会員からのお便り

●中大速研OB会。この欄は、OB会員および在会したことのある皆様が、自由に近況報告やお知らせなどのためにご利用いただくページです。
●投稿には、タイトル・ ○○期生・本名・ニックネーム等も書き添えてください。メール以外の、はがき・手紙等でも結構です。
●この欄にお便りされる方は、ここをクリックしてください。「メッセージの作成欄」があらわれます。なお、CC欄は通常は入力不要です。件名には、タイトルを記入してください。

確認
    中大速研OB会の 「会員からのお便り」の「ここをクリック」等で、龍藤謙(またsagata)あてにメールをいただいた場合は、特に「転載不可」と明記がない限り、原則として「転載させていただきます」。あらかじめ、ご承知おきください。
 
万一、掲載後に削除を希望される場合は、ご連絡ください。 削除いたします。

写真について変更
  お便りに同載する 「写真」 は、今まではOBなど人物が写っているものに限っていましたが、 ホームページの容量に多少の余裕ができましたので、今後は、「花」 「景色」 など、人物が写っていないものでも1~2枚程度を掲載いたします。 ご活用ください。
  なお、メールに添付して送っていただく写真は、フルサイズのまま、送っていただいて結構です。ホームページに掲載するときは、必要に応じて、管理人において軽くさせていただきます。








 井の頭公園のカイツブリ第2弾 (5期生  I.T どった君  H29.5.20



  前便で書きましたように

 井の頭公園にはカイツブりの巣が2つあったので生まれたかなと思いつつ5月9日(火)見に行きました。

 お昼過ぎに見たときは2つとも生まれておらず今日はダメかと思い、七井橋のヒナを見に行ったら4羽いたのが

 3羽になってしまいました。なかなか全羽無事に育つのは難しいようです。


 たまたまひょうたん池そばののカイツブリが生まれたと聞いたのでそちらに向かいました。

 うちらがまだだなと思って離れたすぐ後で1羽生まれたようで見に行った時は2羽になっていました。

 生まれたてで小さくかわいかったです。



 12日(金)2羽生まれたところのヒナが増えてないかと見に行きました。

 途中9日には生まれてなかった巣のカイツブリが1羽かえっていて驚きました。

 ひょうたん池のほうに向かったらヒナが5羽になっていました。巣が狭そうでした。


 13日(土)は雨でしたが、一人で見に行きました。

 きのう1羽だったヒナが2羽に増えていました。


 15日(月)は2羽のヒナが3羽になっていました、1日1羽という感じで増えているのでかわいい感じでした。

 ただボートが巣のすぐそばまで来るのでちょっと心配でした。5羽のヒナは健在でした。

 17日(水)水族園が無料ということもあって行ってみましたが、3羽のヒナが見えない、人の話によると

 1羽残ったけどそれも駄目になってしまったということでがっかりしました。

 5羽のほうはいかにも巣が狭い感じでしたがなかなか泳ぎに出てくれません。

 
18日(木)は石神井公園に行ったのですが、カイツブりもバンもヒナの姿が見られませんでした。

 井の頭公園はかいぼりをやったのでえさが豊富なのが増えている原因なんでしょうね。

 19日(金)もう外に出てくれるだろうと思っていきました。

 5羽がつながって泳ぐ姿や親の背中に乗って泳ぐのが見られて何回も通った甲斐がありました。




 6月2日の「いちにちゆらり旅」は10期生の成毛の奥さんのお富美さん(旧姓井田)とカニちゃん(旧姓加藤美智子)と

 和徳の奥さんも参加予定になったので総勢
13人になりました。

 珍しく10期生がたくさん参加するというので10期生をよく指導していた岡田(7期)と薫(同)に誘いのメールを

 入れてみたところ返信が届きました。


岡田


 「先日の写真にユリカモメが写っていて、これが名にし負う都鳥かと、謡曲の「隅田川」に出てくる鳥の姿に、

 しばし見とれました。

 現在、坐骨神経痛でうまく歩けません。

 家内に手をつないでもらって、ヨチヨチとその辺を歩いても
10分が限度です。

 6月半ばの椎間板ヘルニアの手術の日を待ってるところです。

 同期にも下級生にも会いたい人はたくさんいるので、せっかくお誘いいただいたのに、とても残念です。」





 「土田さん  ご無沙汰しています。

 なかなか楽しそうな企画ですね。ただ、平日の昼間は難しいですね。

 夜なら合流できそうですが

 どこか、多人数でも飲食できるところはないでしょうか?

 あの加藤もくるんですか?」



 話は変わりますが、小川(5期)の提案で29日(月)から1泊で尾瀬に行ってきます。

 仁神殿下は都合つきませんでしたが、布施と3人で行ってきます。

 天気が良いといいのですが。








 井の頭公園のカイツブリ (5期生  I.T どった君  H29.5.1


 4月初めに仁神(5期)から「井の頭公園の橋の淵でカイツブリが抱卵中。他にもあるみたい。」

 とメールをもらったので、もうそろそろ生まれたかなということで6日(土)出かけてみました。

 七井橋の小島の淵にカイツブり発見、カメラマンもたくさんいるのでここだろうと思って待っていると

 親鳥の背中からヒナが顔を見せてくれました。

 交代する親鳥が巣から降りると4羽のヒナが見られました。

 一週間ほどたっているみたいでしたが、かわいかったです。

 ほかに巣がないかと池を回ったら、別に2か所発見しました。

 まだ抱卵中なので当分楽しめそうです。

 早速帰ってから仁神に「先日教えてもらったのでもうそろそろ生まれただろうと行ってきた。

 4羽のひなが生まれていた。橋から近いので見やすくてよかった、ありがとう。」とメールを入れました。



 去年も井の頭公園のカイツブリは6羽のひなをかえしたのですが、翌日には1羽に減ってしまいがっかりしました。

 今年も新宿御苑の玉藻の池で1羽、上の池で3羽かえったのですが、上の池も1羽に減ってしまいました。

 今回井の頭公園で4羽のヒナと出会えて幸せでした、やっぱり4羽いるといろいろな表情が見られて楽しいです。




 話は変わりますが、6月2日(金)「いちにちゆらり旅」

  (http://tokyo-park.or.jp/waterbus/course/05.html

   <http://tokyo-park.or.jp/waterbus/course/05.html>

 という舟遊びをすることにしました。

 時間に余裕ができた和徳(5期)の提案でたけなわ麻雀やお花見ののメンバーに声をかけたところ

 仁神殿下土田(5期)、市川上林(6期)、高橋石澤(7期)、成毛宮内
10期)から

 参加と連絡がありました。

 布施(5期)から返信がないので 和徳のところに返事があったかと思ってきょう電話したら、布施のところに

 電話しているけどかからないんだという、電話の向こうでジャラジャラ音がするので麻雀やっているの? 

 と聞いたら、平山と関根にも聞いてみるよと言っていました。

 たけなわ麻雀はなくなったけど和徳宅麻雀は続いているようです。




       届いたメールから 


 ●仁神

 「松本の弘法山古墳の桜満開です。」

 「松本城、桜、北アルプス。隅田川参加予定」

 「朝4時出発の桜です。上田市内前山寺垂れ桜


 と松本、上田から写メール。

 
(「いいな、信濃の桜か、小諸とか上田の桜がいいそうなんでいつか行きたいと思っている。

 弘法山古墳というのは知らないけど淡いピンク色でいいね、松本城の向こうは北アルプスらしいけど

 写真が小さくてよくわからない。隅田川参加予定とのことよかったです。」と返信。)




 ●殿下

 「6月2日参加しますのでよろしく。

 今日も先ほど学習館の仕事(8時から
17時まで)から帰ってきたばかりです。

 息子のところで 現地時間の27日正午前(日本時間の28日)に男の子が生まれたとの連絡がありました。」

 
(「参加できるとのことよかったです。お孫さん誕生おめでとう、男の子は初めてだっけ? と返信」




 市川

 「隅田川の船旅参加します。

 川の上から都心を眺めるなんてまだ経験がないので大変楽しみにしています。

 
21日、22日と佐原と川越の街歩きをしてきました。

 どちらの街も水運で江戸へ物資を運んで栄えた歴史だあるのに雰囲気がなんとなく違います。

 観光客の多少だけでなく佐原は味醂や食品加工など、川越は農産品などが多くそれに関東平野のど真ん中という

 地理的要素あるのかも。

 写真は最初の2枚は佐原の街並、3~5枚目が川越(鯉のぼりは大正浪漫夢通り) 

 最後は
21日途中下車した成田の参道」

 と写メール。

 
(「船旅参加できるとのことよかったです。相変わらず元気に動き回っているんだ。川越は何回か行ったから

 様子はわかるけど、佐原は水郷は行ったことがあるけど町は見てない、最初の川越しの写真は趣があっていいな。

 最後の成田の参道の写真も立体的に見えていい写真だ。」と返信)



 ●吉見(6期)

 「お誘いありがとうございます。

 残念ながら・・・・参加は難しいですね。6月は予定がいくつか入っているので。3日4日娘の所にゆきます。

 もしかして品川の原美術館に行ってみようかなと考えていますが行けるかどうか?


 今日は少し寒いですね。雨が降ってきましたね。

 涼しいと耳も安定した不調ですが 暖かくなると痛くなり大不調になってしまいます。

 これから数か月だめでしょうね。

 
御身体を大切にされてくださいね」

 (「メールありがとう。原美術館というのは知らないな、石澤も知らないと言っていた。

 ネットで見たらしゃれた美術館だね。
船旅はお花見メンバーが全員参加することになった、

 船旅の様子はまた知らせるよ。

 そういえば石原も耳鳴りがすると言っていた。

 耳の調子が悪いとイライラしていやだね、お大事に。」と返信)








 今年も楽しいお花見でした (5期生  I.T どった君  H29.4.8



 4月4日(火)午後5時前たけなわ前に去年のお花見メンバー(殿下土田市川上林高橋石澤成毛

 全員集合しましたが、今年初参加の和徳が出てきてちょっと待っててと言う。

 1,2階の改修がなかなか決まらないみたいで、和徳も落ち着きませんね。

 10分遅れで出発、駒形橋から隅田川に下り、吾妻橋を渡り隅田公園へ、川沿いは5分咲くらいでしたが、公園内は

 結構きれいなところがありました。

 今年も去年に続いて桜の下にシートを敷いて成毛が持ってきてくれたフグのひれ酒と奥さんのお富美さんが作って

 くれたお新香、市川がお土産で持ってきてくれたつまみ等に舌鼓を打ちました。


 ぼんぼりの明かりできれいに見える桜とネオンのついたスカイツリーを見つつ2次会に向かいました。

 カラオケ店の予定でしたが、和徳がおなじみさんの店使ってということで小料理屋さんに。

 料理はおいしかったのですが、4人ずつの席で全員で顔を見ながら話せなかったのは残念でした。



 また来年も会いたいねと言いつつ帰路につきましたが、3年前はそういって別れた長瀬(7期)がその年の12月に

 旅立ってしまいました。

 ほんとに来年また元気な顔が見られるといいですね。



 市川は当日、2日後に糖尿病の検査があると酒を控えていましたが、昨日メールが届いて「数値が改善した」

 とのことでよかったです。



 去年2次会に参加した石原(6期)は2月くらいから耳鳴りがして体調不良とのことで欠席。

 一昨年は参加してくれた吉岡(同)も体調がよくないと、2次会がたけなわであればちょっと顔出せと

 言えたのですが残念です。


 泉妻さん(4期)は仕事柄正座する時間が長く、そのあと膝が伸びなくなることが何回かあったそうです。

 また3番目のお孫さんが生まれたそうですが、左手で抱くのがつらいそうです。

 自分では若いつもりだったけどやっぱり年ねとおっしゃっていました。

 和子に話したら、私なんてずっと前からガタガタよと言っていました。



 たまたま進藤さん(4期)から電話があって、6月に卓球の大会で和歌山に行くので吉川さん(3期)に会って

 きたいので住所を教えてくれとのことでした。

 シニアーの大会とはいえまだ大会に出られるのだからお元気ですね。




 今年は桜の満開が遅れてやきもきしましたが、天気も良くなった2日(日)から桜行脚。

 2日は17年間通い続けている六義園のシダレサクラのライトアップに、五分咲ということでしたがライトアップすると

 迫力満点でした。


 3日(月)は家から歩いていける善福寺川の桜を楽しみました。

 仁神(5期)が29日に善福寺川緑地に行ったけど1分咲だったとのことでしたが、この日は5分咲くらい、トピックは

 オオタカの交尾が見られたこと(自分はビデオ操作していて見逃してしまいましたが和子は見たようです、あとで撮っていた

 カメラマンの写真を見せてもらいました)。


 4日(火)は隅田川に行く前に新宿御苑へ、

 ソメイヨシノは5分咲くらいでしたが、ヨウコウやタカトウコヒガン、アメリカがきれいでした。

 玉藻の池のカイツブりが抱卵中だったので期待して行ったけど巣がなくなっていてまたダメなんだとがっかりしましたが、

 帰ってからビデオを確認したらヒナが1羽写っていました。


 5日(水)は昨日の酒が残っていましたが、善福寺公園へ。

 6日(木)は石神井公園へ、野球場の桜が満開でした。

 バンが抱卵していて、初めて卵が見られました。5個見えました。

 カイツブりより大きく、色がついていました。


 7日(金)は砧公園へ、

 ここはソメイヨシノの大木が多く、午後になって青空も見えて本当にきれいでした。

 行ったことがない方は1度は行ってみたらいいですよ。

 きょう8日(土)はこれからラグビーのサンウルブズを応援に秩父宮に行ってきます。







 今年のお花見は4月4日(火)です (5期生  I.T どった君  H29.3.29



 今のところの参加予定者は和徳殿下土田(5期)、市川上林(6期)、高橋石澤(7期)、成毛(10期)、

 あと吉岡(6期)から電話があって歩く自信はないけど最後の飲み会はできたら参加したいとのことで、

 カラオケ店に行く予定なので場所が決まったら連絡するよと話しておきました。

 先週和徳から電話があって、4月4日じゃ桜が散っちゃうよと言っていましたが、ここのところの寒さで4月4日の

 隅田堤の桜はちょうど見ごろのようです。

 天気もまあまあ、気温は高めですので、いい夜桜見物ができると思います。

 たけなわ前5時集合ですので、ご都合つく方はぜひおいでください。




 管理人さんは前立せん肥大の手術が終わってほっとしたと思ったら今度は網膜剥離ですか、みんな加齢からくるもの

 でしょうが、発見が早いのは管理人さんがお医者さん通いよくされているせいでしょうね、大ごとにならないことを

 祈っています。




            届いたメールから 


山下(5期)

 「いつもメール頂きありがとうございます

 今年は京都みやこメッセの展示会が4月8日から12日まであります

 5日から京都に行きますのでいつもながらお花見は行けませんが京都来られる時はご一報ください」

(メールありがとう。京都ももう7年くらい行ってないな。山下に教えてもらったB級グルメまた行ってみたい気は

 あるんだけど、最近は鳥に集中しているのでなかなか行けない。そういえば先週仁神が京都に行って山下に教えて

 もらったお店で食事したらしいよ。

 料理たくさん頼むけど日本酒が飲めないのであまり食べられないみたいな話していた。と返信)




市川(6期)


 「もう花見の季節なんですね。

 4月4日には参加します。

 ただ6日に糖尿病の再検査なのでアルコールはあまり飲めませんが。

 当方来週27日から30日まで山口のローカル線に乗ってきます。

 今回は仙崎・長門本山の山陰・陽の盲腸線の駅訪問が主です。

 4日に旅の土産話でも(みんな興味ないかな?)

 再会楽しみにしています。


(仙崎から青海島は行った、いいところだったよ。4日重いかもしれないけどいい写真持ってきて。と返信)



上林(同)

 「ご無沙汰しています。

 4日の
お花見喜んで参加させていただきます。

 
シマアジという鳥の存在を初めて知りました。」

(それはよかった。「シマアジのアジは味がいいところからきているそうだ、と返信したところ」


「シマアジというとても美味しい魚は知っていますが、高級魚で手が出ません。

 おそらく語源は同じなんでしょうね。」

 と再メールが届きました。








 今年も桜の季節が巡ってきました(5期生  I.T どった君  H29.3.18



 さまざまのこと思い出す桜かなと芭蕉が詠んでいますが、桜の季節が廻って来るといつも松丸(6期)

 と長瀬(7期)のことが思い出されます。

 松丸は13年前の3月21日桜も見ずに肺がんで逝ってしまいました。

 長瀬は隅田堤の花見の企画者で3年前の花見まで10年間毎年顔を合わせていましたが、花見に参加した

 3ケ月後突然すい臓がんを発症してその年の12月5日亡くなりました。

 それ以来隅田堤の花見は長瀬を思い出す日にもなっています。


  今年は3月31日くらいが東京の満開予想日で、和徳(5期)が土日はやめようと言っていたので、隅田川は風が冷たく

 桜が少し遅いことも考慮して4月3日か4日にしようと計画して連絡したところ

 高橋(7期)からは両日OKと、殿下(5期)からは3日はダメだけど4日はOKとメールが来たので4月4日(火)にしたいと思います。

 4日の午後5時にたけなわ前(内装工事は始まっているでしょうが、前に集まるのはOKと和徳が言っていました)に集合して

 いつものように隅田堤の桜を楽しんで7時ころ吾妻橋に戻り、どこかで一杯やりましょう。

 和徳はカラオケ店が飲み食いできるのでいいよと言っているのでその方向で検討しようと思います。

 なお小雨決行ということでいきたいと思います。



 (管理人 : 「各種お知らせ」 もご覧ください)







 ラストたけなわ麻雀(5期生  I.T どった君  H29.3.2



 2月27日(月)1か月ぶりにたけなわ麻雀に参加しました。

 たけなわ麻雀自体はほぼ毎週やっていたようです。

 今回の参加者は 和徳平山布施仁神関根内田は腰がよくないと不参加、和徳の長女のS子ちゃんが「内田さんが来たら2卓でやるというので待機してたのに」とお小言。


 たけなわ麻雀もいよいよ来週3月6日(月)が最終回になるようです。

 予定していたYパンの話は時間がかかりすぎるとのことでキャンセルして、不動産賃貸業に貸すことになったようです。

 みんなちょっと心配しましたが、大手であの辺で手広くやっていて評判もいいとのことで安心しました。


 2階も貸すことになるので「たけなわ麻雀」は終了ですが、今後は和徳の部屋でやるそうです。

 家の中でやるのは気も使うし、狭い部屋だそうで、自分は不参加の予定です。


 5期生中心の麻雀の集まりは10年前の平成18年の敬老の日に布施宅で始まりました。

 ちょうど還暦になるころで、今回古希を迎えて終焉? を迎えましたが、よく続いたものです。

 麻雀好きの人間、特に和徳がいなければこんなに続かなかったでしょうね、もちろん「たけなわ」の存在が大きかったですが。




 この間和子と話していて、蓋が開かなかったり、封が切れなかったり、力がなくなったことを実感することが多くなったな、

 うちらは子供がいないから二人で年取ったなと嘆きあえばいいけど、子供がいれば親も年取ったなと言われるんだななんて

 話したと麻雀の席でしゃべったら、布施は「そんなことないよ」と言ってましたが、和徳は「そうだな」と同感していました。



 それにしても小俣さん(3期)はお元気ですね、我々より2年年上なのにまだフルマラソンが走れるんですね。

 よく言ってらっしゃいましたが、陶芸との「静と動」のバランスがいいんでしょうね。




 管理人さんは前立せん肥大で手術されたそうで大変でしたね。

 麻雀の席でも次は自分の番かななんて話が出ていました。




      届いたメールから 


市川(6期)

 「26日から大内宿から会津柳津へ雪見にいってきました。

 湯野上温泉駅から宿の迎えの車で雪の中を大内宿へ 写真のように昼は人出も予想以上にありますが

 夜は音の消えた暗闇の世界 そして星がきれい。

 朝になると地元の人の日常の始まり 集団登校の子供達が白一色の世界に色彩を与えてくれました。

 翌日は七日町をぶらぶらし柳津へ ここは虚空蔵菩薩の圓蔵寺と粟まんじゅうの信仰の地 私は只見川の流れにも魅力を感じます。

 のんびり温泉につかり、血糖値を気にしながら馬肉で地酒を少し。

 旅の最中には疲れを感じないのに帰るとじわじわと出てくるのは歳のせいですかね。」



(「湯野上温泉駅懐かしいな、ちょうど7年前の平成22年2月22日この駅で記念切符買った、

 5期生会の会津の思い出旅行だったけど倉澤も一緒だった。そのとき大内宿も行った。

 市川は大内宿に泊まったんだ、星も見られたみたいでよかったね、雪の中で幻想的だったろうな。

 今回の写真は雰囲気があっていい写真が多いね。」と返信しました。








 フルラストラン (3期生  .  元・校長先生  H29.2.20


  昨年に続き京都マラソンに出ましたが、体力的には限界を感じました。

 陸上経験のある教え子のアドバイスを守り走りましたが、後半バテてしまいました。

 歩くことはなかったのですが、達成感は物足りなかったです。

 参加者
16,000人で70代以上は0.7パーセントしかいない中で、フルが走れたことはよかったと思っています。

 以前、フルは卒業と書いたことがありますが、今回でやめて、
10キロで制限時間内でゴールできる内は走り続けたいと思っています。

 年を取ると何事にも興味・関心が薄れてきますが、管理人さんが山にこだわるように、私もマラソンや陶芸を生活の一部として、

 元気なうちは続けていきたいと思っています。








 宇野(7期)に会ってきました(5期生  I.T どった君  H29.2.9



 2月2日、3日と家のベランダの修理工事でエアコンが使えないというので出かけようと考えました。

 冬鳥が見たくて奥多摩の御岳山に行こうと思いましたが、観光協会の会長さんが亡くなったとかでどこの宿坊もお休み、

 仕方ないので箱根に行くことにしました。

 野鳥の宿を探したら昔合宿やった高原ホテルの隣のホテルが出てきたのでそこにしました。

 高原ホテルは休館中でリメークするみたいです。


  新宿から桃源台までバスで行けばいいと思いました、和子がバス乗り場に変更はないのと言いましたが、

 小田急の前だから変わってないだろうと安請け合い、ところが行ってみたら南口に変更していて、仕方ないので

 ロマンスカーとバスで仙石原に向かいました。

 いきなりトラツグミに出会えてこれは幸先いいと思いましたが、鳥はみんな逃げ足が早くなかなか見つけられません。

 結局2日間で見られた珍しい鳥はウソくらいでした。

 東京近辺のほうが冬鳥は見られるみたいですが、箱根のほうがさすがに色はきれいでした、特にキジはよかったです。


 3日は桃源台から箱根町まで芦ノ湖西岸を3時間半かけて歩き三島行きの最終バス5分前にバス停に着きました。

 三島までのバスは夕暮れの海に向かいつつ富士山が大きく見えてよかったです。


 三島から函南でとんかつ屋をやっている宇野のところに寄ってきました。

 去年の10月3日付けの「会員からのお便り」に載せましたが、元気印代表みたいな宇野が糖尿病と脊柱管狭窄症とあって驚きましたが、

 両方とも散歩と食事制限でまあまあのようで安心しました。

 おいしいとんかつをごちそうになった後奥さんに函南駅まで送ってもらって帰途につきました。




       届いたメールから 


市川(6期)


「酉年の最初のメールが鳥の写真。今年は良いことがありそうです。今年も宜しくお願いします。

 ただ、今のところカテーテル手術の一年検査のため入院予定(19~20日ですが)が入り遠出する雰囲気でありません。

 初詣も柴又帝釈天です。この歳では金運・仕事運・恋愛運は関係ないのでもっはら健康を祈願してきました。

 近場ということで今日は武蔵野線小旅行です。この沿線の江戸川・中川・荒川の3河川を渡る姿を見てきました。

 1、2枚目は江戸川 これは地元三郷駅近く 電車わかりますか? 3枚目は中川 吉川駅付近

 4、5枚目は荒川 秋ヶ瀬公園から この線は貨物が多いです。最後は彩湖に群れる鴨達」



 (そうか、カテーテル手術から1年経つんだ、あちこち行ってるんだから心臓のほうは大丈夫なんだろう。

 秋ヶ瀬公園は月に1回くらい行くよ、写真に富士山がきれいに見えるね。彩湖も2回ほど行った、写っている水鳥で
 
 頭の赤いのはホシハジロという渡り鳥だよ。と返信しました。)




吉見(同)


 「あけましておめでとうございます。昨年も色々お世話になりました。本年も宜しくお願い致します。

 本格的な冬到来です。朝起きると台所の室温は零度です。まあ やっと冬が来たかっという感じですが・・。

 ほどほどに雪は積もっていますが あまり多くはありません。道路が凍っているので 朝の散歩は慎重に歩かないとね。

 寒くて嫌なのか トンビ カラス 雀が見当たりません。どこに隠れたのかな?


 耳の不調は続いていますが それ以外はまあまあでしょうか。

 今年は古希を迎えるので 忙しくなるかもしれませんね。体調崩しませんように」



 (室内で零度か、寒いんだね。東京でも外は零度になるけど、室内は10度を下回ることはほとんどない、

 ただ昨日からの寒さはきつい、昼間に暖房を入れることはあまりないんだけど、もうすぐ12時なのに暖房入れている。
 
 年を取ったせいか、寒さがこたえる、室内でも靴下をすぐ履いてしまう。去年11月古希を迎えたけど、このところ年齢を

 感じることが多くなっている。それでも鳥を見に外に出かけるよ。

 さすがに外でお弁当を食べるのは寒いのでやめている。

 そっちは標高も高いから冬は鳥も少ないだろうけど、こっちはたくさん見られて楽しい、手袋していても手がしもやけになって参るけど。

 今年も隅田川の花見はやる予定だから都合ついたらおいでよ。と返信。)




宇野(7期)


http://yajikita.la.coocan.jp/

 こんんちわ、土田様

 寒さが少し和らぎました 如何お過ごしですか

 速研HPで「たけなわ麻雀」の様子があまり見かけなくなっているのが残念ですね。

 店舗をたたむ時が私にも来ます

 和徳さんの決意時のタイミングやその後の状況などお聞きしたいです

 引退後はスポーツジムへ通う人、家庭菜園に励む人、ボランティアに参入した人 いろいろな人が身の廻りにいます、

 自分はドライブとゴルフしかないので悩んでいます

 私の引退時の健康と経済を見て決めるしかありません

 私のHPNIFTYの都合で上記に移動しました。

 更新する機会があまり無いので変わってません」


(和徳は台東区の運動施設に1回行ったらしいけど、体が痛くなってやめたと言っていた。

 隅田川沿いの散歩は結構やっているみたい。店の後利用(たぶんヤマザキパンになる)が決まるまでは落ち着かないだろうけど、

 決まってたけなわ麻雀ができなくなった後が心配だね、自分の部屋でやろうかなんて言ってたけど、家族に迷惑かかる


 (今は和徳がみんなやってくれているから家族には迷惑かけてない)からやだよと言っといた。

 電話してやれば喜ぶと思うよ。宇野は糖尿病と脊柱管狭窄症と
10月のメールにあったけど大丈夫? 

 元気印の代表みたいな宇野なのに大変だと心配している。お店のHPのアドレスの変更は佐賀田さんに連絡しておくよ、

 ただ2月2週まで変えられないらしい。

 と返信しましたが、この間言って話したらメールが届いてないらしい、どうしてでしょうね、宇野のメールに返信したのに?)



 管理人さんへ


 宇野のHPのアドレスは上記にありますのでよろしくお願いします。

 仁神(5期)は最近パソコンの関係でHPが見られないようですが、薬局は営業譲渡して経営から離れたので、

 彼のHPは削除していいんじゃないですか、前のHPが見られればペンギンが見られるのですが


 「速研数え歌」残念ながら誰だかわかりません、4番目の「ハッタリーさん」

 (和徳が入会のときナならお前、ノなら和斉さんと教えられたそうです)と、

 この段階で1級取ったというから15番目は吉川さんでしょうか。




 管理人より :  1.宇野くんのHPのリンクを直しました。

             2.仁神君のHPはもうしばらく、このままにしておきます。)








 今年は鳥(酉)年です (5期生  I.T どった君  H29.1.8



 今年は箱根駅伝に中大の参加がなかったのでHPがいまだに更新されていません、寂しいですね。

 昭和39年まで中大は6連覇、これは記録みたいです、

 管理人さん小俣さん(3期)が箱根駅伝に力が入るのはそういう優勝体験があるせいなんでしょうね。




 HPに「会員のお店など」というコーナーがあります。

 一番最初が「たけなわ」

 現在は2階が毎週麻雀会場になっていますが、2階も貸す方向で話が進んでいるようで「たけなわ麻雀」も終了の時期が近付いているようです。


 次が仁神(5期)のお店、

 仁神のお店のHPはペンギンが足出して仲間を倒すシーンが面白かったのですが、残念ながら見られなくなってしまいました、

 仕方ないですね、経営者が交代したのですから。

 3番目の宇野(7期)のお店

 のHPも真っ白で見られません、

 笠井(13期)の

 HPも最初見られなくてあれっと思いましたが、更新中だったのかその後見られるようになって安心しました。


 「会員のお店など」も模様替えが必要ですね。




 うちらは鳥年ということもあって鳥見に励んでいます。

 このHPのトップページのひよこもかわいいですが、本物の鳥もかわいいですよ。

 元日は妙法寺に初もうでに行った後和田堀まで足を延ばし、短時間にシメとジョウビタキに出会えたのでさすが鳥年と思いました。

 しかし3日は高尾の霊園にお墓参りに
行った後八王子城跡公園に足を延ばしました、

 夏はいろんな鳥が見られる場所なんですが、冬鳥は全然見られず、4日は善福寺公園、5日は新宿御苑でもこれという鳥が見られず、

 鳥年で鳥はどこかに集まって新年祝いをやっているのかと疑いました。

 でも6日に行った武蔵野公園・野川公園では、風が強くて寒かったのですが、最初からシメとツグミが絡んで現われ、

 川沿いにアオジとカワラヒワ、林地でエナガ、ヤマガラ、カケス、ジョウビタキ、ルリビタキと

 次から次と顔を見せてくれてさすが鳥年と満足しました。

 今年も鳥とラグビーで1年が過ごせそうです。




     ★ 届いたメールから 




市川(6期)

 「今年も1年間 鳥や花などを通して季節感を大いに味わせていただきありがとうございました。

 来年も楽しい写真お願いします。

 当方は18日から20日まで姫新線・芸備線・福塩線に乗り中国山地の麓を回ってきました。

 各線とも同じような顔に遭遇すること度々。いつもの様に写真送ります。

 1枚目は佐用町の大銀杏と智頭急行2~4枚目は津山市内特にこの日は濃霧が強く、早朝の津山城跡は石垣に意味なく感動。

 次は保存地区の町並 最後は旧津山機関庫(休館のためフェンス越しに) 

 5枚目は備後八幡~内名を芸備線の車内から 

 6・7枚目は備後落合にて(この線には新見・三好間の直通は無く乗換 赤い単行車は木次線) 

 最後は府中の日本一の石灯篭です。」



(相変わらず元気に動き回っているんだ、和子がすごいエネルギーだねと感心してるよ。

 正月には豊橋だったっけ、行くんだろう。来年も旅行記? 伝えてね。と返信しました。)




高岡(12期)

 『思い出の灯よ、たけなわよ』と題して

 「ご無沙汰しております。お変わりないですか。

 平成28年もほんのわずかとなりましたね。

 ことしは「たけなわ」が店を閉じたのが実に残念というか、「思い出の」東京の足掛かりがなくなってしまって、

 ぽっかり心に空白、立ちすくむ思いです。

 今度は出張帰り、どこに寄ったらいいんだろうと。

 大学はとっくの昔に跡形もなくなっているから身も心も「よりどころ」は、う~ん「たけなわ」しかなかったじゃないかと。

 店の暖簾をくぐれば、そこにある米倉さんのスマイルが、下町の兄貴が温かく迎えてくれるといった雰囲気で、

 ここ1、2年出張帰りには寄るようにしていました。

 ほろ酔い加減で店を出ると、浅草の灯が目に飛び込んで昭和30年代、40年代の望郷歌謡曲を心の中で口ずさめば、

 言い表しようのない懐かしさ(自らの学生時代のそれかもしれないし、歌の中の東京に対してかもしれない)がこみあげてきたものです。

 新聞社勤め時代とは打って変わって出張や仕事がらみで東京行きがあるようになったのに、残念です。

 1月にも上京を予定しています。

 さて帰り、新幹線の出発まで、どこで時間をつぶせるやら。

 ではお目にかかる日まで。良いお年を。」



 高岡とはだいぶ会ってないけど、たまにメールもらうのでいろいろ大変らしいけど元気にやっているんだなと思っています。

 高岡の文には高岡の味があるのか、いつも顔が浮かぶな。上京予定が決まったら連絡して、りつ子さんなんかにも連絡して会おうよ。

 「たけなわ」でとはいかないけど。このメール和徳に転送しておきます、喜ぶと思うので。と返信しました。)




ジョン(15期)

 「アオバト、初めて見ました。きれいですね。

 (間違えて和子のアドレスから送ってしまったので) 石澤先輩の名前で添付ファイルがあったので、夫が「知っている人か?」と

 確認していました

 知らない名前のメールに添付ファイルがあると不安ですからねぇ。

 土田さんの名前はしっかり覚えておりますので、「そういうことか~」と、この追伸メールで納得しておりました。

 いつもきれいな写真をありがとうございます。

 どうぞお元気でよいお年をお迎えくださいますように。

 たけなわにお集まりの諸先輩方にもよろしくお伝えください。」



 (ご主人まで巻き込んでごめんね。よいお年を、来年も明るい年だといいね。と返信しました。)








  来年の 新1 (3期生  .  元・校長先生  H28.12.23



  先日、来年度の駅伝部の推薦入学者10人の発表がありました。

 5キロを
13分台で走るいわゆるスーパールーキーと言われる選手はいませんが、全員が

 
14分台の記録を持っています。

 その内6人が
25日に京都で実施される全国高校駅伝にエントリーされていますので、

 実力があり、これからの活躍が期待されます。

 予選会を突破できなかったので、スカウトがうまくいくか心配していましたが、安心しました。

 競争の激しい上位校を避けて、上級生が手薄なのでレギュラーになる可能性の高い中大を

 選択したのではないかと思っています。

 来年の予選会まで
10か月、藤原監督の手腕が問われます。がんばってほしいです。







  はや年末ですね 14期生  R.Y 旧姓K  南区のりつこさん H28.12.21



 年賀状を出しました。

 速研の昔の仲間も、数人います。

 会わなくなって、早30年近く。

 年賀状の一言メッセージでのお付き合いになっています。



 敏幸氏は、中央大学埼玉県支部の会員で、会費1万円払って総会&懇談会に去年から参加しています。

 会員は年配の方がほとんどですね。

 そして会員一同、箱根駅伝に参加できなかったことを嘆いていたそうです。

 (私も参加資格はありますが、今のところは敏幸氏だけ会員です)



 中大事務職に勤務しておられた宮川さんとは、競馬関係で今でも交流が頻繁にありますが、宮川さんいわく、

 今の中大の人気は、東洋に抜かれそうなんだそうです。

 「MARCH」と言われている一群の中で、中央の人気が長期低落なんだとか。

 さすがに中大中枢も、遅まきながら都心回帰を始めたようですが、一体どこにどうつくるのやら。

 八王子に移転したのは、私のすぐ下の代からでしたが、何かメリットはあったんだろうか?と、

 駿河台にスタイリッシュにそびえ建つ明治大学を見ながら、ため息が出ます。


 私ごとですが、仕事が忙しくて仕方がありません。

 慢性的に、オペレーターが不足です。


 パソコンができて、用字例が頭に入っていれば、すぐにでもできる仕事なんで、速研OBの方の頭の

 体操には打ってつけだと思うのですが……

 ただし肉体労働なのと、薄給なのとで、なかなかお薦めもままなりません。

 趣味程度に、でもいいから、興味のおありの方がいればなぁと思います。


 もう私も辞めたいのですが、とてもそんな雰囲気になく、困っています。

(傍から見れば贅沢な悩みかもしれませんが、いいかげん、仕事を減らしてくれ!

 と叫びたいです)








  東京の冬は楽しい(5期生  I.T どった君  H28.12.19



 日本海側の人には申し訳ないですが、東京の冬は青空の日が多く、寒さを我慢すれば鳥見には最適のシーズンです。

 管理人さんの山歩きの回数も増えますね。


 鳥見のホームグランドは自宅から歩いて30分ほどのところにある和田堀公園、あと交通手段を使って1時間以内の新宿御苑、

 善福寺公園、石神井公園、小金井公園など、それから野川公園、葛西鳥類園、昭和記念公園の月1回の探鳥会をぐるぐる

 回して楽しんでいましたが、今年は冬鳥がたくさん見られるので水元公園、秋ヶ瀬公園、多摩湖などにも足しげく遠出しています。

 おかげでジョウビタキ、ルリビタキ、ツグミ、シメ、シロハラ、アオジなどは日常的に見られます。

 ずいぶん見ていなかったウソも新宿御苑で見ることができました。

 今年はいままであまり見ることのなかったアトリがどこの公園でも見られて、もういいよというくらいの感じです。


 冬はイルミネーションも楽しみですが、16日(金)は六本木のミッドタウンのイルミネーションを楽しみました。

 そのあと毎年の恒例になっていますが、(7期)と飲みました。

 薫とは1年ぶりでしたが、むかし和子恵子さん(5期)と一緒に山歩きをしているので懐かしい昔話をダシにお酒が進みました。



 青空とは関係ない話ですが、12日(月)たけなわ麻雀に参加しました。

 1時過ぎに行ったら、いきなり内田が待ってたよ、腰が痛くてしょうがないんだ、替わってくれと。

 結局内田は2回連続トップ賞で勝ち逃げしました。

 内田は先日、羽根木公園に行って膝がおかしくなり、しょうがないのでタクシーで帰ったそうです。

 みんな年取るといろいろありますね。



 関根は2週間前の麻雀はお休みでしたが、小豆島と淡路島を回ってきたそうです。

 和徳平山は毎週連続で、平山に奥さんになんか言われないのと聞いたら、和徳が逆だよな、今日は行かないの? 

 って言うんだろうと。

 平山はなんとでも言ってくれとふてくされていました。

 布施仁神は今回はお休みで、19日は参加予定、先日仁神が阿佐ヶ谷に出たからとわざわざ持って来てくれた

 ミカン(自分の庭でできたもの)でみんな喉を潤しました。



 お店は2階も貸すことになりそうで、そうするともう麻雀ができなくなると和徳は毎週麻雀の言い訳にしています。

 和徳に台東区のスポーツ施設行ってるの? と聞いたら、そんな暇ないよと言っていました。暇になったら行くのかな?








 箱根エントリー(3期生  .  元・校長先生  H28.12.11



  昨日、箱根駅伝のエントリーが発表されました。

 中大は残念ながら予選落ちですので、当然ないのですが、学連選抜の中に中大の堀尾選手(2年)がエントリーされています。

 選抜のための記録会で
10キロを2834秒で自己ベストを出し、全体で2番目ということで、1区か2区の主要区間の起用が想定されています。

 白地に赤のCマークは彼
1人と寂しいのですが、彼の頑張りがチームの意識高揚に繋がりますので、頑張ってほしいです。

 新チームでも
1年の舟津選手が引き続き主将で、副は3年の竹内選手となり、予選会後の各種記録会では自己ベストを

 更新する選手が続出し、部内の競争意識が高まっているようです。来年はぜひともリベンジしてほしいです。








 たけなわ お座敷麻雀(5期生  I.T どった君  H28.12.3



 10月28日(月)、たけなわ閉店後自分が参加するのは初めての麻雀、先週もやったそうでその時は内田関根

 来たそうですが、二人は今回は欠席、和徳平山仁神は2週連続、あと布施土田が加わって2階でお座敷麻雀を

 楽しみました。


 テーブルとイスは下から持ってきたので困らないのですが、生ビールがないので台所まで缶ビールを取りに行かないと

 いけないので面倒でした、トイレもちょっと遠い。

 和徳の提案で所場代を1500円から1000円に下げて缶ビール1缶200円、焼酎1杯100円にすることにしました、

 飲まない人もいるのでとのことでした。

 今までは午前11時始まりだったのを10時始まりにしました。

 みんな朝早いのは大丈夫らしく和徳も仕事辞めたのでそうなったみたいです。

 自分が1時ころ行ったときは平山がダブルハコテン(マイナス60点)、珍しいねと言って次の会に入ったら今度は自分が

 ダブルハコテン、今回は布施の一人勝ちで最終的に120点以上稼いでいました。

 来週の月曜日も3週連続でやるみたいです、再来週はできないからと和徳が言い訳していました。




 仁神は写真ツアーで行った塩尻の高ボッチの写真を持ってきてくれました。

 北アルプスまではずいぶん距離があるのに槍ヶ岳の穂先までくっきり写っていました。

 仁神の槍や穂高の写真を見ながら、テレビでよく山やってるだろう、和子とあそこ行ったねと話しているんだ、もうちょっと

 登るのはきついけどね、なんて話しました。




 たけなわに着いたら店に食器が並んでいて長女のS子ちゃんがなんか買っていってくださいよと言っていました、

 自分は家で使えるようなものないなと断りましたが、仁神はおしんこのサンプルを買ってあげたようで、冷蔵庫なんかに

 入れて置いたら女房が間違えて出しそうだなんて話していました。


 1階の借主はまだ決まってないそうです。

 和徳に暇で困るだろうと話したら、台東区のスポーツ施設が200円で借りられるんだと言っていました、酒ばかり飲んで

 ないで体を動かすようになるといいのですが。

 「閉店のお知らせ」が外に貼ってありましたので写真撮ってきました。


 「68年」続いていたんですね、やむを得ないこととはいえ残念だったですね。




 「お知らせ」にもありますが、5期は古希を迎えます。

 15期は還暦ですね。13名とはよく集まったね、5期は中大付属出身者が多かったのがまとまりがいい原因でしょうが

 (麻雀参加者のうち和徳、仁神、布施が中大付属、和徳と仁神に至っては小学校の同級生だから)、15期は中大杉並出身者、

 特に女子が多いのが特徴だったね。




         ★ 届いたメールから 


中野(7期)から

 「お世話になります。大菩薩峠での懐かしいお顔拝見しました。お元気そうでうれしかったです。

 話は変わりますが、私事、当研究所に約45年勤務しましたが年内で退職します。

 長い間、メールを頂きありがとうございました。

 おかげさまで中大速記研究会とつながりが切れず、皆様のご活躍の様子を拝見しておりました。

 感謝しております。

 今後は週に2~3回、母の入居施設でヘルパーのボランティアを考えております。

 お二人がいつまでも健康でありますように願っております。なお、自宅の電話番号、
住所は変更ありません。」


とメールが来たので

 「45年か、ご苦労様でした。ずいぶん昔に聞いた覚えがあるけど、けっこう家族の介護が大変そうだった、お母さんの介護ご苦労様です。

 仕事辞めて連絡できるメールができたら教えて、メールだと連絡楽だから。」

と返信しました。








 15期生会を開催 (15期生  八王子 ジョン  H28.11.14)



 11/12土曜日、神保町で15期会を開催しました。

 今回の幹事は島本氏。13人が元気に集まりました。

 全体会は毎年、分科会はちょくちょく、との提案に、みんなで賛同! 分科会は、地域ごとのグループのことです。

 数名で「集まろう!」となったら、全員に日程と場所を伝えて、「来られる人はどうぞ」という具合です。

 日程調整も、全員を考えると難しくなりますが、このやり方なら、気楽に集まれるね、ということに。

 先輩方のたけなわ麻雀に倣った感じです。

 今回たけなわ閉店に伴い、場所をどうしようかと思いましたが、私が、仕事の関係で集まりがあった時に何度か使った

 「青蓮」という中華料理のお店にしました。飲み放題付きで3
,000円会費でできます。

 神保町の駅から歩いて2分というのも、馴染みのある場所でいい感じです。


 15期も、還暦を迎える年となり、定年後のことや、年金のことも話題になりましたが、話し出すと若い頃の空気感が戻ってくるから不思議なものです。

 また次回の集まりを楽しみにして解散しました。

 集合写真は撮りませんでしたので悪しからず。

 次回はどーんと大きな企画がある予定です!

 またお便りします(*^_^*







 おじさん4人組大菩薩登山 (5期生  I.T どった君  H28.11.9



 「10月27日快晴の中雨男を返上した小川布施仁神土田のおじさん4人組で元気に大菩薩に登ってきました。」

 とメールを送ったところ


殿下(5期)から

 「大菩薩峠の写真拝見しました。

 素晴らしい青空のもとでの登山で良かったですね。
 
 私の方は手術後、浸出液の滲みだしがあったので、まだ養生しています。

 先月は土田と同様、仁神の写真展を見に行きました。

 藤の花の写真は凄いと思いました。

 皆さんによろしくお伝えください。」




笠井(13期)から

 「みなさん元気で何よりです。

 私も今年は金時山、鳴虫山、日向山、木曽駒ヶ岳と涸沢には5月と9月の2回も行くことができました。

 体の調子がいいと気持ちも楽で、一歩一歩もスムーズに進むことを実感しています。では、また。」



(とメールが届いたので

 「笠井のHPは楽しみによく見てるよ、元気に山登りしているようでいいなといつも思っている。

 エッセーの「私の投稿」は笠井が投稿したのかな。」



 と返信したところ



●笠井から

 「あの投稿は妻です。

 妻の思いは私よりずっと重いんだと思います。

 私も複雑ですけど」



とメールが来ました。

 (笠井のHPはこのHP(http://ryudo-ken1962.private.coocan.jp/)の「会員のお店など」の4番目

 「ようこそ私の写真館へ」をクリックし、開いた画面の右上「
yukiogg.com/」をクリックすれば

 見られますので覗いてみてください、きれいな写真が見られますよ。)




市川(6期))からは筑波山に行ってきたと

 「今日は朝から天気がいいので筑波山を歩いてきました。

 勿論ケーブルで上がり、ロープウエイで下り、歩いたのは男体山と女体山の間だけです。

 写真は筑波山大御堂と筑波山神社 まだ紅葉には少し早かったですが、女体山と男体山はなんとか。

 最後は筑西方面の関東平野です。」



と写メールが来たので

 「昨日からいい天気が続いているね。

 朝から出かけて4時前に帰ってこれるのか、近いんだ。

 紅葉にはちょっと早そうだね。

 うちらもケーブルカーで上がって下りは歩いた、ちょうど紅葉のいい時行ったのできれいだった覚えがある。

 石澤がケーブルカーとロープウエーじゃもったいないねと言っていた。」



と返信しました。








 最後? のたけなわ麻雀(5期生  I.T どった君  H28.11.1



 10月31日(月)たけなわ最終日(たけなわは休みでしたが和徳の長女のS子ちゃん

 話だと11月1日に外に「閉店のお知らせ」を出すそうです)


 和徳平山内田布施仁神土田(5期)、関根(6期)のレギュラーに上林(同)も

 久しぶりに加わって2卓でマージャンを楽しみました。

 S子ちゃんも入って全員集合だったので、倉澤(5期)がいればなとみんな思いました。

 とちゅう市川(6期)が佃煮を買いに来たと顔を出してくれました。

 和徳が市川はよく顔を出してくれるんだと感謝していました。



 会ってすぐ和徳にほんとに店閉じるの、連日満員だったろう、6期生会(25日)の時なんか

 燗酒なくなっちゃったもんねと言ったら、和徳曰くこんなに花もらっちゃやめないわけにいかない

 だろうと言っていました。

 座敷が赤い花でいっぱいでした。

 そこに上林が先日の6期生会の写真とみんなのコメントを色紙に貼ったものを添えていました。

 写真を撮ればよかったのに全く失念したと帰りの地下鉄で思いました。



 晴太さん(3期)も顔を見せてくれたそうです、10月8日は仕事の都合がつかなかったそうです。


 内田が腰が痛いと6時過ぎに帰り、仁神も続いて帰りました。

 和徳が今度2階で麻雀やるから机上げなきゃというからしょうがないから残っていようかと思ったけど、

 冗談だよ、業者に頼むよというので、じゃあ帰ろうと7時過ぎに帰ってきました。

 その時点の成績は布施がダントツのプラス、続いて関根、上林は予定通り? 2回ハコテン、

 大金持ってきたようですが、あと2回やっただろうからどうなったか。



 たけなわの1階は貸店にするようですが、2階は今のところ空いているので当分2階で麻雀はできそうです。

 ただ曜日はわからないと和徳が言ったら、平山はやっぱり月曜日がいいな、そういう習慣になっているのでと言っていました。








 仁神(5期)の写真展 (5期生  I.T どった君  H28.10.28



 10月25日(火)銀座で開かれていた仁神が入っている「下井草写友クラブ」の写真展に和子と一緒に行ってきました。

 仁神の写真は予想以上に素晴らしかったです。

 足利フラワーパークと栂池の風景が全紙の写真に表現されていました。

 写真展には布施殿下内田丸山藁品ら5期生、石原(6期)が見に行き、藁品は写真展のあと仁神と一緒にたけなわに寄ったそうです。




 宮内夫妻(9期、10期)もたけなわに寄ったようで

 「かわいい小鳥の写真をありがとうございます。

 いつもメールはいただいていましたが、写真は添付されていませんでした。

 どういうシステムになっているのかしらね?

 (このメールをもらった後分割して送ったところ届いたみたいです。)




 金曜日に宮内と江戸川橋にある、講談社の美術館による横山大観展に行って来ました。

 そのお庭にカリンの大木があって、大きな実をたくさんたわわに付けている様子が何ともファンタスティックで、しばし見とれてしまいました。

 ちょっとアンリ・ルソーの世界を覗いたような気がしたけど。

 その後、田原町の「たけなわ」に伺ったのですが、ちょうど昼食の混んだ時間になってしまい、申し訳ない思いでした。

 たけなわ御膳をいただきながら、こんなに繁盛しているのに閉店はもったいないねと宮内と話していました。

 でも、これまで一生懸命お店を守って、お休みも思うように取れなかったことを思うと、これからは奥様とゆっくりなさるのがいいですよね。

 浅草は中国人らしき団体が観光バスで来ていて、平日なのににぎわっていましたよ。」




 鈴木(5期)からは写真が届いたとメール

 「HP10/23、添付ファイルとともに受信しました。

 容量を配慮して頂き、ありがとうございました。

 ジョウビタキという鳥は綺麗な翼を持っていますね。

 知らない鳥が多く、見分けがつきません。

 知っているのはホオジロ位で、ホオジロに種別などあることは知りませでした。

 イエローコスモスは一般に少なく、巷ではあまり見かけません。

 今後ともよろしくお願いいたします。」

(写真が届いたみたいでよかった、今回は一人ずつ送ったので良かったみたいです。


 ミヤマホオジロはなかなか見られない鳥なんでそれが群れて見られて興奮したよ。と返信)







 久々の鳥見旅行 (5期生  I.T どった君  H28.10.22



 ありがとうたけなわも終了して余裕ができたので、10月16日(日)から新潟に行ってきました。

 16日は和子の新潟の親戚のところに寄ったあと新潟に1泊、翌日粟島に向かいました。

 皆さん粟島ってご存知ですか、一昨年4月山形の酒田から飛島に渡ったとき、新潟寄りに粟島という島があり、

 そこも鳥が来るというので機会があったら行ってみようと思っていました。

 去年佐渡島の帰りの船で左後方に見えたのでその思いを強くしました。




 飛島も粟島も日本海の孤島で春や秋の渡りの途中でいろんな鳥が見られます。

 飛島の時は春の渡りで南から夏鳥が飛んで来て、冬鳥が去っていきますが、今回は秋の渡り夏鳥が去っていき、冬鳥がやってきます。

 エゾビタキやコサメビタキはちょっと前東京近辺で見ましたが、それが大量に近辺で見られます。

 冬鳥でなかなか見ることができないミヤマホオジロが次から次に出てきて19日(水)帰るころにはもういいほかの鳥が見たいというような感じでした。



 天気は予報では17日(月)18日(火)と雨でしたが小雨がちょっと降るくらいでラッキーでした。

 19日は海岸沿いの道を歩きましたが快晴で気持ちよかったです。

 そこでは冬鳥のジョウビタキが次から次と現われてこれまたもういいという感じで、何しろ大量に出てくるのには驚かされました。

 冬鳥ではほかにシメやアトリガ見られました。



 粟島は海に囲まれているのでほんとうに魚が新鮮で、民宿に泊まりましたがお刺身がコリコリしていました。

 わっぱ煮という熱した石を入れた郷土料理も野趣があって面白かったです。

 ただこの季節観光客が少ないので休んでいる店が多く、昼飯を食べるのに苦労しました。

 島に渡った17日(月)何かおいしいものを食べようと思って店に入ったら煮魚なんかは売り切れで何にもありませんと言われた時には参りました、

 そこ一軒しか開いている店はなかったので何かありませんかと頼んでラーメンを出してもらって何とか腹の足しにしました。



 去年佐渡の帰りは新幹線の駅弁が売り切れていて参りましたが、今回は大丈夫で堪能して帰ってきました。



 旅行中、中大箱根駅伝88回連続出場ならずのニュースを見て、残念だな、小俣さん(3期)は応援に行かれたのかな、

 がっかりしているだろうなと和子と話していましたが、落ち着いたコメントがHPに掲載されていてさすがですね。




 来週はいろいろ予定が入っています。

 25日(火)は5時からたけなわで6期生会が開かれ吉見も来るというので参加しますが、

 その前に仁神(5期)の富士フォトギャラリー銀座で開かれる写真展に行ってこようと思っています。




 27日(木)には昨秋雨で延期になった大菩薩山行の予定です。小川布施仁神土田が参加予定。







 箱根駅伝予選会11位 (3期生  .  元・校長先生  H28.10.16



 立川へ応援に行ってきました。

 今日は秋晴れで行楽には最高の天気ですが、ランナーにとっては気温が高く、普段の力を出せなかった選手が多かったように思います。

 連続出場が途切れてしまったのは残念ですが、現有勢力では力を発揮できたと思います。

 各校12人の内、上位10人の合計タイムを競うわけですので、外国選手を擁する学校はタイムを稼ぎ、

 下位の選手のタイムを補うことができるので、断然有利になります。

 中大は10番目の選手がゴールしたのが9番目だったので、もしかしたらぎりぎりで通過かなと思いましたが、

 中大より下位だった日大が1位ゴールのワンブィ選手のタイムのおかげで繰り上がったわけです。

 会場では予選会通過が厳しいとの危機感からか、以前にも増して、のぼり旗や年配の卒業生が目につきました。

 藤原監督が就任した4月から半年余り、評価の低かった状態からここまで引き上げたのは監督の指導力によるものだと思います。

 以前は同好会的な存在だったようです。

 監督も常時シード権校になるまで5年、優勝まで10年との長期構想のようです。

 心配なのはシード権のない学校には優秀な選手は集まりにくいのが現実です。スカウトがうまくいくかどうかが大きく左右します。

 東海大のようにスーパールーキーをたくさん集めれば戦力になりますが、そう簡単にはいかないでしょう。

 3年が5人で2年も力不足、1年は将来戦力になる選手が多いのですが、全体としてバランスがとれていません。

 せめて各学年10名で競う合う体制が取れないとシード権はなかなか取れないでしょう。

 藤原監督を信頼して今後の復活への頑張りを期待します。








10月8日 “ありがとう たけなわ” の出席について (5期生  I.T どった君  H28.10.8


 ●進藤さん(4期)

 昨7日電話がありました。

 8日は卓球の試合が入っており、調整したけど休めないので出られないと。

 年間200試合くらい卓球の試合に参加されているそうです。

 11月6日 泉妻さんが出てくる予定なので集まりますから詳細決まったら声かけますよ と言ったら待ってるよとのことでした。


 宇野(7期)

 「10/8 「たけなわ」ですが、組内の運動会の打ち上げで40人の予約が入っていて準備のため東京へ行けません。

 皆様に宜しくお伝え下さい。

 先日長野県に住む村瀬から電話があり、

 お孫さんのピアノの発表会が下田市であり宿泊と練習場所を確保したい

 との事を照会いただいたのですが、あいにく案内がないので、下田で会計事務所を経営している勝田君を紹介しました。

 どうなったかな?

 7月以降 糖尿病の宣告で(ウオーキング)やら、腰椎狭窄症を患い(腰にゴムベルト巻き)

 いよいよ、加齢の洗礼をうけています。

 運動をしなきゃいけないけど、腰に鉛を背負っている感じでウオーキングの途中痛みを伴うので

 すくんでしまったり、同じ姿勢を2分も保てられない状態です。

 血糖値HDa1c7月はじめは12%で9/22は7.4%です。血糖コントロールは出来ているので、なんとか6%台にしたいと思ってます。」


 ●高岡(12期)

 和徳の話で、

 高岡は8日来られないので、6日(木)東京に来たついでに夕方寄ってくれたそうです。

 その日のうちに新潟に帰る予定だと。








 10月8日 “ありがとう たけなわ” の出席予定者 (5期生  I.T どった君  H28.10.3



 10月3日現在の出席予定者は

 3期
佐賀田さん)、

 5期
山下、小川、布施、平山、仁神、土田)、

 6期石原、市川、春田)、

 7期
高橋、岡野、中村薫、石澤)、

 10期成毛)、

 (以上15人)

 出席予定だった泉妻さん(4期)はお寺の役員会が入って欠席になってしまいました。

 11月6日(日)にクラス会で上京するので会いましょう


 とのことでしたが、今までだったら「たけなわで」ということになるのですが、どこか探さなければならないので大変です。



 9月26日(月)たけなわ麻雀で布施、平山、仁神はリクルートしましたが、内田(5期)は孫たちと鴨川シーワールドへ行くのでダメと。

 関根(6期
))旅行中で欠席、前にカナダへ行くと言っていたからカナダへ行ったんでしょう。


 今回出席できない人たちもたけなわは10月29日(土)まで営業するそうですので、ジョン(15期)のようにてんぷらを食べに行ってやってください。



     届いたメールから 

  《 出 席 》

小川(5期)


 「返事が遅くなってしまったけど、無論参加です。

 「たけなわ」は、卒業年まもなくから なんだかんだと集まったとこであるし、何よりも和徳が現役リタイアしてしまうのが残念!

 こちらは、リタイア後も頭と体が動くうちは、何かしら働き続けたいと思っていたが、所属する弓道会の「50周年記念誌」の編集制作、発行の仕事も昨年終わり、

 昨秋から今年と月日がかかってしまった家のリフォームも終了したので、この8月から働く機会を得て、また働き出した。

 横須賀市役所で「マイナンバーカード」交付に関する業務で、週3日~4日の勤務。前職の時は企業対企業の仕事だったわけだが、

 今度は市民個人と直接対する仕事で、ま、それこそ老若男女いろいろな方たちと相対するので面食らうことも!?


 10月のシフトが決まったのが昨日で、返事が遅れてしまった。

 10月8日当日は出勤日に当たったので、横須賀から向かうと、開宴の18時には間に合わず、2~30分遅れくらいになるのでよろしく。

 そんなわけで、「大菩薩行き」も10月末の27日か28日 OR 11月4日を候補日としたいと思いますが、皆さんのご都合はいかがでしょう?」



  《 欠  席 》

松丸さん(4期)

 都合つかずとたけなわに電話、パソコンの調子が悪くて土田に連絡つかないのでとのことでした。


鈴木(5期)

 「たいへん遅くなりましたが、10月8日の「たけなわの集い」、残念ながら所用のため参加できません。

 「たけなわ」を利用されていたお客さん、地元の方々、取り巻く多くの方々は寂しく残念に感じていらっしゃることと存じます。

 
いつも、メールを頂き、ありがとうございます。野鳥の写真とコメント、楽しみに拝見し、元気を頂いています。

 なかなか鳥名とその姿態が覚えられませんが、今後ともよろしくお願いします。

 8月15日以降のメールに添付写真がついていなかったのですが、再送して頂ければ幸いです。」


(再送したけど着いたかな。)


吉見(6期)

 「お久しぶりです。

 たくさんのメール有難うございます。そして 素敵な写真も有難うございます。

 
ありがとう会に 欠席 します。連絡が遅くなってすいません。

 耳の不調がなかなか改善しません。落ち込んでいます。

 昨日も今日も 雨・・雨・・・

 体にカビが生えそうな・・

 8日は賑やかで楽しい1日となりそうですね。」


高島(9期)

  ありがとうたけなわの出欠調整おせわさまです。

 
当日、私は地域のまつり担当になっており、出席できませんが10月16日閉店(?)までには宮内と共に、お店に伺いたいと思っております。

 どうぞ皆さまによろしくお伝えください。」

 
(たけなわは29日まで営業予定なので行ってやってください。)








 たけなわに行ってきました  (15期生  八王子 ジョン  H28.10.2)


 おはようございます (*^_^*)

 昨日、夫とたけなわで昼食を楽しみました。

 和徳先輩もお元気そうでした。

 美味しい天婦羅に舌鼓。

 「8日の会に参加できないので、諸先輩方にどうぞよろしく」と店を後にしました。

 たくさんの思い出が詰まった「たけなわ」に乾杯!  ありがとうございました。







 老人週間は動物園巡り (5期生  I.T どった君  H28.9.22



 老人週間は動物園が無料になるのでうちらは毎年動物園巡りをします。

 9月15日(木)は多摩動物園、タスマニヤデビルが6月に来たので見たかったのですが、隠れていて残念ながらちらっと

 動くのが見えただけでした。


 16日(金)は上野動物園、ゴリラがお目当てでしたが、子供たちは3つと7つになり、かわいい時期は過ぎてしまいました。

 17日(土)は連休初日で動物園は混むので多摩川の関戸橋で探鳥、川に飛び込むミサゴと高鳴きするモズが見られました。

 18日(日)は朝早く布施(5期)が昨日そば打ちの会で打お蕎麦を打ったのでと持ってきてくれたので、お昼おいしくいただきました。

 午後雨の止んでいる間に和田堀まで走って行ってカワセミに出会えました。


 19日(月)は井の頭自然文化園、囲いの外にいるコゲラと囲いの中のコゲラがくっつきあったり、ドラミングをしあったりして、

 まるで禁断の恋みたいで、ちょっと切なくなりました。

 
20日(火)は台風接近なので出かけず近くのプールへ。

 21日(水)は先日見なかった上野動物園の西園へ、サイやカバの大きさに感激し、少し動くようになったハシビロコウを見てきました。

 動物園は老人が童心に帰れるいいところですよ、皆さんもたまには足を運んでみてはいかがですか。

 10月1日(土)は都民の日で動物園は無料です。



 10・8 ありがとうたけなわ の出欠

  《 出 席 》


山下(5期)

 「いつもメールいただきありがとうございます

  返信もせず失礼し申し訳ございません

 10月8日 是非出席させていただきます

 宜しくお願い致します」


(7期)

 「「ありがとう・たけなわ」に、なんとか参加できそうです。

 よろしくお願いいたします。

 さびしい限りですが、和徳さんには、本当に長い間、お疲れさまでした、

 ありがとうございました、とお伝えしたいですね。

 これからは旅行三昧か、あるいはのんびりと過ごされるのでしょうか。

 厨房での立ちっぱなしの日々から解放されることで、羽を伸ばして、というか、ゆっくりと脚を伸ばしていただければ・・・。

 ということで、よろしくお願いいたします。」



  《 欠  席 》


中田さん(2期) (お手紙)

 「いつもメールをありがとうございます。

 小生は、相変わらず平々凡々の生活を送っておりますが、これでも本人は人生を楽しんでいるつもりなんですーーー。

 さて、この度は「ありがとう!たけなわの集い」開催のご連絡を下さいましてありがとうございます。

 米倉君がお店を閉めることにしたとのことをお聞きして、何か感慨深いものを感じました。

 卒業以来、速研の集まりといえば、まず、たけなわでのことが様々思い浮かんでまいります。

 「いつも、おいしい天ぷらをごちそうさまでした。長い間、ほんとうにお世話になり、ありがとうございました。」

 とお伝えくださいますようお願いいたします。


 〈出欠について〉

 現在、日常生活では問題ないのですが、少々体調不安のところもあり、遠方への外出を控えるようにしておりますので、

 誠に残念ですが、欠席いたします。

 どうかご出席の皆様によろしくお伝えください。

 末筆ながら、皆様のご健勝と御多幸を心からお祈り申し上げます。」


殿下(5期)

 「連絡が遅くなり申し訳ありません。

 たけなわには、いろいろお世話になったので、ぜひとも出席したいところですが、

 あいにく10月3日から1週間、右臀部の皮下腫瘍摘出手術で入院をすることになっているので出席できません。

 手術は4日の午後全身麻酔で行うことになっていて、術後の経過がどうなるか分かりませんので欠席します。

 7月末に鼠径ヘルニアの手術をしたばかりで、こちらの方は経過順調ですが、臀部の腫瘍は座ると違和感があるので

 摘出してもらうことにしました。


 良性の腫瘍なのであまり心配はしていませんが、体にメスを入れるので大事をとらせてもらいます。

 残念ですが出席者のみなさんによろしくお伝えください。」


上林(6期)

 14日(水)たけなわで石原(同)と和子と4人で飲みました。

 上林はたけなわに来る前湯島の岩崎邸から下町巡りをしてたけなわのそばで銭湯に入ってきたそうです。

 10月8日は奥さんと一緒に大曲の花火を見に行くのでダメなんですと。

 大曲の花火は夏のはずだけど、泊りは角館というから特別イベントなのか、奥さんと一緒に行くんだから

 楽しんでおいでと言っておきました。



山﨑(10期)

 「10月8日の件ですが、この日は私の結婚記念日ですでに家族等で予定を組んでおり外せません。

 大変残念ですが欠席となります。」


りつ子さん(14期)

 10月8日は都合つかず欠席。

 「たけなわにはさまざまな思い出があり、なくなってしまうこと、本当に残念です。

 後継者不足というのは、どこの世界にもあり、これからますますこういう寂しい話がふえていくのでしょうね。」

  とコメント。







 ありがとう たけなわ (15期生  八王子 ジョン  H28.9.12)


 こんにちは

 たけなわのことを大変残念に思っているひとりです。

 先日、サントリーホールでのコンサートに行く前に田原町に足を伸ばそうかと夫と計画しておりました。

 土田さんから、電話してから行った方がいいよ、とお知らせいただいていたので、念のため出かける前に電話をしました。

 悪い予感的中! 先輩が電話口にでてくださいましたが、ちょうど土、日、月とお休みにした、とのこと。残念でした。

 またの機会に、と思っています。

 次のコンサートは10/1。東京国際フォーラムなので、田原町へはすぐ行けます。この日を狙いたいです。

 8日は皆さんどうぞ楽しいひとときを! 仕事で行けず残念です。







 10月8日 “ありがとう たけなわ” 出欠(その2)(5期生  I.T どった君  H28.9.10


     《 出 席 》


 市川(6期)


 「[10・8 ありがとうたけなわ]には出席します。

 たけなわは公式の集まり以外にもプライベートで時々寄らせて頂いたので寂しい限りです。

 でも和徳さんも長年頑張ってこられたのでいい時期かもしれません。

 本当にご苦労様といいたいです。


 私は18きっぷの残りをつかって佐久広瀬駅で駅弁を食べようという勝手なテーマを作り小海線に乗ってきました。

 ついでに中込によってピンコロ地蔵も拝んできました。

 御利益どうですかね? 

 緑の中に立つ白い小屋が駅舎です。最後は野辺山駅からみた赤岳の勇姿です。

 誠に申し訳ありませんが今回も写真添付されていません。」


(「出席できるとのことよかったです。来年の花見の集合場所どうしようかね。

 佐久広瀬はたぶん降りたことはないと思う。ピンコロ地蔵は人気高いだろうな。赤岳はいいな、また見に行こう。

 写真分割して送るけどどうだろう。」

と返信。



 「写真有難うございます。シギにもいろんな種類がいるんですね。

 トンボといえば佐久では赤トンボが元気にとんでいます。

 のんびり眺めていると2時間ぐらいの列車待ちも苦になりません。」




 高橋(7期)


 「108ありがとうたけなわ・・・・出席します

 たけなわがなくなってしまうなんて本当に寂しいです。

 たけなわでのいろんな場面が
思い出されます。

 「長い間お疲れ様でした。」の一言です。」

 10月8日、よろしくお願いします。

 土田さんにはお世話になりっぱなしです。ありがとうございます。」



 岡野(同)


  石原(6期)経由で「10月8日出席したい」

 と連絡がありました。



 成毛(10期)


 「休暇をとり、参加します。

 築地や49白門会の帰り、花見等あの天ぷらが食べられないとは…代替はあるの?非常に残念!!」





     《 欠  席 》


 ジョン(15期)


 「いつもお知らせありがとうございます。

 先輩がお元気そうでなによりです。

 たけなわのことはさびしいですね。

 10/8は夜間学級の体育大会で、終わってから八王子まで引率して帰らなくてはならないので、参加できないのが残念です。

 ご盛会を祈っております。

 10月末までには、一度お伺いするように予定を調整してみようと思います。

 9月中に行けるかもしれません。コンサートに出かけるついでに浅草まで足を伸ばすこともできると思います。

 もちろん、店先で「閉店」の話は禁物ですね。承知しております。ご心配なく。


 暑さ厳しいだけでなく、突然の大雨や台風の影響など、いろいろありますが、ご自愛くださいますように。」




 9月12日(月)は3週間ぶりのたけなわ麻雀、メンバーは全員集まるそうですが、

 自分は14日(水)に石原、上林(6期)とたけなわで飲む予定なので欠席、

 仁神(5期)に青森旅行(?)の様子聞きたかったけど…。



(管理人 : ★「ありがとう たけなわ」 の会合については、「各種お知らせ」 をご覧ください)







 10月8日 “ありがとう たけなわ”の出欠 (5期生  I.T どった君  H28.9.3



 泉妻さん(4期)、石原(6期)から出席と連絡。


 石原に、亡くなった速研仲間でたけなわと縁があった前田さん(4期)、村田さん(同)、倉澤(5期)、

松丸(6期)、長瀬(7期)、田仲(11期)と 佐竹先生の写真を大きく印刷してもらいました。

 10月8日持っていきますのでみんなで懐かしんで偲びましょう。



 吉川さん(3期)、吉岡(6期)から欠席と連絡。


 吉川さんは元気にされているそうですが、上京は難しいそうですが、

 「たけなわが店をしまうとのこと、僕なりにいろいろと感慨深いものがあります。

 和徳君には速記研究会のOBの立場からも、「本当にありがとう。ご苦労さんでした」と感謝とねぎらいを言っておきたいと思います。」

とコメントがありました。



 吉岡からは、ここのところ体調が悪く今年は大曲の花火も行けなかったそうです。

 土田さんも健康診断ちゃんと受けたほうがいいですよなんて言っていました。




 うちらは先日川越の伊佐沼でレンカクに出会えました。

 レンカクは南洋の鳥で日本ではめったに見られません。

 ただ残念ながらテレビで見るような蓮の上を歩く姿は見られませんでした。

 伊佐沼は平山(5期)の家から近いのですが、彼は鳥に興味ないようで、いいところに住んでいるのにもったいないですね。


 先週からラグビートップリーグが始まったのでその観戦も忙しいです。

 先週から秩父宮に3日、和子は2日、きのうも通いました。

 暑いですが、ナイターでビールがおいしいです、試合も熱戦が続いています、ただ去年まではペア券が2,000円だったのが

ラグビー人気で3,000円に値上げされたのは痛いです。



 仁神が9月1日からJRの5日間の格安切符で知床に行ってくると言っていたので、台風一過で天気は良さそうだけど鉄道は大丈夫かと

和子ともども心配していましたが、

 「恐れていたことが起こりました。

 新函館北斗迄は来ましたがその先は進むことができず、全て運休となっています。

 大沼公園のペンションに宿をとり、明日は青森へ戻ります。品行方正の筈ですが?」

とメールが届きました。

「それはかわいそう、でも天気はいいんだろう、楽しんできて。」

と返信しました。)


 仁神の通っている写真教室の写真展が10月21日(金)から27日()まで富士フォトギャラリー銀座で開かれ、

仁神の写真も出るそうですのでお暇なら足を運んでやってください。



(管理人 : ★「ありがとう たけなわ」 の会合については、「各種お知らせ」 をご覧ください)






 “ありがとう たけなわ”の集まり (5期生  I.T どった君  H28.8.24



 連絡が遅くなりましたが、たけなわが10月いっぱいで店を閉じることになりました、どうぞ皆さんお暇なときに寄ってやってください。

 月曜日が定休日ですが、臨時で休業することも増えているみたいですので 電話 
(03-3844-4266) してから行ってやってください。

 ただ閉店のことはまだ発表してないのでお店では大声で言わないようにお願いします。



 たけなわでは速研の集まりをよくやりました。

 OB会、仲間の結婚祝い(内田石原山下上林)、偲ぶ会(松丸田仲長瀬)、オフ会、花見の会の集合場所・2次会等、

 何かあるとたけなわで集まろうという話になりました。


 最近は雀荘たけなわ、22日(月)は大雨にもかかわらず和徳平山仁神布施土田関根参加、麻雀が好きなんだろうな。


 そんな場所がなくなるのは寂しい限りですが、これも時間の流れ、仕方ありませんね。

 そんな思い出の場所たけなわに感謝して集まろうと思います。



 10月15日くらいがいいと思いましたが、

 和徳が都合が悪いというので

 10月8日(土)午後6時から 開く予定にしましたのでどうぞお集まりください、

 3連休初日で都合悪い方がいたら申し訳ありません。

 料金は感謝を込めて1万円にしたいと思います。

 9月中旬に出欠確認のメールを入れますのでよろしくお願いします。



 (管理人 : 「各種お知らせ」 のページもごらんください)





 たけなわ麻雀 (5期生  I.T どった君  H28.8.13



 8日(月)は先週に続いてのたけなわ麻雀、参加者は和徳仁神平山関根土田

 布施は引っ越しで欠席、たまたま今日引っ越し通知が届きました。内田は用があると欠席。


 仁神とは4日(木)和子と一緒に石神井公園の探鳥の帰りバス停でばったり会いました、彼は家がリフォーム中でうるさいので石神井公園に散歩に来たところだったそうです。

 バスに同乗して下井草で降りて喫茶店で雑談、彼は毎週ここでビーフシチュウを食べるというので、美人でもいるの? と冷やかしました。


 たけなわで、HPを見たら小俣さん(3期)が富士山登ったそうだ、元気だねと言ったら、仁神がとても足が上がらないなと感心していました。

 自分は富士山は見る山で登る山でないと思っていましたが、山好きだった兄が亡くなったので6年前に慰霊の意味で登りました。

 8月末だったので秋空で雲がきれいでやっぱり富士はいい山だなと思いました。



 関根が津和野から安芸の宮島を回ってきたと宮島まんじゅうを持ってきてくれました、おいしかったです。


 和徳が朝飯は食わないなというと、平山は俺は食べてくるよ、うちは早寝早起きなんだと言うので、農業でもやったらいいじゃないかと言うと、そんな田舎じゃないよと怒っていました。


 麻雀の成績は平山が断トツのプラス、仁神が断トツの落っこち、平山と関根は朝11時から夜9時半ころまで麻雀やりっぱなし、体に良くないね。



 うちらは暑さにめげず鳥三昧。

 7月30日(土)は井の頭公園でカイツブリのヒナ6羽に出会いました。新宿御苑で5羽のヒナを見たことがありましたが、6羽は初めてで感激しました。

 この日は和子は体操があって行けなかったので翌31日一緒に見に行きましたが、2羽減って4羽しか見えない、4羽のうち1羽はすごく小さくておぼれそうと思って見ていたら、なんとカルガモの大きくなったヒナに食べられてしまいました。

 8月5日に見に行ったらヒナは1羽になってしまい、ヘビやカラスにやられてしまったみたいです。

 6日(土)には日野の多摩川でツバメのねぐら入りを見ました。

 日が暮れてくると空が真っ暗になるくらいツバメが飛び交い、河原のアシの中に飛び込んでくる、その迫力に感動しました。

 9日(日)には狭山市の広瀬神社でアオバズクのヒナ2羽が真近に、首を回すのも見られ和子ともども感激しました。



 りつ子さん(14期)、徳永の写真ありがとう。

 老けたけど、写真を見ると昔の顔が浮かぶね、元気そうで何よりです。




 市川(6期)から写メールが届きました。

 「当方は4日から2泊3日 18きっぷで豊橋・名古屋方面へ出かけました。

 豊川稲荷で弟家族との忘年会の旅館下見をかねて(奈良在住のため中間かな?) 

 1枚目は奥の院の霊狐塚・2枚目は
豊川駅前のモニュメントつぎは常滑市のでんでん坂の床と土管坂 どち らも廃棄した土管や焼酎甕でできています。

 日常のなかの芸術ですね。

 5枚目は名古屋城金の鯱 でも城は石垣に時代の流れや歴史を感じます。

 天守閣からナゴヤドームを眺め岩瀬や浅尾は良かったなあと これも時代の流れなのか さいごは半田市の半田運河です。

 土田さんも暑い中歩き回ってるようですが熱中症には十分気おつけてください。」

(「豊川稲荷は赤坂見附にあるやつは行ったことがあるけど、本物は行ったことがない。

 写真は一番最後のが趣があっていい、半田運河か、この間は小樽の運河、いいねいろいろ歩き回って、元気で何より。」

 と返信。)



 岡田(7期)から久しぶりにメールが届きました。

 「毎日暑いですね。「トンボの後ろのカマキリ」はドラマチックかつスリリングな画像で、見たとたんに血圧がちょっと上がりました。

 次にどんなシーンが出現したのか、聞きたいような聞きたくないような・・・。」

 
(「東京に比べるとそっちはいいんじゃないかな、東京はエアコンの熱が外に出されコンクリートで熱がたまりたまらないよ。

 カマキリは残念ながらトンボを狙っているわけではなかった、石澤が言うには左側を通ろうと思ったけどトンボが邪魔だったんじゃないのとのことだった。」

 と返信。」







 中州で徳永氏に会いました (14期生  R.Y 旧姓K  南区のりつこさん H28.8.9


 旦那と九州旅行に行き、8月6日土曜日。夜6時に待ち合わせて、中洲で徳永氏と会いました。

 徳永氏は、現在、中洲と祇園にコンビニ店を2店舗、経営してます。

 前回会ったときも聞いたんだけど、本当にコンビニの経営って大変。

 だって
365日、24時間営業でっせ。盆も暮れもないんです。

 徳永氏は、奥様とお二人でこの2店舗、切り盛りしておられるんだけど。

 お休みが1週間のうち一日もなく、朝8時から夜
10時までは、細切れに休めても、仕事のことは頭から離れることはないという。

 奥様も朝8時から中抜けあっても、基本夜8時まで
365日働いておられます。

 還暦過ぎて本当によく頑張っているけど、体には気をつけてもらいたいな。



 今回話をして、お互いまだまだ速研について知らないことも結構あったりしておもしろかった。

 彼がお父様の転勤関係で、高校を全て県立ながら、3年間に3度も転校したっていう話は初めて聞きました。

 うちの同期は「消息不明」が多くて誠に残念。

 徳永君も福岡からは出られないしなぁ。


  写真、撮りましたよ。ごらんください。








 富士登山 (3期生  .  元・校長先生  H28.8.3



 1日から2日にかけて2度目の富士登山に出かけましたが、残念ながら悪天候のためご来光は拝めませんでした。

 参加者の中で一番の高齢者ということで、ガイドが先頭が楽だからと配慮してくれました。

 しかし、上っているうちに、きつくなってきたという人が前の方に移動したため、中ほどになってしまいましたが、何とか落伍しないで山頂まで行けました。

 山小屋は頂上に一番近い御来光館でしたので、上りにゆっくりペースで7時間もかかってしまいました。

 しかし、翌日の山頂までは最短の2時間で行けました。

 午前1時半起床、2時出発で、仮眠と言っても寝られません。

 天井裏のような所に大人の肩幅より少し広いスペースで、ほぼ気をつけの状態なので、寝返りを打つと隣の体に接触します。

 山小屋はそういうものだと理解していても、寝られないのは次の行動に支障が出てしまいます。



 6人の人が高山病の初期状態で登頂を断念してしまいました。

 私もあくびが出たので、若干酸欠状態だったようで、ガイドが深呼吸をするよう、みんなに注意を促していました。

 蝋燭の灯を消すように思い切って吹き出せば、たくさん空気が入るからと言っていました。

 60代と比べるとやはり体力が落ちていることを実感しました。



 それにしても、世界遺産に指定されたため、外国人だらけといった感があり、国際色豊かな5合目でした。

 中国を始め東南アジア系の人はしっかり山の装備をして来ていますが、ガイドなしで登頂しようとするアメリカ人は、サンダルで手ぶらです。

 ガイドが笑っていました。ガイド付きではそういう人たちは受け付けていません。

 ガイドは一人ひとりの状態を見ながらリュックの重さを手の感覚で量り、山頂まで「あなたは大丈夫、あなたは無理」と大雑把に判定していました。

 長年の経験でわかるのでしょう。悪天候でしたがいい経験ができました。



 (管理人 : いいなー。管理人はまだ富士山に登っていません。登りたいとは思いますが、

 とても自信がありませんので、行きません。小俣君の底力に脱帽です! すばらしい!)







 たけなわ麻雀 (5期生  I.T どった君  H28.7.19



 18日(月)は先週に続いてのたけなわ麻雀、和徳布施平山は先週から連続参加、内田土田関根と6人で楽しみました。

 1回目は和徳が大勝、2(西入で時間がかかりました)、3回目は布施が勝ち、珍しく関根がどん尻、

 4回目に関根が巻き返し、最後に内田が牌の数字を見間違えてチョンボ、後ろから和徳が見ていてメガネかけないからだよと。

 7時から最終回が始まって、平山は1時間ちょっとで終わるから土田待ってろよと言ったけどこの間8時過ぎから始めて

 結局10時半ころまでかかってしまったので、自分は帰るよと内田と一緒に帰ってきたので最終結果はわかりません。



 帰り内田に仁神からのメール見せてもらいましたが、仁神は京都でトロッコ列車に乗ってきたみたいでした。

 内田の扁額探しは「猫のあしあと」というブログの寺社案内を頼りにしていて都内は半分くらい終わり、早く都内を終わらせて地方に行きたいんだよと意気軒高でした。


 現在鳥の子育て真っ最中です。

 新宿御苑ではカイツブリのヒナがかえり、石神井公園でもカイツブリとバンのヒナがかえりました。

 カイツブリやバンの子育ては毎年見られますが、生まれたてのヒナはかわいくしぐさが面白いので追っかけはやめられません。

 それに加えて今年は珍しいヒナが見られました、

 八王子の城跡公園でコサメビタキ、石神井公園でツミ、オオタカ、それに今週末には狭山市の広瀬神社でアオバズクのヒナが見られるんではないかと期待しています。

 野鳥の追っかけは新たな発見があるので楽しいですよ。




 小俣さん(3期)は野球といいマラソンといい「中大愛」がすごいですね。

 自分も箱根駅伝に中大が出ないと正月の楽しみがなくて寂しいですが・・・




 石原(6期)と7月6日たけなわで和子と一緒に飲みました。

 午前中歯医者に行ってきたので昼食抜き、お腹空いたと天丼を食べていました。

 酒も歯医者に止められていたそうですが、けっこう飲んでいました。中性脂肪の数値がちょっと高いそうですが、元気でした。




 市川(同)から


 「メール有難うございます。最近、石神井公園に行ってないので今度行ってみます。

 当方は昨日道南の旅から帰ってきました。

 目的は函館本線の山線(長万部~余市・札幌)に乗ることです。宿は倶知安・夕張・函館・松前に取り、新緑の中を車窓旅です。

 小樽、函館以外は人出もなくのんびりできました。ただ夕張は廃屋が目立ち再建の道は厳しそうです。

 また松前は桜の時期でないので城歩きはミニハイキング気分ですし津軽海峡は晴天に恵まれ竜飛岬がよく眺められました。

 写真でわかりますか。

 1枚目は倶知安駅からみた羊蹄山です。

 次は旧国鉄手宮線跡・小樽運河・北運河の倉庫棟 夕張駅板 松前の唐津浜の波止場石

 最後は日高本線のサイドマーク(現在鵡川から先は不通なので鵡川から折返してきました)」

とメール。




 「元気そうで何より、しかしよく北海道行くな、うらやましい、余裕ができたら行くぞ!

 この季節の羊蹄山は雪がないんだね、手前の雪だるまがいいね。

 小樽運河は自分は行ったことがないけど、石澤はスケッチ旅行で行ったって。夕張の何となく寂しい看板いいね。」

と返信。



 さらに

 「最近、私も23区内の富士塚を見て歩いています。中には12メートルなんてのもあって面白いですよ。ただこの暑さ出るまでが大変です。」

とメールが届きました。








 駅伝主将の変更 (3期生  .  元・校長先生  H28.7.7


 駅伝ブログによりますと、4年の主将、副主将を更迭し、なんと1年生に主将と副主将が任命されました。

 覇気のない上級生に見切りをつけて、危機意識が高く、実力のある1年生の抜擢となりました。

 前代未聞の出来事です。

 普通ならありえないことです。

 それだけ深刻な内部事情があります。

 過去に日体の服部選手が3年生で主将になった時、話題になりました。

 この時も上級生の奮起を促す措置だったと記憶しています。

 藤原監督としては我慢の限界だったと思います。

 主力になるはずの上級生がけがや体調管理が甘く、主な大会に出場していません。

 先日の全日本の予選会の惨敗を経験して、ぬるま湯状態からの脱却を図る狙いがあると思われます。

 上級生にとっては屈辱的な措置なので、奮起するか、それともふてくされるか、今後の動向を注目したいと思います。

 予選会を突破できれば、このことを契機にチームが一つにまとまった証になると思いますが。

 そうなることを期待します。





続きを読む    このページのトップに戻る     HPのトップページに戻る