコースです。

 山頂では、老人のグループが来て、ワイワイガヤガヤ・・・・。

 立ち去った後、静かな山に戻りました。 ホッ


 先週は、同じく越生ですが、黒山三滝手前の熊野神社前の市営駐車場に車を止めて、

 「御嶽山」 「越生駒ヶ岳」 に登ってきました。

 数年前に 越生駒ヶ岳には登ったのですが、その先に 御嶽山があるのに気が付きませんでしたので、

 今回挑戦してきました。

 頂上に、小さな神社。 山頂も狭く、岩の間で昼食と相成りました。

 誰一人として会いませんでした。


 昨日は、ときがわ町と小川町の境にある丘陵の、 「玉川仙元山」 「物見山」 「大日山」 を縦走???

 これは、去年、小倉城跡から登ろうとして、道に迷った? ところです。

 再挑戦を前に、ネットなどで、十分下調べをしましたが、少々不安でした。

 不安が見事的中!

 小倉峠の先、20mも行かないうちに立派な道標のある分岐になりました。下調べでは、3分くらい先を左にのはずですが・・・。

 立派な道標ですから、そこを左へ。やがて十字路になりました。 

 行き先表示がよくわからない立派な道標ではわからず、先人の手書きの書き込みに従い直進。

 途中まではしっかりした踏み込みのある道です。しかし、途中で道が無くなりました。さあ、どうする、周りを少し捜し歩きましたが・・・・。

 十字路まで戻って、手書きのメモなどを十分に吟味。 試しに、右に行ってみました。

 ありました。T字路に道標が。ここが、下調べをしてきたところの分岐だと判明しました。

 後は、落葉を踏みしめ、滑る岩坂を登り、最後の 大日山頂上へ到達。

 帰りには、何か所も、ピンクの蛍光テープを木の幹に巻き、マジックで、行き先を書き入れました。

 行きに迷った十字路では、テープを何カ所かに巻き付け、詳しくマジックで書き込みをしてきました。
 
 これで、次の登山者は多分間違えないでしょう。

 間違えた直進は、途中まで、きちんとした道でしたから、きっと多くの方が間違えたために出来た、踏み跡だと推測できます。


 きょうは、これから孫のところに行きます。

 孫は、もう中学2年生になりましたが、先日ひざを手術して、まだ、松葉づえ使用とか。

 ラッシュアワーの電車での通学、大変みたいです。



 さて、 「お便り」 が参りました。

 何やら、観光船に乗って隅田川をめぐるらしいです。

 参加者を募集しています、とのこと。

 「お便り」 をどうぞご覧ください。







 
隅田川の桜を見る会の写真が入りました (H29.4.11)



 
先日アップした 「隅田川の桜を見る会」 の写真が送られてきましたので、「各種お知らせ」

 の報告のところに、写真2枚を入れました。

 どうぞご覧ください。

 写真は、いつもの通り、写真をクリックすると 大きくなります。



 管理人は、お天気に合わせてきのう、毛呂山町にある 「石尊山」 に登ってきました。

 長栄寺の駐車場をお借りして車を止めて、毛呂氏の墓と館跡を見てから山道に。

 道標が完備されていて、安心して登ることができました。

 頂上は、ゴルフ場の中で、フェンスを開けて入らせてもらいました。

 頂上にあった送電線の鉄塔もすでに撤去されていて、枯れたすすきの開けた広い頂上でした。

 南向きで太陽も体いっぱいに受けることができ、昼寝に最適の空間でした。

 したがい、1時間以上ものんびりと、昼食を兼ねてゆっくりできました。

 結局、登りも下りも誰一人に会いませんでした。

 来週は、どこに行きましょうか?







 ほんとにがきれいですね  (H29.4.8)



 OBの隅田川の桜を見る会も無事終了したようです。

 管理人の住む団地道路の桜もきれいに咲いています。

 通るたびに、桜の薄いピンクをゆっくりと見上げて通っています。



 今週は、寄居の 「鐘撞堂山」 に登ってきました。

 いつもの谷津池の駐車場に車を止めて。

 尾根筋の同じ場所に咲いている 水仙 ですが、ことしは花はなかったです。

 もう、咲き終わったのか? まだ咲いていないのかもしれません。

 その先には、自生の カタクリの紫色の可憐な花が見事でした。

 花は、ノイバラ、スミレ、ツツジ、ヒメオドリコソウ、ザゼンソウなど、春を待ちかねた花々が咲いていました。

 頂上には、人気の山らしく、平日なのに大勢の登山客。

 春休み中の小学生のみんなも。

 下りは、これまた去年と同じく 北コースから下りました。

 こんな山にも 「クマに注意」 の張り紙がありました。

 本当に最近は、どこの山にもクマが出るようになった感じがします。

 怖いですね。




 さて、「お便り」 に隅田川の桜を見る会の報告が来ています。

 どうぞ、ご覧ください。

 写真がなかったけど・・・・。来るのかな?







 いよいよの季節、満開ももうすぐ!! (H29.3.30)



 隅田川の桜を見る会が近づいてきました。

 来週の火曜日、4月4日です。

 参加者の最新情報が、「お便り」 に入りました。

 ご覧ください。

 管理人は、今は酒を止められているので、本当に残念で申し訳ありませんが、欠席です。



 さて、管理人は、先週は東松山の 「岩殿観音」 に行ってきました。

 観音堂の右側の崖にある、将軍塚凝灰岩の地層を見に。

 厚さ30p位の層が2層重なっていました。

 左に向って20度くらい下向きに傾斜していていますが、だいぶ崩れ始めています。

 ついでに、道路から登ること3分余りの 「物見山」 にも。

 これでも一応 「山」 でしたので少し満足。



 昨日は、日高市の 「白銀平(しろがねだいら: 旧称 物見山)」 に車を置いて、登り10分の 「富士山」 に。

 頂上には、浅間神社の小さな祠が1つ。

 すでに来ていた、管理人より少し若い夫婦と山の話に。

 日高市の隣の毛呂山の住人らしく、1時間くらい歩いて来たそうです。

 なぜか、近所に来たらぜひ寄ってくださいと、自宅の電話番号まで教えてくれました。

 ちなみに、入江さんという方です。

 ご夫婦は、これから白銀平で昼食ということで、先に下りて行かれました。

 管理人は、その後逆側に下りて、のんびりと花などを捜しながら、ぐるっと回って、白銀平の展望台に。

 さっきのご夫婦がカップヌードルなどを食べていました。

 二人とも、「このヌードル甘いの。こんなのは初めて食べたわ」 って言っていました。

 ご主人がペットボトルの水を見たら、甘味の付いたオレンジ味の水でした。

 この水を沸かしてヌードルを作ったそうです。

 大笑いです。

 ここでも、いろいろと話を。

 ご夫婦は先に帰られました。



 来週は、いよいよ待ちに待った 「山登り」 を再開する予定です。

 毎年最初の山は、寄居の 「鐘撞堂山」 にしていますが、例年よりも1か月遅くなります。

 いつもの場所の、黄色の水仙はもう咲き終わっているかもしれません。



 きょうは、これからまた病院です。

 前立腺手術のその後です。

 本当に、病院ばっかりで厭になりますが、これも年のせい、致し方ないか。

 皆様もお大事に。







 桜の開花宣言も間近!! (H29.3.19)



 東京の靖国神社の桜も、あと数日で気象庁からの 「開花宣言」 となりそうですね。

 中大速研OBの皆様方のお住いのところはどうでしょうか?

 我が家の近くの桜通りの桜は、頭の高さ くらいのところの幹の途中から直接出ている

 桜が、もう数日前から数個ですが花を開いています。


 管理人は、相変わらずの病院通いです。

 1月に手術した、前立腺の回復は、少しずつですね。

 その手術のために、眼科で処方されていた血をサラサラにする薬の服用を1か月以上中止に。

 そのために、眼科の先生から、次は4月の診察予定だが、1か月早めて3月に来てくださいと。

 それで、おとといの金曜日に眼科に行ってきました。

 瞳孔を開いての検査。

 「おや? おや? おや? 網膜に大きな穴が開いていますね!」

 ということで、急きょその日に 「手術」 となりました。

 手術は、レーザー光線を穴の周りを囲むように点々と当てて、いわゆるやけど状態にして

 それを利用してくっつけ、穴から網膜の下に、眼内の水分が入り込まないようにするとのこと。

 水分が入り込むと、網膜剥離になり、失明など、非常に危険な状態になり、入院しての大手術になるとのことでした。

 レーザー光線は、ピカピカと、黄緑色の光が出て、もちろん一瞬眼は見えなくなりますが、すぐ元に戻ります。

 麻酔をしますので、痛みはありませんが、場所によっては眼の奥が押されるような感じがすることもあります。

 管理人の場合は、数えていましたら、合計59発のレーザー光線発射となりました。

 10分くらいで終了です。

 穴が塞がるまでは、3週間くらいかかるそうですが、人によっては、うまくくっつかいな人もいるようです。

 前立腺肥大手術のおかげで、眼科の受診が1か月早まり、そのために網膜の穴が見つかり、本当にラッキーでした。

 眼科の先生も 「よかった」 と言ってくれました。

 網膜剥離は1日にしてはがれてしまうそうですから。

 皆さんも、十分にお気を付けください。

 網膜剥離の前兆の1つに、視界に蚊が飛ぶような 「飛蚊症」 があり、これが出てきたら、ぜひ眼科に行かれることをお勧めします。



 さて、今年も 「隅田川の桜を見る会」 が開かれます。

 「お便り」 と 「各種お知らせ」 をおご覧ください。








 朝から真っ青な空 (H29.3.3)



 きょうはひな祭り。

 娘が小さい頃は段飾りのお雛様を飾ったことが思い出されます。

 時は流れ行きます。



 そろそろ山の季節になりますね。

 行く気満々ですが、術後の経過を見ながら、今月中に1回でも行ければいいのですがね。



 さて、「たけなわ麻雀」 、どうなっているんでしょうか?

 「お便り」 に入りました。

 どうぞお読みください。






1.著作権について:本ホームページ上の文章および写真等すべての著作権は、管理者  龍藤 謙にあります。 Copyright 2004〜2017 Ryudo Ken
2.リンクについて:このホームページは中大速研会員のためのものですので、会員および会員の関係する方のみ、リンクに応じます。
  その場合でも事前に管理者に連絡の上、了解後にリンクをはってください。無断リンクは厳禁です。