●中大速研OB会ホームページへようこそ。 時間の許す限り、各ページをのぞいてみてください。




このホームページは、OB3期生の龍藤 謙(りゅうどう・けん/ペンネーム)が、公式ページができるまでのつなぎとして作ったものです。



●文字検索からこのページにおいでになった方で左側と上にあるはずのフレームページが表示されない場合は、ここをクリックすると、中大速研のすべてのページにジャンプできるボタンのあるフレームページが現れます。



●H28.2.29 にこのホームページのURL が変更になりました。


 (管理人  りゅうどう・けん)






 
だいぶ寒さが和らいできましたね (H30.2.17)



 この間の雪の時と比べると、だいぶ寒さも弱まってきました。

 早く、桜が見たいです。



 この1週間に、車で片道50q以上の往復を5回もやりました。

 60年間も会ったこともない独り暮らしのいとこが救急車で運ばれて、入院に。

 救急車から、いざという時の連絡先に管理人の名前があったとかで、管理人に電話が来ました。

 入院には付添人が必要なので、承諾していただけますか? と。

 ことがことだけに考える暇もなく、OKをしてからが大変でした。

 あたふたと出かける支度をして、車で出発。

 外環道、常磐道を経由して、16号線を千葉方面に。

 2時間近くかけて入院先の病院に到着。

 幸い命に別状はありませんでしたが、入院の手続きなどをして。

 家に帰りついたのは夜の8時過ぎ。

 翌日は必要なものなどをもって。

 その次の日も。

 そのあとは、医療費の関係で、千葉の手前の市役所まで行って、医療費の証明書をもらってきました。

 それを持って、昨日も病院に。

 まー、自分ながらよくやったと思います。

 それにしても60年振りに会ったいとこは78歳のおばあさん。

 いとこが高校生の時だった顔しか覚えていませんから、突然あったら、もちろん、全く分かりませんね。

 こちらもおじいさんですが・・・。

 この後どうなりますことやら。

 しかし、疲れました。



 さて、「お便り」 が参りました。

 どうぞ、ご覧ください。


 今、この中大速研のホームページを見ているあなた、ぜひお便りを投稿してください。

 お待ちしています。

 よろしく。








 
大雪でしたね (H30.2.3) 



 きょうは節分。

 一部の方は”恵方巻” を食べるようですが、管理人はまだやったことがありません。

 周りの人でこの恵方巻を食べていると聞いた人はいません。

 マスコミなどで騒ぐほど、やっていない人の方が多いのではないでしょうかね。

 あさっては 「立春」 ですが、そうなると、今年の桜の花が気になり出します。



 先月22日の夜中の雪は、我が家の付近では予想外の大雪になりました。

 翌23日には、車の屋根に積もった雪を払い落としましたが、厚みを測ったところなんと 「28cm」 も

 ありました。

 大した厚みです。近年いないものでした。

 それにひきかえ昨日の雪は、昼ごろ止んだ後の夕方にはもうすっかり溶けてしまいました。

 雪になると、毎朝、「お勤めの方は大変だな。もう、僕にはとても通えない」 と思ってしまいます。

 現役でお勤めの方のご苦労には頭が下がります。


 今年は、新年から、腰と首の痛みがかなり良くなりました。

 去年の11月から12月にかけては毎日のように整形外科に通院していたのが嘘のようです。

 年明けの1月に整形外科に通ったのはわずか3回でした。

 正月のお酒を続けたのが良かったのかな????  なんて。



 さて、「お便り」 が届きました。

 どうぞ、お読みください。







 
東京は大雪に? (H30.1.22)



 昼前から雪が降りはじめました。

 結構な雪の量です。3cmくらいかな?

 昼食後、この雪の中を滑らないように札幌で活躍したブーツを履いて、整形外科に行ってきました。

 この雪は、日付が変わるまで降り続けるそうですから、明日の朝は5cmは越えるくらい積もっていると思います。

 お勤めの方は、滑らないように気をつけてください。



 さて、冬は山には行けないし、身体がなまってしまいそうです。

 春の山に行くまでの間に、何かトレーニングをしなくてはいけませんね。

 何がいいでしょうか?

 考えましょう。



 「お便り」 が来ました。

 ご覧ください。







 
久し振りの雨です (H30.1.8) 成人の日



 きょうは成人の日。

 懐かしいですねーーーー。

 もう、何十年前のことでしょう?

 やはり、夢溢れる青年だったのかな。


 さて、午後から雨模様。場所によっては雪かもしれませんね。

 箱根駅伝の反省。

 やっぱ、応援するとダメ見たいな気がしてきました。

 来年は応援しないでおこっーと


 「お便り」(写真付き)が参りました。

 どうぞ、ご覧ください。








 
あーあ、やっぱ駄目だったか! (H30.1.4)



 箱根駅伝。

 話題にしたくないのですが、仕方ありません。

 全国の中大のOBの皆さん、何とかなりませんかね。



 そんな中、冷静な中大速研OBから、「お便り」 が届きました。

 どうぞ、ご覧ください。







 
外は正月晴れのいい天気 (H30.1.2)



 多くの中大速研OBから、年賀状をいただきました。

 ありがとうございます。

 病気の近況も多く、みな大変だけど頑張っているなと思いました。



 今、テレビでは、箱根駅伝中継の真っ最中。

 中大は、11位?

 往路は10位以内くらいで、復路でシード権獲得と行きましょうか。

 がんばれ、中大!



 きょうは、昼前に子供たちや孫が我が家に集合です。

 そして、例年の初詣に行くことになるでしょう。

 行き先は、「東京大仏」 乗蓮寺です。



 ことしは幸先もよく、早くも、「お便り」 が参りました。

 どうぞ、ご覧ください。

 そして、このホームページを見ていただいたあなた、あなたも ぜひ 「お便り」 を送ってください。

 お待ちしています。








  新年明けまして

  おめでとうございます
  
           平成30年 元旦


              




     昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました

  今年もこの中大速研OB会のホームページを

  よろしくお願いいたします


  今年の“箱根駅伝”シード権が取れるように

  応援しましょう!!!










 
今年ももうすぐ終わりですね (H29.12.28)



 平成29年も残り少なくなりました。

 中大速研OB会の皆様にとって、どのような1年でしたでしょうか?



 管理人は、ここ数年は、病院通いと低山登りに明け暮れている感じです。

 山登りができるのは本当に感謝しなければならないと思います。


 先日といっても11月のことでしたが、木場公園の植物園に行ってきました。

 帰りに急に思い立って、徒歩で富岡八幡宮に向かいました。

 途中の 「木場橋」 でのショック。地面より川の水面の方が高いのです。

 江東区のゼロメートル地帯など、聞いては知っていましたが、目の当たりにしてみると、驚きました。

 そこに住んでいられる方には申し訳ありませんが、ショックでした。


 そんな光景を過ぎて、富岡八幡宮に初めてお詣り。

 地下鉄の門前仲町駅へ向かうと、今度は、深川不動尊。

 ここにもお詣りしてきました。

 両方とも、ずいぶん大きな神社とお寺でした。

 その後、富岡八幡宮では例の事件が起こり、びっくりしました。



 「お便り」 に入りました。

 どうぞ、ご覧ください。



 さて、来年は、中大が 「箱根駅伝」 に再登場!!!

 期待しない積りで、シード権の確保を祈っています。



 今年1年、このホームページをご覧いただき、ありがとうございました。

 それでは、皆様、良いお年をお迎えください。







 
高圧電線をまたいで (H29.12.14)



 寒い日が続きますが、中大速研OBの皆様、風邪など引かれていませんか?

 特に、高齢の5期生? あたりまでの方、特にご注意ください。



 管理人は、きのうは飯能の武蔵横手の山に登ってきました。

 この山は、国道299号線を西武秩父線の武蔵横手の駅辺りから真正面に、円錐形の独立峰が堂々と

 見える山です。

 通るたびに気になっていたのですが、車を止める場所がなく、登るのをあきらめていました。

 先週の山の帰りに、登山口近くにあるコンビニ、ファミリーマートに駐車してもいいか? と頼んだところ

 「OK」 をいただきましたので、今週早速このファミリーマートの駐車場に車を止めさせてもらいました。

 国道を5分くらい歩き戻って、長念寺にお賽銭とともに登山の安全をお願いしてから、お寺のお墓横から、登山開始。

 栗林を通って高圧鉄塔を過ぎると、猪除けの高圧電流が通ったフェンスを、こわごわまたいでスギ林の中へ突入。

 まずは、「愛宕山」 で、頂上に小さな神社? 祠? もちろん手を合わせます。

 さらに奥に進み、霜で白くなった登山道を進みます。

 急登を3つばかり通り過ぎて、「水晶山」 頂上へ。

 杉で何の視界もないてっぺんでした。

 この山は名前の通り、昔、水晶が取れた? との伝承もあるようですが、全くそんな気配は感じられませんでした。

 ここで、いつものように昼食。おにぎり、パン、バナナ、ミカン、そしてデザートにシュークリームを。

 ポットに入れてきたホットコーヒーを飲みながら。至福のひと時です。

 このために、山に登るような感じがします。

 この日も、誰一人登山者に会いませんでした。

 帰りは、いつか登るために、「かまど山」 の集落まで車で行き、車を止めるスペース捜しと、登山口の

 確認をしてきました。



 さて、今年も残り少なくなってきましたが、「お便り」 が参りました。

 どうぞご覧ください。








 今が一番日没時間が早い時期だそうです (H29.12.7)



 
このところ久しぶりにいい天気が続いていますね。

 ただ、太陽が沈む時間が早く、夕方にはすぐに暗くなります。

 活動する時間も短くなりました。



 きのうは、国道299号線の吾野の先から橋を渡ってすぐの、「秩父御嶽山」 の駐車場に車を置いてスタート。

 まずは、神社の奥の院に向かいます。そこまで約400段の階段を登りました。これに、35分かかりました。

 奥の院から先が山道になります。

 アップダウンの連続で、やっと 「吉田山」 の頂上に。急登もありましたが、何とかクリア。

 頂上は、スギ林の合い間からのわずかな日差しのみ。遠望はほんのわずか。

 気温は6°、しかし吹き上がってくる風が強く、体感は軽く零度になっていたと思います。

 上を全部着替えてから、ポットの暖かいホットコーヒーを飲みながらの昼食。

 寒くて、マフラーを首に巻き、手袋をして、頭がすっぽり入るジャンパーを着ました。

 寒いので、昼食もそこそこに下山開始。

 下は、日射しいっぱいで、車の中は天国。

 今月はもう1回行けるかな?



 「お便り」 が参りました。

 どうぞ、お読みください。








 
紅葉が見事です、その葉も散ります
 (H29.11.24)



 団地の周りもイチョウの葉が散りはじめるなど紅葉が終わりに近づいてきました。

 一方、ナナカマドやセンリョウの小さな赤い実がきれいです。


 山の方は、21日には、秩父の刈場坂峠の奥武蔵グリーンラインの東側の林道に車を止めて、

 「アラザク」 「丸山」 「大仁田山」 という名前の山に登ってきました。

 昭文社の地図には、その存在すらもない林道沿いの山でした。

 ですから、頂上には山名を表す表示はもちろんありません。

 林道沿いですから、まぁ、ハイキングですね。

 したがい、誰一人としてすれ違いませんでした。

 ただ、帰りに、消防車とパトカーに止められました。

 「途中の道に、オートバイが事故を起こしていませんでしたか?」 と

 聞かれました。

 きっと、通報があったのでしょうが、林道ですから、正確な場所が伝えられなかったのでしょう。

 また、下りの林道では、道路の真ん中に直径30p位の岩がごろっと転がっていました。

 ど真ん中ですから、避けて通るわけにはいきません。その重たい岩を手で持ち上げて、道路の端に移動。

 行きにはありませんでしたから、数時間のうちに転げ落ちたのだと思います。



 さて、訃報が参りました。

 6期生です。

 「お便り」 のところにあります。

 ご覧ください。







 
やっと秋晴れが続き始めましたね (H29.11.12)



 11月に入ってからいい天気が続くようになりました。

 そうなると、「山」 ですね。

 10月から少々、腰から臀部の痛みと雨のせいで山に行けませんでした。

 このところやっと臀部の痛みも少なくなったので、1か月振りに、11月1には、足慣らしもかねて飯能市の

 「柏木山」 にハイキングに行ってきました。

 工業団地脇の駐車場に車を止めて、久しぶりの山行でした。

 途中からゴルフ場の金網のフェンス沿いに歩くことになりましたが、頂上ではいい天気でした。

 富士山は遠く霞んで、てっぺんだけですが見えました。都内方面は、たぶん、あれがそうだろうと、

 東京スカイツリー??? も。


 10日には、武蔵五日市の十里木のいつもの駐車場に車を止めて、「盆堀山」 に登ってきました。

 急登の尾根までは何回も来ていますが、そこからは、いつもとの逆の右に折れて行きます。

 何回かのアップダウン、小さい岩場を繰り返して、頂上へ。

 頂上は杉に囲まれて、四方は見えず、天井の空のみ。昼食です。

 今回も誰一人会いませんでした。

 さて、次はいつ行きましょうか?



 「お便り」 が来ました。

 どうぞご覧ください。

 風邪などお引きになりませんように。



 追伸 : 管理人がお世話になった栄養学の先生が本を刊行されました。

      よろしかったら、書店でご覧ください。もし、書店になかったら、注文もできるそうです。

      「100歳まで元気なカラダ! 筋トレ5分+タンパク質」 著者 殿塚婦美子先生

      マガジンハウス   833円+消費税
      









 
台風21号が接近 (H29.10.22)


 もうすぐ11月だというのに台風が近づいてきました。

 雨風とも強いそうですから、十分に注意しましょう!


 このところ、毎日雨ばっかりです。

 身体の方は、少々右の腰、臀部の筋肉痛が取れません。

 首と腰でもう何年も整形外科に通っていますので、ここ数日は毎日行って、臀部を中心に

 マッサージなどをやっていただいて、少し良くなってきました。

 幸いというか、ずっと天候が悪く、山に行けない日が続いています。

 早く良くなって山に行きたいと願っています。



 さて、「お便り」 が参りました。

 大勢の皆さんの名前が上がっています。

 ぜひ、ご覧ください。







 
中大、お正月の箱根駅伝に出られます!!! (H29.10.15)



 昨日の 「箱根駅伝の予選会」 でわが母校中大が見事やりました!

 3位です。

 予想では、10位ギリギリで入れるかどうかでしたので、非常に心配しておりました。

 テレビの中継を見ていましたが、本当に良かったです。

 選手一人ひとりの努力の結果でしょう。 ありがとう!

 お正月の本番でのシード権獲得を目標に、よろしくお願いします。



 管理人の山登りのその後は、9月20日には、黒山三滝の北側の猿岩 (「たけいわ」と言うそう) 林道の空きスペースに車を止めて、

 踏み跡のほとんどない右手のピークの 「猿岩山」、下って、しばらく先に進んだ右の作業道に入り、やがて左へ。

 こちらもほとんど道の見えない斜面を登って 「峰山」 へ。

 車まで戻って、今度は、花立松ノ峠まで車ごと移動。

 左の登山道に入って、途中の道標と言っても、これから登るところは行き先表示がありません。

 道標の裏を分け入ります。 「桧山」 へ。

 頂上を通過し、ずんずん下って、林道を横切り、右手の登山道に再び突入。

 調べておいた赤い杭のところをV字に戻る格好で登る。もちろん道標なんてありません。

 道なき道をピーク目指してひたすら、「熊野嶽」 頂上に。ここで、昼食。

 この日の4山とも頂上の展望は無し。杉林の中でした



 天気の都合で土曜日の30日に。

 秩父線の299号線の新しくできた吾野トンネル手前を、旧道の左に曲がり、

 最初の狭い橋を渡り薄暗い林道へ。

 登山口の400mくらい手前のスペースに駐車。

 アケビの実が落ちている林道を登りながら、自転車の集団に抜かれ、左手の登山口へ入りました。

 やはり土曜日でしたので、合計8人の登山者などに会いました。

 このごろは登山者に会うのは、本当に珍しいことです。

 途中は3か所ほど、大きくはありませんが岩場を登りますし、両側が切り立った馬の背みたいなところを

 登りますので、結構気は遣いました。

 「大高山」 は、南側が少し開けていて、奥多摩の大岳山のピークが少し見えました。


 この日以降は、スケジュールと天候が合わず、山へ行けません。

 しかし少し右のお尻の筋肉が痛い感じですので、休むのに、ちょうどいいかもしれません。



 さて、中大の箱根駅伝を毎年見に行っている3期生から、「お便り」 が参りました。

 観戦記です。どうぞお読みください。





1.著作権について:本ホームページ上の文章および写真等すべての著作権は、管理者  龍藤 謙にあります。 Copyright 2004〜2017 Ryudo Ken
2.リンクについて:このホームページは中大速研会員のためのものですので、会員および会員の関係する方のみ、リンクに応じます。
  その場合でも事前に管理者に連絡の上、了解後にリンクをはってください。無断リンクはご遠慮ください。