会員からのお便り

●中大速研OB会。この欄は、OB会員および在会したことのある皆様が、自由に近況報告やお知らせなどのためにご利用いただくページです。
●投稿には、タイトル・ ○○期生・本名・ニックネーム等も書き添えてください。メール以外の、はがき・手紙等でも結構です。
●この欄にお便りされる方は、ここをクリックしてください。「メッセージの作成欄」があらわれます。なお、CC欄は通常は入力不要です。件名には、タイトルを記入してください。

確認
    中大速研OB会の 「会員からのお便り」の「ここをクリック」等で、龍藤謙(またsagata)あてにメールをいただいた場合は、特に「転載不可」と明記がない限り、原則として「転載させていただきます」。あらかじめ、ご承知おきください。
 
万一、掲載後に削除を希望される場合は、ご連絡ください。 削除いたします。

写真について変更
  お便りに同載する 「写真」 は、今まではOBなど人物が写っているものに限っていましたが、 ホームページの容量に多少の余裕ができましたので、今後は、「花」 「景色」 など、人物が写っていないものでも1~2枚程度を掲載いたします。 ご活用ください。
  なお、メールに添付して送っていただく写真は、フルサイズのまま、送っていただいて結構です。ホームページに掲載するときは、必要に応じて、管理人において軽くさせていただきます。








 秋の公園歩き (5期生  I.T どった君  H29.11.10)



 やっと天気も落ち着き日差しもある日が続いているので、紅葉には少し早いですが、あちこち公園を歩いています。

 まだ冬鳥は少ないですが、寒くないのでお弁当をのんびり食べ、和子も暑いときはあまり描けなかったスケッチを

 たっぷり描いています。

 また4日(土)には日産スタジアムでラグビーのオーストラリア戦を楽しみました。

 前半は全然ダメでしたが、後半最後の姫野(トヨタ)のトライに感激しました。


 小金井公園でモズ、新宿御苑でマガモやオシドリ、昭和記念公園でジョウビタキのオス、メス、多摩湖で

 ホオジロやヤマガラ、善福寺公園でキンクロハジロ、コガモ、ジョウビタキ、キセキレイ、皇居のお堀で

 ヨシガモ、ヒドリガモなどに出会えました。カワセミにはほとんど毎日出会えています。




      届いたメールから 


 仁神(5期)から

 「長野は小谷村、小谷温泉山田旅館に来てます。

 月初めに温度下がりいっきに紅葉が進んだようです。

 昨日は雨飾山にも冠雪して冷え込んでいます。

 宿も慌てて石油ストーブをだしました。

 明日は鎌池をまわります。」

 と写メールが届きましたので、


 「天気も良くて紅葉も、よかったね。写真大きくして見たら雪被った山が見えた、雨飾山なんだろうな。

 雨飾山は単独峰で見晴らしがいい山なんだよ、登りたい山だったけど小谷温泉までが不便で諦めた。

 鎌池は紅葉の名所と書いてある、いい写真撮れそうだね。」


 
と返信しました。

 その小谷温泉から撮った新雪の白馬鑓ヶ岳の写真に添えて

 「ヒルトンの写真展ありがとうございます。老化防止と体力維持の為続けます。

 年一回の同窓会に利用ください。」

 とありました。

 
来年は待ち合わせていきましょうか、市川(6期)みたいに「15日に行けば皆さんに御会い出来たん

 ですね残念です」

 という声もありますから。ただ会場が混雑してしまうと困りますので方法を考えましょう。




 市川6期)から

 「HP読みました。15日に行けば皆さんに御会い出来たんですね残念です。

 でも仁神さんの写真の腕前たいしたものですね。驚きました。

 わたしは雨と検査入院などで落着きませんでしたが、今日は晴天に誘われて東武伊勢崎線多々良の木造駅を

 見に行ってきました。

 以前は川俣駅もよかったですが建替えで様変わりです。

 途中茂林寺に寄りタヌキ達に会ってきました。」


 とメールが届きましたが、前回と同じで写真が添付されていませんでした。

 その後工夫したのかやっと写真が添付されてきました。

 茂林寺は分福茶釜で有名なお寺なのでタヌキはわかりますが、なぜかタヌキは浴浴衣姿でした。




 宮内10期)から電話があり、

 土田さんがHPに書いたものを見たら1114日に墓参りに行くみたいになっていますが、

 自分らは
11日(土)に行くのですが14日に行く人がいませんか、土田さんのところに連絡はありませんでしたか

 
というので、

 だれか連絡くれるかとも思ったけど残念ながら来てない、

 もし
14日に行く人がいても命日なんだからそれはそれでいいんじゃないのと言っておきました。

 
11日は7人集まる予定だそうです。








  仁神(5期)の写真展 (5期生  I.T どった君  H29.10.21



 10月15日(日)新宿で開かれた「下井草写友クラブ写真展」の仁神の写真を見てきました。

 「里山」が主題で茨城南部の桜川市の満開の桜と1か月後くらいの田植えされた田んぼと麦秋の畑、

 「里山」の雰囲気はよく出ていましたが、田んぼにはサギがよく来るんだから入れてくれれば里山らしく

 なったのにと注文つけました。

 



 14日(土)には内田山下丸山(5期)、市川(6期)が来てくれたそうです。

 15日(日)は和徳布施土田(5期)、石澤(7期)が写真を見た後 仁神も誘って新宿西口の鳥園に

 久しぶりに行きました。

 「鯨かつ」があったので昔 吉川さんなんかと食べたねと言いながら食べましたが、昔のちょっと臭みの

 ある鯨かつの味とは残念ながら違っていました。


 石原(6期)とも久しぶりに鳥園で飲みたいねと言っていたのですが、石原は耳鳴り等体調不良で参加できませんでした。

 あと関根(同)も写真展見に来る予定だそうです。


 鳥園で和徳のところに平山(5期)から電話がかかって、写真展見に行くつもりだったけど調子悪いので行けない、

 翌16日に予定されていた麻雀も行けないとのことで、和徳がメンバーが足りないとぶつぶつ言っていました。




 写真展を見ながら中大が箱根駅伝に出られるとみんなで話しましたが、小俣さん(3期)は喜んでおられるだろうな、

 応援に駆け付けられたか、HPに載るだろうななんて話しましたが、やっぱり現場で応援されていたんですね。



 あす10月22日は倉澤(5期)の3回忌で、彼のふるさとの焼津のホテルで麻雀ができるところがあったので

 「追悼麻雀やろう」と計画しましたが、メンバーが揃わず、自分も体調を崩したので中止にしました。

 倉澤は麻雀が好きだったのでふるさとの焼津でやればいい供養になったのにと残念でした。




 また来月の11月14日が田仲(11期)の7回忌なので墓参りしましょうと宮内(10期)から連絡がありました。

 最初は参加するつもりでしたが、3週間前にインフルエンザにかかり(高熱が出て体の震えが止まらないので

 市川みたいに熱中症かと思いましたが医者に行ったらインフルエンザと診断されて驚きました)、

 その間に膀胱炎にもかかり頻尿が激しく参りました。そんなこんなで田仲のお墓参りは断りました。




 11月11日(土)に小川(5期)の企画で秋山ハイク、最初は霧ヶ峰行きを考えていたようですが、スケジュールが

 合わず御岳山、三頭山、陣馬山あたりに行くようです。自分はまだ体調がよくないので今回はパスすることにしました。




 泉妻さん(4期)からカイツブリの映像が見られたと葉書が届きました。

 「お彼岸の中日に石原正則さんからダーウインが来たのDVDが送られてきました。

 ホームページで、私が見られなかったと知ったので、よろしかったらどうぞということでした。

 翌日、息子にかけてもらいまして、孫達と一緒に見ました。


 石原さんにもお伝えしましたが、孫達は、親鳥の羽の中に子供達が隠れるのが一番可愛かったと、

 又ヘビが水の中を泳いで巣をねらったときには、「あー、ダメだよ、ダメだよー」と叫んでいて、

 親鳥に退散させられていったときには、ホッとしていました。

 七十過ぎた私と、四才、六才の孫達が、同じように新しい世界に接することができました。

 いろいろな縁をありがたいと思います。

 又、お会いできる機会を楽しみにしています。 どうぞ、お元気で。」








  中大予選会3位通過(3期生  .  元・校長先生  H29.10.14



 霧雨が時折降る中で、予想を上回る好成績で本戦出場が決まりました。

 観戦場所は昨年と同じで、ゴールまで3キロで、各校ともラストスパートをかけ始める所です。

 中大選手の先頭から最後までの間隔が短く、あっという間に10人が通過したので、今年は大丈夫と確信しました。

 10人のゴールが4位だったのに、合計タイムで上回り3位になりました。

 中大の控え場所では走り終えた選手たちがすがすがしい顔で着替えをしていました。

 野村部長や藤原監督も談笑していました。

 ステージ上での成績発表で中大コールがあった時は、大きな歓声と拍手が起こりました。

 まわりは44秒差で予選落ちした昨年と同じように多くの報道陣でごった返していました。

 本戦まで2ヶ月半ですが、明日からシード権獲得への練習が始まります。

 藤原監督はとりあえず8位ぐらいを目標にしているようですが、今から正月が楽しみです。

 予選会通過でスカウトにも良い結果が出ることと思います。




  (管理人:以下、ご参考に)

順位

大学名

タイム

1

帝京大学

10:04:58

2

大東文化大学

10:05:45

3

中央大学

10:06:03

4

山梨学院大学

10:06:21

5

拓殖大学

10:06:27

6

國學院大學

10:07:35

7

国士舘大学

10:07:47

8

城西大学

10:08:50

9

上武大学

10:09:42

10

東京国際大学

10:10:34

全体順位

タイム

氏 名

学年

出身地

8

59:36

中山  顕

3

埼玉

14

59:48

舟津 彰馬

2

福岡

17

59:49

堀尾 謙介

3

兵庫

33

1:00:22

畝  拓夢

1

岡山

59

1:00:50

苗村 隆広

3

兵庫

66

1:00:53

竹内 大地

4

愛知

74

1:00:57

池田 勘汰

1

岡山

75

1:00:58

岩佐 快斗

2

神奈川

126

1:01:22

川崎新太郎

1

滋賀

133

1:01:28

神崎  裕

3

山口








  秋の渡り(5期生  I.T どった君  H29.9.18



 NHKの「ダーウインが来た」は戦うカイツブリの親が主役で、かわいいヒナの映像が少なかったのが残念でした。

 井の頭公園のカイツブリの子育ても終わり、鳥の世界では「秋の渡り」の季節になりました。

 日本で子育てをして南に帰る「夏鳥」、もっと北のシベリアあたりで子育てを終え日本に立ち寄って南に向かう「旅鳥」、

 水元公園で夏鳥のツツドリに出会えました、

 ただしツツドリは托卵するので子育てをしません、善福寺公園では旅鳥のエゾビタキに出会えました。


 葛西鳥類園には冬鳥の1番手コガモが来ていて、シベリア等で子育てをして日本で冬を過ごす「冬鳥」もこれから続々

 やってきます。




          届いたメールから 


 ●泉妻さん(4期)に「ダーウインが来た」見てくださいと連絡しておいたので電話がありました。

 4日から11日までスリランカに旅行していたのでテレビは見られなかったとのことでした。

 ご主人が仏教研究者なので前にインドに行ったと聞きましたが、今回はスリランカの仏教遺跡を訪ねたそうです。

 サルなんかがそばまで来たり、聞いたこともないような鳴き声を出す鳥がいたそうです。




 仁神(5期)から

 「放送を見ました。ありがとう。それにしてもカイツブリは異型の鳥だと知った。

 脚が体の後ろにあり歩くことが苦手。水鳥。

 ペンギンに近いかも?」

 とメールが届いたので

 「テレビでも映していたけど井の頭自然園の水族館にはカイツブリがいて、足も見えて面白いよ、

 15日から老人週間で無料になるから暇だったら行ってみれば。

 歩くのは苦手だけど巣に上がるときは立たざるを得ないのでその恰好が面白い。

 ヒナを背中に乗せていて立ち上がるとヒナが落っこってくるシーンは何度見ても面白い。

 残念ながらテレビには映ってなかった。」


 と返信。




 市川(6期)から写メールが来たけど文字化け等添付部分がおかしいので文の部分だけ送ってもらいました。

 「<ダーウインが来た
  見ました。三郷の市鳥もカイツブリです。カイちゃん・ツブちゃんのゆるキャラもあります。

 さて宿場町歩きですが、

 初日の妻籠は生憎の雨 でも人出が少なくゆっくりとでき、五平餅を食べ中山道を満喫。

 そしてバスで宿のある馬籠へ 久しぶりに虫の音を聞きながら布団の中へ 

 翌日は早朝から町の中を行ったり来たり つぎは明知線で岩村へ 

 まずは岩村城址 城郭はなくとも石垣と山道に感激 城下にでて蔵元女城主(大河ドラマとは別)で試飲し

 商家や枡形の道など散策 3か所の魅力は妻籠は建造物・馬籠は坂道・岩村は生活感ある和の風情かもしれません。

 3日目は豊橋二川宿に寄り道して帰路へ」

 とメールが届いたので

「メール見られたよ。写真がないと情景がわからないのが残念だね。でも元気に歩いているようで安心したよ。」

 と返信。




 吉見(同)から

 「お久しぶりです。ダーウィンが来た、を見ました。カイツブリ! カワイイ! 

 ひなをはねの中に入れて泳いだり ひなを一人前にするための苦労 サギなどに立ち向かう姿 縄張り争いなど・・ 

 想像以上に楽しませてもらいました。

 小さいのに頑張っているんですね。

 市川さん 熱中症でダウンしたんですね。

 7月はホントに暑かった
 長野でも35度位いったもよう! それでもいつもと同じように動いていたら 

 疲れはじわじわとです! わたしには めまい が・・ 頭を後ろにそらせるとおかしくなる 

 でも2週間ぐらいで落ち着いて そのあとはフワフワ感が残り 今はだいぶ良くなりました。

 もう無理はできませんね。

 頭は出来ると思っていても体はついてきませんね。

 今日はとても日差しが強いです 無理しませんように」

 とメールが届いたので

 「メールありがとう。カイツブリのヒナはもう6年くらい追いかけているけどほんとにかわいい、そしてすごい小さいんだ、

 生まれたばかりの頃は人間の親指くらいしかない、いつか実物を見てほしいな。

 市川は馬籠も行けたみたいでもう大丈夫みたいだけど、もうみんな無理できないね、気をつけよう。」


 と返信。




 岡田(7期)から

 「ダーウィンが来た」見ました。

 我々人間はただ可愛いと思って見てるだけの鳥の世界に、人間界と全く同じ厳しい生存競争があるのにびっくりして、

 圧倒されました。

 家内はトンタンだったので、池の辺りはよく歩いてたようですが、ああいう優れたドキュメンタリーを見たあとでは、

 鳥を眺めるのも仇やおろそかには眺められなくて、人間と同じ日々戦っている生き物なのだという畏敬の念すら感じます。」

 とメールが届いたので

 「自分としては「戦うカイツブリの親」が主役でかわいいヒナの映像が少なかったのが残念だったけど、岡田みたいに

 「畏敬の念」すら感じたというのではこれからはカイツブリを見るときは仇やおろそかには見られないね。

 カイツブリは結構見やすい鳥でヘビやカラスに襲われるのも何回か見ているけど、鯉や亀に食べられたのはショックだった

(直接は見てないけど)。

 奥さんが「トンタンだった」というのはどういう意味か分からないけど、井の頭公園のそばに住んでいたのかしら。」


 と返信したところ

トンタンはすでに無くなった東京女子大短期大学部です。もう死語ですね。

 あの池の総入れ替え作業は以前ニュースで見た気がしますが、小鳥たちの環境整備に人間も手を貸してるというのは、

 地球家族の趣で、いいことだと思いました。」

 とあったので

「「トンジョ」と言っていたから短大は「トンタン」か、三鷹市牟礼にあったそうだから井の頭公園は近かったんだね。

 井の頭公園はかいぼりのおかげでカイツブりが復活した、和田堀も4年前までカイツブリがヒナをかえしていたんだけど、

 巣でヒナを抱いている親鳥が大きな鳥(アオサギらしい)に襲われて以来、カイツブリが来なくなってしまった、

 自然界は厳しいね。」


 と返信。




 ジョン(15期)から

 「土田様 HP拝見しました。いつもありがとうございます。

 8月25日から
27日まで、私も富士山の近くにおりました。

 娘の家族と、姉一家(こちらも同じ年の孫たちがおり、総勢14人で!) 本栖湖のロッジを借りてのキャンプ。

 娘の家族はキャンプが好きで、自分たちだけならテントを持って行くタイプの楽しみ方なのですが、私たち老夫婦も交えて、

 ということでロッジを2棟借りました。

 私の方が5人。姉の家族は長女一家5人と、次女夫婦と共に参加。楽しい3日間でした。

 本栖湖ではカヤックを楽しみました。とてもきれいな湖で感動しました。ちょっとすいているのも魅力でした。

 帰りは河口湖インターの近くにあるおそば屋さんで舌鼓。承知庵という素敵なお店でした。美味しいですよ。

 娘が以前、家族で行って、とてもよかったからと、今回大勢で行ってきました。

 木曽の漆器を使っていて、器にもこだわりがあるそうです。とても素敵です。すっかり秋らしくなってきました。

 いくら暑い日があっても、朝晩が涼しければ乗り切れますね。きれいな鳥の写真も楽しんでいます。

 いつも本当にありがとうございます。では、また!」

 とメールが届いたので

 
「総勢14人か、すごいね、みんな元気じゃないとできないね。確か娘さんのご主人は真田広之の大学の後輩でスポーツマン

 とい
う話だったからアウトドア派なんだろうな。

 この季節で本栖湖すいてたかな、それはよかったね、天気もまあまあだったろうし。

 承知庵、ネットで見てみたらしゃれたお店だね、ただ車でないと行きにくそうでうちらは無理かな。

 この間は吉田のうどんを食べた。みんな昼で終わってしまうので夜やっているところを探すのに苦労した。

 吉田のうどんも腰があっておいしいよ。」


 と返信。




 8月下旬から9月にかけて、同時ではありませんが、富士山頂上に小俣さん(3期)、5合目にうちら、

 本栖湖畔にジョンと速研仲間が集まっていたんですね。

 それにしても小俣さんはお元気ですね、

 自分も7年前に登りましたが、8合目の小屋では軽い高山病でほとんど眠れませんでした。



    --------------------------------------------


 (管理人 管理人も「ダーウインが来た」を見ました。が、案の定、縄張り争いや、弱肉強食の場面があり、見るに忍びない気がしました。

 若い頃は、このような自然の営みなどのドキュメンタリー番組は良く見ました。しかし、年が行くにつれて、見られなくなりました。

 ケンカなどしなくていいじゃないか! お互いに仲よく譲り合えばいいのに。食べ物は自分たちで作れば・・・。

 無理とわかっていても、そんな気がして、見ていられません。今も、改めてそんな思いでいっぱいです)








 秋季リーグ開幕 (3期生  .  元・校長先生  H29.9.15

 昨日、立正大に先勝したので、勝ち点なるかと応援に行ってきました。

 1点先取したのですが、エラと本塁打で逆転されましたが、今度は相手のエラと適時打で逆転し、

 5対3で初戦で勝ち点を取ることができました。

 私のような年配者が結構来ていて、応援団の校歌の演奏に合わせて歌っている人もいました。

 応援団も前にも書きましたが、チアガールの振りも統一が取れていてよかったです。

 当時は黒づくめの男の集団でしたが、今は華やかですがすがしい気持ちになります。

 学生気分になることができた一日でした。


 いよいよ箱根の予選会、あと1か月となりました。

 上級生の層の薄さを下級生がどのくらいカバーできるかにかかっています。

 夏の厳しい合宿の成果が出ることを期待しています。



 (管理人 から)

    箱根駅伝2018予選会

    平成17年10月14日(土) スタート 9時35分

     会場 国営昭和記念公園

    (ネット上で予想が出ていましたので。順位予想)

        1位 帝京大学
        2位 明治大学
        3位 山梨学院大学
        4位 國學院大學
        5位 大東文化大学
        6位 創価大学
        7位 拓殖大学
        8位 城西大学
        9位 国士舘大学
      10位 中央大学(堀尾謙介選手の最近の成績が良くないのが気になります)
      11位 日本大学
      12位 東京国際大学
      13位 上武大学








 3度目の正直(3期生  .  元・校長先生  H29.9.5



 富士登山は1回目は霧、昨年は雨と御来光が見られず、なんとか体力のあるうちにと、昨日、最後の挑戦をしました。

 休憩を多くとり、ゆっくり登るツアーで、5合目から山小屋まで7時間、山小屋から山頂までは1時間30分もかかります。

 今年の富士山は雨が多く2回キャンセルしてようやっとという感じです。

 今日の午前2時起床、30分出発です。もう、富士山の山頂は冬です。

 ツアーは今週いっぱいで終了となります。

 風が強く軍手をしても手がかじかんでしまいます。

 山小屋の1人当たりの面積は1畳より狭く、気を付けの姿勢ですから仮眠状態です。

 山小屋はみんなこんなもんです。

 5時過ぎが日の出ですので、時間に合わせて各山小屋からヘッドライトを付けて、登山道に並びます。

 遠くからでもその光が見えるそうです。

 真綿のようなふんわりした雲が雲海となって一面に浮かび、空との境から出てくるまでと、出てからの色のグラデーションが素晴らしかった。

 歓声と拍手が起こりました。

 でも、5合目まで戻るのが4時間近くかかります。

 くたくたになりましたが、帰りは石和温泉に入り、バイキングで元気が戻りました。



(管理人 : 登頂おめでとう! すごいね! 僕なんかには到底チャレンジできません。マラソンもやっているし・・・)







 「ダーウインが来た」 (5期生  I.T どった君  H29.9.5


  何度かHP(http://ryudo-ken1962.private.coocan.jp/)で見てくださいと書いた井の頭公園のカイツブリの様子が

 やっと10日(日)夜7時半からのNHK「ダーウインが来た」で放映されますのでお時間があったら見てください。

 写真と違って動画で見るとカイツブリのヒナはかわいいですよ。



  (管理人) 参考 : 「ダーウインが来た」 のNHKのページ  http://www.nhk.or.jp/darwin/







 吉田の火祭りに行ってきました(5期生  I.T どった君  H29.9.2


 8月24日(木)新宿バスタから富士山5合目に向かいました。

 バスの中からは富士山が見えなかったのですが、5合目近くなったら見えてきてラッキーでした。

 5合目に向かった目的は富士登山ではなく、5合目から車で5分ほどのところにある奥庭荘での探鳥です。

 ネットで見たら電気も水もないとあって心配しましたが、電気は大丈夫でした。

 水は大きなボトルから出すのでちょっと使いにくかったです。相部屋かと心配しましたが、個室で浴衣も

 ついていて安心しました。



 小屋の隣に水場があってそこに鳥がやってきます。

 部屋からのぞいたらウソが水浴びしていました。「うそー」っと声をあげてしまいました。

 その時は和子がいなくてその後ウソもなかなか出てくれなくて見られないかと心配しましたが、翌日は

 よく出てくれました。

 ルリビタキの幼鳥もかわいい姿を見せてくれました。

 ウソやルリビタキは下界では冬にならないと見られないのですが、標高2200メートルの奥庭あたりで

 子育てをしているようでよく見られて幸せでした。

 ホシガラスも大きな体で水浴びに来て迫力がありました。夕方は小屋のすぐそばから夕日を浴びた紅富士が

 見られました。



 翌25日(金)は5合目までお中道を歩きましたが、途中メボソムシクイ、ルリビタキ、ホシガラスが見られました。

 5合目から河口湖に下り、富士緑の休暇村に泊まりました。

 翌26日(土)は山中湖畔で探鳥する予定でその前に忍野八海に寄りましたが、外国人でごった返していて、

 昔行った静かな雰囲気と違いがっかりしました。

 山中湖畔にある大洞の水場ではキビタキのオスメス幼鳥が次々に現れ感激しました。

 奥庭よりずっと低地にあるので夏鳥が子育てをしているのですね。



 山中湖から今回の旅行の目的地富士吉田に向かいました。

 太宰治が吉田の火祭りのことを書いていて前から見に行きたかったのですが、天気が悪かったり予定が合わなかったりで、

 今年やっと行くことができました。

 天下の奇祭といわれる通り参道に松明が並んで炎をあげているさまは迫力がありました。

 人家がすぐそばにあるのですが、みんな全然気にしてないのがよかったです。




 井の頭公園のカイツブリ、NHKの「ダーウインが来た」で放映されると書きましたが、ありませんでした、

 期待されて見た方がいらしたら申し訳ありませんでした、そういううわさが流れていましたから放映の予定は

 あったのでしょうが、編集の都合か取りやめになってしまったようです。


 井の頭公園でこの夏最後にかえったカイツブリのヒナ、4羽のほうはミドリカメに食べられたりして全滅してしまいました。

 3羽のほうは1羽減ってしまいましたが、8月28日段階では2羽が元気に泳ぎ回っています。



 善福寺川緑地のオオタカは8月10日前後に飛び立ってしまいました。


 今年の夏は井の頭公園のカイツブリと善福寺川緑地のオオタカに楽しませてもらいました。

 岩本貴志さんという方のブログ(
https://www.tiwamoto.com/blog)にカイツブリとオオタカの写真が掲載されているので

 よかったら覗いてみてください。



 8月29日(火)石神井公園に行った帰りバスに乗っていたら中大付属高校前から仁神(5期)が乗ってきました。

 お墓参りに行ってきたとかで月に2回は参っているそうです、えらいね。荻窪でコーヒーを飲みました。

 10月11日(水)から17日(火)まで新宿で写真展をやるそうで、和子が連絡して行くと気を使わせるから内緒で

 行こうかと思っているなんて言っていましたが、15日(日)に行く予定と話しました。



 (管理人 このお便りの次に、仁神君の写真展のお知らせを載せておきます。ご覧ください


 31日(木)涼しく雨も上がったので1か月ぶりに和田堀に走っていき、カワセミに出会うことができました。

 夏は暑くて涼しいときしか走れませんが、小俣さん(3期)はお元気ですね、

 80歳までマラソンですか、がんばってください。




 きょうはは秩父宮ラグビー場にサントリー・ヤマハ戦を見に行きました。

 サントリーの逆転トライで決着しましたが、一進一退の面白い試合でした。



        届いたメールから 

 市川(6期)から写メールが届きました。

 「残暑が厳しいですが大丈夫ですか? 私はなんとか体力も戻り、28日には払沢の滝と数馬へでかけました。

 来週の旅の足ならしです。

 (友人と妻籠・馬籠・岩村の宿場町を歩く予定) 

 数馬では兜造りの家みたかったのですが宿営業の2件だけです。地元の人に聞いても殆どみないそうです。」

 と。



 「この間 仁神と話して、市川大変だったんだと心配してたよ。最近メールが来ないので大丈夫なのかなとちょっと

 気になっていたけど元気そうで良かった。


 数馬は20年前くらいに三頭山に登った時行った、写真の兜作りの食堂で食べた。

 その頃も他には兜作りの家はなかったな。


 妻籠は自分は行ったことないけど、和子は高校時代に行ったと話していた。写真楽しみにしてるよ。」

 と返信しました。







  ご来場をお待ちしております。 (H29.9.3)



10 下井草写友クラブ 写真展

   四季の出会い



         (出展者 : 仁神俊雄君5期生ほか)

  期間 : 平成291011日(水)17日(火)

        初日 120019:00
        通常 10001900
        最終日 10:001600まで

  会場 : ヒルトン東京 地下1

      ヒルトンショッピングアーケード内

          (ヒルトピア アートスクエア スペースC)

   交通 : 新宿駅西口 京王デパート前、21番バス乗り場より

      「ヒルトン東京行き」
無料シャトルバスを利用

      (毎時 002040 発)



     ※ 中大速研OBの皆様のご来場ご高覧をお待ちしております。









 今年も (3期生  .  元・校長先生  H29.8.7



 毎年走っている日光杉並木マラソン(10キロ)に行ってきました。

 曇りで小雨が降る天気でしたが、杉木立が続くので影響はありませんでした。

 でも、湿度が半端でなく、アップダウンのあるコースなので上りの時はものすごい汗で、

 頭から水を被った状態になってしまいます。


 今までで一番汗をかきました。

 何とか1時間以内でゴールしました。

 冷房で汗をかかないより、大汗かいた後の爽快感は格別です。


 前にも書いたことがあると思いますが、3歳年上の女性ランナーは月に数回大会に出ています。

 80歳まで走りたいと言っていましたので、私も頑張ってみようと思っています。

 帰りに新装なった東照宮へ行ってきました。

 一部はまだ残っていますが、創建当時の豪華絢爛な建物として復活しています。

 外国人が相変わらず多かったです。

 走るだけでなく観光をセットにしていますので、楽しみになっています。

 12月には奈良マラソン(10キロ)にエントリーしています。

 暑い時に冷房づけにならず、時々汗をかくことも大切だと思います。







 カイツブリとオオタカ (5期生  I.T どった君  H29.8.4



 4月末から井の頭公園ではカイツブリが次々と出産?し、6か所を数えました。

 また井の頭公園に行く途中武蔵野公会堂の壁でツバメが子育てをしていて、これも4回ほどありました、

 現在もヒナが親のえさを待って大きな口を開いているのが見られます。



 北海道から帰ってきて井の頭公園に行ったらカイツブリが2か所で巣作りをしていて、7月26日(水)から

 3日続けてヒナが生まれ、現在3羽と4羽(今日行ったら1羽減ってしまいました、

 和子が親が餌を持ってくるのが少ないと心配していましたがそれが現実になってしまったみたいです)

 のヒナが見られます。

 井の頭公園では4月からずっとNHKがカイツブリを撮っていて、6月の「新日本風土記」でも少し

 使われましたが、お盆の「ダーウィンが来た」で特集が組まれるそうですので見てみてください。




 最近は井の頭の帰りに吉祥寺からバスに乗り善福寺緑地公園で降り歩いて5分ほどの川沿いの杉林に向かいます。

 そこで2ヶ月ほど前に生まれたオオタカの若鳥を探します。

 4月にオオタカの交尾を目撃したのですが、巣がどこにあるか見つかりませんでした。

 3羽かえったそうですが、2羽がカラスに襲われてしまい、1羽だけ生き残りました。

 6月初めにはまだ白い産毛に覆われたヒナが見られましたが、じょじょに成長し、先日は

 ネズミを捕まえて食べていました。

 オオタカは蒼い鷹の意で、白っぽ
いのですが、幼鳥は茶色です。

 いつまで見られるかわかりませんが、ヒナ段階から追っかけているので最後まで見届けたいと思います。




         届いたメールから 


市川(6期)から

 「熱中症でダウンしました。

 16日の朝から高熱(40度手前)が続き夕方ついに地元病院の夜間外来に飛び込み判明。

 特に高齢者の場合、本人が気がつかない間に体内に熱が蓄積されオーバーフローして発症するケースが多いそうです。

 当方も外出の度に少しずつやられたようです。

 土田さん和子さんも出歩くことが多いのできおつけてください。

 したがって宿場町の散策は中止になり、今、禁足令が出ており遠出は出来そうにありません。

 猛暑は怖いです。」

 とメールが来たので

 「それは大変だったね、入院はしなくてすんだのかな。


 自分もきょう石神井公園に行ったんだけど、暑かったな、雰囲気的には熱中症寸前の感じだった。

 「体内に熱が蓄積されオーバーフロー」という感じはよくわからないけど気を付けよう。

 今週火曜日まで1週間風邪が治らず家にじっとしてたけど、飽き飽きして水曜からやっと動き出している。

 外は暑いけど家にいるより体調はずっといい。」

 と返信。



村瀬(9期)から

 速研が懐かしいです、

 と連絡があったので

 お花見や船旅の折連絡し写真も送ったら、飯田の山の幸川の幸を送ってくれました。

 そういえば田仲(11期)のしのぶ会のときの写真を佐藤(同)に送ったらリンゴを送ってくれました。

 速研の仲間は律儀な人が多いんですね。








 北海道に行ってきました (5期生  I.T どった君  H29.7.12



 和子の誕生日が6月29日で 昔は飛行機の誕生日割引があったのでこの季節はよく北海道に行きます、

 北海道には梅雨もないということもありますので。

 ただ今回は天気はあまりよくなく天売島で朝日、クッチャロ湖で夕日が見られただけでした。

 4年前は霧多布、風連湖、知床、網走と回ったので今回は天売島で海鳥を見てサロベツ、ベニヤ原生花園と北を

 回って来ようと思いましたが、稚内から羽田便は便数も少なく値段も高いので旭川空港から帰ることにして

 6月25日(日)出発しました。


 羽田から新千歳に行く予定でしたが、新千歳が濃霧で羽田に帰ってくるかもしれないとの条件で出発しました。

 霧も晴れて無事新千歳に到着、札幌までJRで出て(スイカが使えました)、札幌から羽幌までバス、

 羽幌港から天売島に船で向かいましたが、すごい揺れて甲板に立って鳥を見るのも困難なほどでした。

 天売に着くと民宿のご主人が夕方ウトウを見に行きますかというので二つ返事でお願いして夕食

 (ウニがおいしかったです)を早めに済ませて7時からバスでウトウを見に出かけました。

 空が暗くなり始めるとウトウの親鳥が口いっぱいに餌をくわえてヒナのもとに帰ってきますが、ウミネコが

 その餌を取ろうと待っています、自然界は厳しいですね。

 8時近くなると空を真っ黒にするくらいたくさんのウトウが帰ってきて大迫力でした。

 帰りのバスのライトの先にウトウとトラフズク(フクロウの仲間)が見えてラッキーでした。


 翌26日(月)は島内を回り、あちこちでノゴマの声と姿を見ることができ感激しました、

 ノゴマを見たのは前回の北海道旅行以来4年ぶりでした。


 翌27日(火)は日の出を4時前に見た後、6時から小舟でケイマフリを見に出かけました。

 断崖下にいるケイマフリを見たことはあったのですが、すぐそばに見えて大感激でした、

 現地ではケイマフリのことを「アカアシ」というそうですが、その赤い足もよく見えました。

 ケイマフリを見た後船で羽幌に戻り、バスでサロベツ湿原に向かいました。

 サロベツは乾燥化が進み、昔の湿原の趣はありません。

 もうこの辺でしか見えないというシマアオジがちらっと見えました。

 最近は激減しているそうで、タクシーの運転手さんが中国人が食べちゃって減っているそうですよというので、

 冗談かと思いましたが、センターにシマアオジが鍋で煮られている漫画が張ってあって本当のことだとわかりました、

 いまは中国でも規制が始まっているそうですが


 夜は豊富温泉に泊まりました。



 翌28日(水)早朝宿の窓外の木の上で鳴いている鳥が見えてなんだろうと目を凝らしてみていたら

 和子がオオルリじゃないのと言いました。

 東京でもちっらっと見たことはありましたが、長時間さえずってくれていました。

 この日はサロベツの南の湿原に行ってみました。

 こちらはまだ自然が残っていてエゾカンゾウがきれいに咲いていました。

 シマアオジと同じくこのあたりでしか見られなくなったと言われるツメナガセキレイやノビタキがたくさん見られました。


 翌29日(木)は稚内にJRで向かいました。

 ビジネスホテルに泊まり外で食事をしましたが、ズワイガニがおいしかったです。



 翌30日(金)は朝氷雪の門まで登ったら、エゾシカが顔を見せてくれました。

 上から防波堤ドームが見え、前に市川(6期)が写真を送ってくれたのを思い出しました。

 バスで宗谷岬を回りベニヤ原生花園に行きました。

 日陰がなくカンカン照りで参りましたが、背丈の低いハマナスとエゾカンゾウがたくさん見られました。

 クッチャロ湖畔の宿に泊まりましたが、夕日と月が初めて見えました。



 翌7月1日(土)朝湖畔の遊歩道を散歩したらアカハラに出会いました。

 バスで音威子府に出、JRで名寄に向かいました。

 朱鞠内湖に行こうと思いましたがバスの便が悪く、タクシーで行くには遠すぎるのでやめて、駅裏の名寄公園に行きました。

 コムクドリに出会いました。

 アオサギがずいぶん多いなと思ったら巣がありヒナの姿も見られました。


 翌2日(日)朝再び名寄公園に行ったらアカゲラが地面に降りていてくれてゆっくり見られて感激しました。

 JRで旭川に向かい、天気も良くないので旭山動物園に行きました。

 2回目でしたが、ペンギンの空中遊泳? はよかったです。



 翌3日(月)は旭岳の姿見の池までロープウェーで上がりました。

 天気も良く残雪の旭岳もくっきり見え、キバナシャクナゲが咲き乱れ、ノゴマやノビタキと出会えました。

 すると上空をヘリコプターが飛び、救助隊員と思われる人が降りてきました。

 数人のパーティーが見えたので誰か足でも滑らしたのでしょうかね。



 翌4日(火)は旭岳温泉周辺の遊歩道を歩きましたが、すさまじいやぶ蚊に参りました、

 ズボンが真っ黒になるような感じでした。

 人があまり歩かない道でギンザンマシコなどもいたようですが、驚いたのは道路の真ん中の大きな糞、

 ビジターセンターで聞いたらヒグマだろうとのことでした。

 夕方5時過ぎに温泉に入り、6時のバスで旭川空港に向かい、自宅に10時半ころ着きましたから早かったです。


 やっぱり北海道はいいですね。



 布施(5期)は6月26日から旭川に昔の職場の仲間とゴルフをして、余った時間で美瑛に寄ってくると言っていました。



 ●仁神(同)からは

 「私は
26日から山形、羽後本荘方面、鳥海山を撮りに三泊で行く予定。」

 とメールが入っていましたが、帰ってきたら鳥海山と題して

「朝から快晴です。ホテルからタクシーで祓川ヒュッテ迄行って来ました。」

 と残雪の鳥海山の写真が添えられていました。




 ●ジョン(15期)からは

「我ら
15期は、先週末に総勢9名で同期会を1泊2日で開催しました。

 三浦半島2
DAY切符を使って、汐入集合。

 猿島を訪ね、戦争の傷跡も見てきました。

 ガイドさんが面白い人でしたが、歴史的にも意味のある場所でした。

 初めて知りました。


 1万歩を超える日となりました。

 2日目はあいにくの雨となりましたので、油壺マリンパークへ出かけました。

 イルカとアシカのショーがなかなか見応えありました。


 幹事は藤堂夫妻が努めてくださり、至れり尽くせりの2日間でした。

「まほろば」というところに泊まりましたが、温泉もあり、ゆったりしたお部屋で楽しい時間を過ごしました。

 三崎はおいしいお食事処がたくさんあるようです。

 とてもおいしい場所に案内してもらいました。

 みんな大満足の旅でした。



 参加したのは、藤堂夫妻篠塚西元森田大森宮本加地ジョンの9名(旧姓のまま)

 なんともいえず良い時間でした。



 私は3月に定年退職して、現場から離れましたが、

 この旅の翌日から1ヶ月限定で長期出張の若手英語教員の代わりに、学校へ行っています。

 講師の話の方が旅行より後に来たのですが、次の日から出勤というプレッシャーより、

 みんなに会えるという楽しみが勝り、旅に参加した次第です。

 もちろん、「行って良かった!」 
エネルギーをたくさん蓄えてきましたから。

 昨日で最初の
1週間が終わりました。

 夜間学級で12年、大人とのつきあいや外国人生徒の対応が多かったので、今の中学生1年生から3年生まで

 少人数の授業を受け持っていて、とても新鮮です。

 みんな可愛い! と心から思えます。


 7月20日まで頑張ります!」

 とメールが入ったので

「15期はまとまりがいいね、9人も1泊旅行に参加できるんだから。今度HPに転載させてもらいます。

 あなたも職場環境が変わっていろいろ大変ですね、それを楽しみにしているところはまだまだ若い!」

 と返信。


 北海道から帰ってきて写メールを入れたところ


高島(9期)から

「公園の草花がここにきて、ぐんと勢いをつけていますね。

 今回、写真が添付されていました。

 宮内も今、北海道に弟と行っているんですよ。

 子供のころ住んでいた炭鉱町(今は廃墟)を中心に、あちこち巡ってくるらしいです。

 土田さんと違って、宮内はとにかく家から出ない人なので、私としては気ままな一人暮らしを楽しんでいます。

 図書館に予約を入れていた「蜜蜂と遠雷」がやっと来たので、読み始めたところです。

 以前、バイオリンコンクールものを2冊読んだことがあったけどピアノもあまり、変わらないようですね。

 時代小説ばかり長いこと続いたので、気分が変わりました。

 家にいても熱中症になるそうですから、頭が痛くなってきたら、まずはそれを疑った方がいいらしいです。

 土田さんもお体たいせつに。」

 とメールが来たので

 「宮内はこの間の船旅のとき北海道に行ってみたいと言っていたけど、この時期に行ったんだ、

 昔 宮内の家で北海道時代の写真を見せてもらったことがある、スキーをしている写真は覚えている。

 思い出の場所に弟さんと一緒に行けてよかったね。


 宮内は昔は動くのが好きだったと思うけど、最近は散歩もあまりしないとか、あなたもいろいろ大変だね。

 いつかまた会いたいね、元気で。」

 と返信。




 ●市川(6期)から

「今回はずいぶん遠出をされましたね。健康な証拠ですね。

 ウトウやケイマフリなど初めて聞く鳥です。

 でも岸壁に描かれているところを見ると地元では人気者なんでしょうね。

 当方はこの暑さで外出をためらっていますが、来週亀山関宿と琵琶湖畔の木之本へ東海道と北国街道の宿場町の

 雰囲気を味わいに行く予定です。」

 とメールが来たので

「来週出かけるのか、この間新宿御苑で和子と会ったときどこか旅行の手続きで出てきたと言っていたというから、

 そちらはもう出かけたのかな。


 稚内寄ったんだけど、前に市川から写真送ってもらったことあったななんて思い出していたよ。」

 と返信。








 全日本大学駅伝 予選会 (3期生  .  元・校長先生  H29.6.19



  雨の中、さいたま市駒場運動公園で行われた予選会の応援に行ってきました。

 残念ながら12位で予選通過はなりませんでした。

 1位の神奈川大とは約4分、予選通過最下位の9位の城西大とは約1分の差でした。

 1,2組が低調だったのが敗因です。

  3組の2年生キャプテンの舟津選手は1位でゴールしたのはよかったです。

 4組は2人とも29分台を出しましたが、各校のエース級との戦いだったので、前半の挽回ができませんでした。

 8人の内4人が1,2年生ですが、昨年よりは頑張ったと思います。

 舟津選手の頑張りにみんなが刺激を受けたことと思います。

 箱根予選会まであと4か月です。

 夏の合宿は相当きついものになると思いますが、一人一人が危機感を持って自己ベストを目指してほしいです。







 いちにち ゆらり旅 (5期生  I.T どった君  H29.6.11



 6月2日(金)浅草吾妻橋船着き場に 5期(和徳夫妻仁神増田土田)、6期(市川上林)、7期(高橋石澤)、

 10期(成毛夫妻宮内加藤)計13名、朝早かったので心配でしましたが、全員時間通り集合、

 船は両国始発なので結構乗っています、全員まとまることができず2か所に分かれて座る。

 和徳(5期)がギンギンに冷やした缶ビールを持ってきて、マージャンのときは1缶200円だけど今日は無料でいいと。

 成毛(10期)はお花見のときと同じにおつまみとフグひれ酒とシャンパンを出してくれました。



 仁神(5期)が先日宇佐神宮に行ったのでその写真を持ってきてくれて、その写真を見せてもらいました、

 学生時代 仁神が内田(同)と一緒に行ったときは臼杵の石仏の首が落ちていたんだけどと言いつつ

 首の乗った石仏の写真を見ました。



 殿下(同)はアメリカで生まれた孫の写真を見せてくれました、ほんとに生まれたてでかわいかったです。


 隅田川をさかのぼってやっとデッキに出られるようになりました。

 岩淵水門が見えてきたら、市川(6期)がこれが見たかったんですよと写真をパチパチ。

 荒川遊園の小さな観覧車が見えてきたら上林(同)が子供連れてくるにはいいですよと、

 お義姉さんが近くに住んでいて来ることがあるようです。


 快晴でデッキの上は気持ちいいのですが、風が強い、その中で高橋(7期)はずっと日傘をさしていました。

 宮内(10期)と会うのは田仲(11期)の葬儀以来でしたが、もう退職して孫がかわいくてしょうがないみたいでした。

 先日も孫が熱出して保育園で預かってくれないので高島(9期)と一緒に行ってきたと話していました。


 加藤(10期)とはほとんど卒業以来でしたが、昔と変わりなく、成毛の奥さんのお富美さん(同)と笑い転げていて、

 二人の笑い声は学生時代のままでした。


 葛西臨海公園で下船し、レストランブルーマリンで13人まとまって昼食を取り、葛西臨海水族園に入りました。

 65歳以上は割引があるから年齢確認できるもの持ってきてとメールしてあったのに持ってこない人もいましたが、

 係員の人がいいですよと顔パスで通してくれました。

 水族園ではみんな童心に帰ったみたいで、高橋が小さなエイに手を振っているのが印象的でした。

 天気も良くほんとに楽しい時間を過ごせました。

 企画してくれた和徳に感謝しつつ帰路につきました。


 添付した写真は公園のクリスタルビューと 水族園でのものです、水族園では市川が撮っていて写っていません。




 船旅前に 市川から届いたメール

 「メール有難うございます。 
 
 いつもなら連休明けから何処か出かけるはずですが、今年は独協大のオープンカレッジを隔週土曜5回受講するため出遅れました。

 テーマは「歴史遺産(古い町並みと鉄道)を旅する」ということなので鎌倉・草加・谷中・越谷・野田等ブラブラしています。

 近場にも歴史を感じられる店舗や土蔵があるもんです。

 今朝も流山市内を歩いてきました。うちから往復すると丁度一万歩程度なので運動不足対策になります。」








「じいさん三人、早春の尾瀬行き」 5期生  A.O  O-チャン H29.6.6


 先週の5月29日、30日に5期の土田布施小川の三人で尾瀬に水芭蕉を見にいってきました。


 一日目は、東武線を使い、会津高原尾瀬口駅からバスで御池へ。

 御池から裏燧林道
三条ノ滝 赤田代→ 見晴のコースで計画していたところ、三条ノ滝は残雪が深く、

 通行止めとなっているということで、裏燧林道から段吉新道を通るルートに変更しましたが、

 ルートは木道も残雪に覆われていて、雪に足をとられ、また、道を探すのに一苦労。

 梢に結ばれた赤いリボンを探しつつ進む羽目に。

 2年の志賀高原夏合宿に合流する企画で有志で行った「野反湖~上信越国境縦走」のことを思い起こしました。

 (当時、悪天候の中、ルートに迷い、中大ワンゲル部の名前が記されていた赤いリボンを辿って縦走、

 避難小屋が見つかって大事に至らなかった経緯が。)

 今冬は雪が多かったようで、尾瀬はまだ早春でした。


 見晴の山小屋に一泊。


 翌日も好天に恵まれ、尾瀬ヶ原は残雪はほとんど消え、待望の水芭蕉は所により、咲き初めから、

 今が盛りの群落の状態までを見ることができ満喫できました。

 見晴
東電小屋 竜宮十字路 牛首 山の鼻と尾瀬ヶ原を縦横断し、新緑に映える至仏山を

 眺めつつ鳩待峠へ。

 帰りは尾瀬戸倉から高速バスでバスタ新宿まで無事辿り着きました。









 井の頭公園のカイツブリ第2弾 (5期生  I.T どった君  H29.5.20



  前便で書きましたように

 井の頭公園にはカイツブりの巣が2つあったので生まれたかなと思いつつ5月9日(火)見に行きました。

 お昼過ぎに見たときは2つとも生まれておらず今日はダメかと思い、七井橋のヒナを見に行ったら4羽いたのが

 3羽になってしまいました。なかなか全羽無事に育つのは難しいようです。


 たまたまひょうたん池そばののカイツブリが生まれたと聞いたのでそちらに向かいました。

 うちらがまだだなと思って離れたすぐ後で1羽生まれたようで見に行った時は2羽になっていました。

 生まれたてで小さくかわいかったです。



 12日(金)2羽生まれたところのヒナが増えてないかと見に行きました。

 途中9日には生まれてなかった巣のカイツブリが1羽かえっていて驚きました。

 ひょうたん池のほうに向かったらヒナが5羽になっていました。巣が狭そうでした。


 13日(土)は雨でしたが、一人で見に行きました。

 きのう1羽だったヒナが2羽に増えていました。


 15日(月)は2羽のヒナが3羽になっていました、1日1羽という感じで増えているのでかわいい感じでした。

 ただボートが巣のすぐそばまで来るのでちょっと心配でした。5羽のヒナは健在でした。

 17日(水)水族園が無料ということもあって行ってみましたが、3羽のヒナが見えない、人の話によると

 1羽残ったけどそれも駄目になってしまったということでがっかりしました。

 5羽のほうはいかにも巣が狭い感じでしたがなかなか泳ぎに出てくれません。

 
18日(木)は石神井公園に行ったのですが、カイツブりもバンもヒナの姿が見られませんでした。

 井の頭公園はかいぼりをやったのでえさが豊富なのが増えている原因なんでしょうね。

 19日(金)もう外に出てくれるだろうと思っていきました。

 5羽がつながって泳ぐ姿や親の背中に乗って泳ぐのが見られて何回も通った甲斐がありました。




 6月2日の「いちにちゆらり旅」は10期生の成毛の奥さんのお富美さん(旧姓井田)とカニちゃん(旧姓加藤美智子)と

 和徳の奥さんも参加予定になったので総勢
13人になりました。

 珍しく10期生がたくさん参加するというので10期生をよく指導していた岡田(7期)と薫(同)に誘いのメールを

 入れてみたところ返信が届きました。


岡田


 「先日の写真にユリカモメが写っていて、これが名にし負う都鳥かと、謡曲の「隅田川」に出てくる鳥の姿に、

 しばし見とれました。

 現在、坐骨神経痛でうまく歩けません。

 家内に手をつないでもらって、ヨチヨチとその辺を歩いても
10分が限度です。

 6月半ばの椎間板ヘルニアの手術の日を待ってるところです。

 同期にも下級生にも会いたい人はたくさんいるので、せっかくお誘いいただいたのに、とても残念です。」





 「土田さん  ご無沙汰しています。

 なかなか楽しそうな企画ですね。ただ、平日の昼間は難しいですね。

 夜なら合流できそうですが

 どこか、多人数でも飲食できるところはないでしょうか?

 あの加藤もくるんですか?」



 話は変わりますが、小川(5期)の提案で29日(月)から1泊で尾瀬に行ってきます。

 仁神殿下は都合つきませんでしたが、布施と3人で行ってきます。

 天気が良いといいのですが。








 井の頭公園のカイツブリ (5期生  I.T どった君  H29.5.1


 4月初めに仁神(5期)から「井の頭公園の橋の淵でカイツブリが抱卵中。他にもあるみたい。」

 とメールをもらったので、もうそろそろ生まれたかなということで6日(土)出かけてみました。

 七井橋の小島の淵にカイツブり発見、カメラマンもたくさんいるのでここだろうと思って待っていると

 親鳥の背中からヒナが顔を見せてくれました。

 交代する親鳥が巣から降りると4羽のヒナが見られました。

 一週間ほどたっているみたいでしたが、かわいかったです。

 ほかに巣がないかと池を回ったら、別に2か所発見しました。

 まだ抱卵中なので当分楽しめそうです。

 早速帰ってから仁神に「先日教えてもらったのでもうそろそろ生まれただろうと行ってきた。

 4羽のひなが生まれていた。橋から近いので見やすくてよかった、ありがとう。」とメールを入れました。



 去年も井の頭公園のカイツブリは6羽のひなをかえしたのですが、翌日には1羽に減ってしまいがっかりしました。

 今年も新宿御苑の玉藻の池で1羽、上の池で3羽かえったのですが、上の池も1羽に減ってしまいました。

 今回井の頭公園で4羽のヒナと出会えて幸せでした、やっぱり4羽いるといろいろな表情が見られて楽しいです。




 話は変わりますが、6月2日(金)「いちにちゆらり旅」

  (http://tokyo-park.or.jp/waterbus/course/05.html

   <http://tokyo-park.or.jp/waterbus/course/05.html>

 という舟遊びをすることにしました。

 時間に余裕ができた和徳(5期)の提案でたけなわ麻雀やお花見ののメンバーに声をかけたところ

 仁神殿下土田(5期)、市川上林(6期)、高橋石澤(7期)、成毛宮内
10期)から

 参加と連絡がありました。

 布施(5期)から返信がないので 和徳のところに返事があったかと思ってきょう電話したら、布施のところに

 電話しているけどかからないんだという、電話の向こうでジャラジャラ音がするので麻雀やっているの? 

 と聞いたら、平山と関根にも聞いてみるよと言っていました。

 たけなわ麻雀はなくなったけど和徳宅麻雀は続いているようです。




       届いたメールから 


 ●仁神

 「松本の弘法山古墳の桜満開です。」

 「松本城、桜、北アルプス。隅田川参加予定」

 「朝4時出発の桜です。上田市内前山寺垂れ桜


 と松本、上田から写メール。

 
(「いいな、信濃の桜か、小諸とか上田の桜がいいそうなんでいつか行きたいと思っている。

 弘法山古墳というのは知らないけど淡いピンク色でいいね、松本城の向こうは北アルプスらしいけど

 写真が小さくてよくわからない。隅田川参加予定とのことよかったです。」と返信。)




 ●殿下

 「6月2日参加しますのでよろしく。

 今日も先ほど学習館の仕事(8時から
17時まで)から帰ってきたばかりです。

 息子のところで 現地時間の27日正午前(日本時間の28日)に男の子が生まれたとの連絡がありました。」

 
(「参加できるとのことよかったです。お孫さん誕生おめでとう、男の子は初めてだっけ? と返信」




 市川

 「隅田川の船旅参加します。

 川の上から都心を眺めるなんてまだ経験がないので大変楽しみにしています。

 
21日、22日と佐原と川越の街歩きをしてきました。

 どちらの街も水運で江戸へ物資を運んで栄えた歴史だあるのに雰囲気がなんとなく違います。

 観光客の多少だけでなく佐原は味醂や食品加工など、川越は農産品などが多くそれに関東平野のど真ん中という

 地理的要素あるのかも。

 写真は最初の2枚は佐原の街並、3~5枚目が川越(鯉のぼりは大正浪漫夢通り) 

 最後は
21日途中下車した成田の参道」

 と写メール。

 
(「船旅参加できるとのことよかったです。相変わらず元気に動き回っているんだ。川越は何回か行ったから

 様子はわかるけど、佐原は水郷は行ったことがあるけど町は見てない、最初の川越しの写真は趣があっていいな。

 最後の成田の参道の写真も立体的に見えていい写真だ。」と返信)



 ●吉見(6期)

 「お誘いありがとうございます。

 残念ながら・・・・参加は難しいですね。6月は予定がいくつか入っているので。3日4日娘の所にゆきます。

 もしかして品川の原美術館に行ってみようかなと考えていますが行けるかどうか?


 今日は少し寒いですね。雨が降ってきましたね。

 涼しいと耳も安定した不調ですが 暖かくなると痛くなり大不調になってしまいます。

 これから数か月だめでしょうね。

 
御身体を大切にされてくださいね」

 (「メールありがとう。原美術館というのは知らないな、石澤も知らないと言っていた。

 ネットで見たらしゃれた美術館だね。
船旅はお花見メンバーが全員参加することになった、

 船旅の様子はまた知らせるよ。

 そういえば石原も耳鳴りがすると言っていた。

 耳の調子が悪いとイライラしていやだね、お大事に。」と返信)








 今年も楽しいお花見でした (5期生  I.T どった君  H29.4.8



 4月4日(火)午後5時前たけなわ前に去年のお花見メンバー(殿下土田市川上林高橋石澤成毛

 全員集合しましたが、今年初参加の和徳が出てきてちょっと待っててと言う。

 1,2階の改修がなかなか決まらないみたいで、和徳も落ち着きませんね。

 10分遅れで出発、駒形橋から隅田川に下り、吾妻橋を渡り隅田公園へ、川沿いは5分咲くらいでしたが、公園内は

 結構きれいなところがありました。

 今年も去年に続いて桜の下にシートを敷いて成毛が持ってきてくれたフグのひれ酒と奥さんのお富美さんが作って

 くれたお新香、市川がお土産で持ってきてくれたつまみ等に舌鼓を打ちました。


 ぼんぼりの明かりできれいに見える桜とネオンのついたスカイツリーを見つつ2次会に向かいました。

 カラオケ店の予定でしたが、和徳がおなじみさんの店使ってということで小料理屋さんに。

 料理はおいしかったのですが、4人ずつの席で全員で顔を見ながら話せなかったのは残念でした。



 また来年も会いたいねと言いつつ帰路につきましたが、3年前はそういって別れた長瀬(7期)がその年の12月に

 旅立ってしまいました。

 ほんとに来年また元気な顔が見られるといいですね。



 市川は当日、2日後に糖尿病の検査があると酒を控えていましたが、昨日メールが届いて「数値が改善した」

 とのことでよかったです。



 去年2次会に参加した石原(6期)は2月くらいから耳鳴りがして体調不良とのことで欠席。

 一昨年は参加してくれた吉岡(同)も体調がよくないと、2次会がたけなわであればちょっと顔出せと

 言えたのですが残念です。


 泉妻さん(4期)は仕事柄正座する時間が長く、そのあと膝が伸びなくなることが何回かあったそうです。

 また3番目のお孫さんが生まれたそうですが、左手で抱くのがつらいそうです。

 自分では若いつもりだったけどやっぱり年ねとおっしゃっていました。

 和子に話したら、私なんてずっと前からガタガタよと言っていました。



 たまたま進藤さん(4期)から電話があって、6月に卓球の大会で和歌山に行くので吉川さん(3期)に会って

 きたいので住所を教えてくれとのことでした。

 シニアーの大会とはいえまだ大会に出られるのだからお元気ですね。




 今年は桜の満開が遅れてやきもきしましたが、天気も良くなった2日(日)から桜行脚。

 2日は17年間通い続けている六義園のシダレサクラのライトアップに、五分咲ということでしたがライトアップすると

 迫力満点でした。


 3日(月)は家から歩いていける善福寺川の桜を楽しみました。

 仁神(5期)が29日に善福寺川緑地に行ったけど1分咲だったとのことでしたが、この日は5分咲くらい、トピックは

 オオタカの交尾が見られたこと(自分はビデオ操作していて見逃してしまいましたが和子は見たようです、あとで撮っていた

 カメラマンの写真を見せてもらいました)。


 4日(火)は隅田川に行く前に新宿御苑へ、

 ソメイヨシノは5分咲くらいでしたが、ヨウコウやタカトウコヒガン、アメリカがきれいでした。

 玉藻の池のカイツブりが抱卵中だったので期待して行ったけど巣がなくなっていてまたダメなんだとがっかりしましたが、

 帰ってからビデオを確認したらヒナが1羽写っていました。


 5日(水)は昨日の酒が残っていましたが、善福寺公園へ。

 6日(木)は石神井公園へ、野球場の桜が満開でした。

 バンが抱卵していて、初めて卵が見られました。5個見えました。

 カイツブりより大きく、色がついていました。


 7日(金)は砧公園へ、

 ここはソメイヨシノの大木が多く、午後になって青空も見えて本当にきれいでした。

 行ったことがない方は1度は行ってみたらいいですよ。

 きょう8日(土)はこれからラグビーのサンウルブズを応援に秩父宮に行ってきます。







 今年のお花見は4月4日(火)です (5期生  I.T どった君  H29.3.29



 今のところの参加予定者は和徳殿下土田(5期)、市川上林(6期)、高橋石澤(7期)、成毛(10期)、

 あと吉岡(6期)から電話があって歩く自信はないけど最後の飲み会はできたら参加したいとのことで、

 カラオケ店に行く予定なので場所が決まったら連絡するよと話しておきました。

 先週和徳から電話があって、4月4日じゃ桜が散っちゃうよと言っていましたが、ここのところの寒さで4月4日の

 隅田堤の桜はちょうど見ごろのようです。

 天気もまあまあ、気温は高めですので、いい夜桜見物ができると思います。

 たけなわ前5時集合ですので、ご都合つく方はぜひおいでください。




 管理人さんは前立せん肥大の手術が終わってほっとしたと思ったら今度は網膜剥離ですか、みんな加齢からくるもの

 でしょうが、発見が早いのは管理人さんがお医者さん通いよくされているせいでしょうね、大ごとにならないことを

 祈っています。




            届いたメールから 


山下(5期)

 「いつもメール頂きありがとうございます

 今年は京都みやこメッセの展示会が4月8日から12日まであります

 5日から京都に行きますのでいつもながらお花見は行けませんが京都来られる時はご一報ください」

(メールありがとう。京都ももう7年くらい行ってないな。山下に教えてもらったB級グルメまた行ってみたい気は

 あるんだけど、最近は鳥に集中しているのでなかなか行けない。そういえば先週仁神が京都に行って山下に教えて

 もらったお店で食事したらしいよ。

 料理たくさん頼むけど日本酒が飲めないのであまり食べられないみたいな話していた。と返信)




市川(6期)


 「もう花見の季節なんですね。

 4月4日には参加します。

 ただ6日に糖尿病の再検査なのでアルコールはあまり飲めませんが。

 当方来週27日から30日まで山口のローカル線に乗ってきます。

 今回は仙崎・長門本山の山陰・陽の盲腸線の駅訪問が主です。

 4日に旅の土産話でも(みんな興味ないかな?)

 再会楽しみにしています。


(仙崎から青海島は行った、いいところだったよ。4日重いかもしれないけどいい写真持ってきて。と返信)



上林(同)

 「ご無沙汰しています。

 4日の
お花見喜んで参加させていただきます。

 
シマアジという鳥の存在を初めて知りました。」

(それはよかった。「シマアジのアジは味がいいところからきているそうだ、と返信したところ」


「シマアジというとても美味しい魚は知っていますが、高級魚で手が出ません。

 おそらく語源は同じなんでしょうね。」

 と再メールが届きました。








 今年も桜の季節が巡ってきました(5期生  I.T どった君  H29.3.18



 さまざまのこと思い出す桜かなと芭蕉が詠んでいますが、桜の季節が廻って来るといつも松丸(6期)

 と長瀬(7期)のことが思い出されます。

 松丸は13年前の3月21日桜も見ずに肺がんで逝ってしまいました。

 長瀬は隅田堤の花見の企画者で3年前の花見まで10年間毎年顔を合わせていましたが、花見に参加した

 3ケ月後突然すい臓がんを発症してその年の12月5日亡くなりました。

 それ以来隅田堤の花見は長瀬を思い出す日にもなっています。


  今年は3月31日くらいが東京の満開予想日で、和徳(5期)が土日はやめようと言っていたので、隅田川は風が冷たく

 桜が少し遅いことも考慮して4月3日か4日にしようと計画して連絡したところ

 高橋(7期)からは両日OKと、殿下(5期)からは3日はダメだけど4日はOKとメールが来たので4月4日(火)にしたいと思います。

 4日の午後5時にたけなわ前(内装工事は始まっているでしょうが、前に集まるのはOKと和徳が言っていました)に集合して

 いつものように隅田堤の桜を楽しんで7時ころ吾妻橋に戻り、どこかで一杯やりましょう。

 和徳はカラオケ店が飲み食いできるのでいいよと言っているのでその方向で検討しようと思います。

 なお小雨決行ということでいきたいと思います。



 (管理人 : 「各種お知らせ」 もご覧ください)







 ラストたけなわ麻雀(5期生  I.T どった君  H29.3.2



 2月27日(月)1か月ぶりにたけなわ麻雀に参加しました。

 たけなわ麻雀自体はほぼ毎週やっていたようです。

 今回の参加者は 和徳平山布施仁神関根内田は腰がよくないと不参加、和徳の長女のS子ちゃんが「内田さんが来たら2卓でやるというので待機してたのに」とお小言。


 たけなわ麻雀もいよいよ来週3月6日(月)が最終回になるようです。

 予定していたYパンの話は時間がかかりすぎるとのことでキャンセルして、不動産賃貸業に貸すことになったようです。

 みんなちょっと心配しましたが、大手であの辺で手広くやっていて評判もいいとのことで安心しました。


 2階も貸すことになるので「たけなわ麻雀」は終了ですが、今後は和徳の部屋でやるそうです。

 家の中でやるのは気も使うし、狭い部屋だそうで、自分は不参加の予定です。


 5期生中心の麻雀の集まりは10年前の平成18年の敬老の日に布施宅で始まりました。

 ちょうど還暦になるころで、今回古希を迎えて終焉? を迎えましたが、よく続いたものです。

 麻雀好きの人間、特に和徳がいなければこんなに続かなかったでしょうね、もちろん「たけなわ」の存在が大きかったですが。




 この間和子と話していて、蓋が開かなかったり、封が切れなかったり、力がなくなったことを実感することが多くなったな、

 うちらは子供がいないから二人で年取ったなと嘆きあえばいいけど、子供がいれば親も年取ったなと言われるんだななんて

 話したと麻雀の席でしゃべったら、布施は「そんなことないよ」と言ってましたが、和徳は「そうだな」と同感していました。



 それにしても小俣さん(3期)はお元気ですね、我々より2年年上なのにまだフルマラソンが走れるんですね。

 よく言ってらっしゃいましたが、陶芸との「静と動」のバランスがいいんでしょうね。




 管理人さんは前立せん肥大で手術されたそうで大変でしたね。

 麻雀の席でも次は自分の番かななんて話が出ていました。




      届いたメールから 


市川(6期)

 「26日から大内宿から会津柳津へ雪見にいってきました。

 湯野上温泉駅から宿の迎えの車で雪の中を大内宿へ 写真のように昼は人出も予想以上にありますが

 夜は音の消えた暗闇の世界 そして星がきれい。

 朝になると地元の人の日常の始まり 集団登校の子供達が白一色の世界に色彩を与えてくれました。

 翌日は七日町をぶらぶらし柳津へ ここは虚空蔵菩薩の圓蔵寺と粟まんじゅうの信仰の地 私は只見川の流れにも魅力を感じます。

 のんびり温泉につかり、血糖値を気にしながら馬肉で地酒を少し。

 旅の最中には疲れを感じないのに帰るとじわじわと出てくるのは歳のせいですかね。」



(「湯野上温泉駅懐かしいな、ちょうど7年前の平成22年2月22日この駅で記念切符買った、

 5期生会の会津の思い出旅行だったけど倉澤も一緒だった。そのとき大内宿も行った。

 市川は大内宿に泊まったんだ、星も見られたみたいでよかったね、雪の中で幻想的だったろうな。

 今回の写真は雰囲気があっていい写真が多いね。」と返信しました。








 フルラストラン (3期生  .  元・校長先生  H29.2.20


  昨年に続き京都マラソンに出ましたが、体力的には限界を感じました。

 陸上経験のある教え子のアドバイスを守り走りましたが、後半バテてしまいました。

 歩くことはなかったのですが、達成感は物足りなかったです。

 参加者
16,000人で70代以上は0.7パーセントしかいない中で、フルが走れたことはよかったと思っています。

 以前、フルは卒業と書いたことがありますが、今回でやめて、
10キロで制限時間内でゴールできる内は走り続けたいと思っています。

 年を取ると何事にも興味・関心が薄れてきますが、管理人さんが山にこだわるように、私もマラソンや陶芸を生活の一部として、

 元気なうちは続けていきたいと思っています。








 宇野(7期)に会ってきました(5期生  I.T どった君  H29.2.9



 2月2日、3日と家のベランダの修理工事でエアコンが使えないというので出かけようと考えました。

 冬鳥が見たくて奥多摩の御岳山に行こうと思いましたが、観光協会の会長さんが亡くなったとかでどこの宿坊もお休み、

 仕方ないので箱根に行くことにしました。

 野鳥の宿を探したら昔合宿やった高原ホテルの隣のホテルが出てきたのでそこにしました。

 高原ホテルは休館中でリメークするみたいです。


  新宿から桃源台までバスで行けばいいと思いました、和子がバス乗り場に変更はないのと言いましたが、

 小田急の前だから変わってないだろうと安請け合い、ところが行ってみたら南口に変更していて、仕方ないので

 ロマンスカーとバスで仙石原に向かいました。

 いきなりトラツグミに出会えてこれは幸先いいと思いましたが、鳥はみんな逃げ足が早くなかなか見つけられません。

 結局2日間で見られた珍しい鳥はウソくらいでした。

 東京近辺のほうが冬鳥は見られるみたいですが、箱根のほうがさすがに色はきれいでした、特にキジはよかったです。


 3日は桃源台から箱根町まで芦ノ湖西岸を3時間半かけて歩き三島行きの最終バス5分前にバス停に着きました。

 三島までのバスは夕暮れの海に向かいつつ富士山が大きく見えてよかったです。


 三島から函南でとんかつ屋をやっている宇野のところに寄ってきました。

 去年の10月3日付けの「会員からのお便り」に載せましたが、元気印代表みたいな宇野が糖尿病と脊柱管狭窄症とあって驚きましたが、

 両方とも散歩と食事制限でまあまあのようで安心しました。

 おいしいとんかつをごちそうになった後奥さんに函南駅まで送ってもらって帰途につきました。




       届いたメールから 


市川(6期)


「酉年の最初のメールが鳥の写真。今年は良いことがありそうです。今年も宜しくお願いします。

 ただ、今のところカテーテル手術の一年検査のため入院予定(19~20日ですが)が入り遠出する雰囲気でありません。

 初詣も柴又帝釈天です。この歳では金運・仕事運・恋愛運は関係ないのでもっはら健康を祈願してきました。

 近場ということで今日は武蔵野線小旅行です。この沿線の江戸川・中川・荒川の3河川を渡る姿を見てきました。

 1、2枚目は江戸川 これは地元三郷駅近く 電車わかりますか? 3枚目は中川 吉川駅付近

 4、5枚目は荒川 秋ヶ瀬公園から この線は貨物が多いです。最後は彩湖に群れる鴨達」



 (そうか、カテーテル手術から1年経つんだ、あちこち行ってるんだから心臓のほうは大丈夫なんだろう。

 秋ヶ瀬公園は月に1回くらい行くよ、写真に富士山がきれいに見えるね。彩湖も2回ほど行った、写っている水鳥で
 
 頭の赤いのはホシハジロという渡り鳥だよ。と返信しました。)




吉見(同)


 「あけましておめでとうございます。昨年も色々お世話になりました。本年も宜しくお願い致します。

 本格的な冬到来です。朝起きると台所の室温は零度です。まあ やっと冬が来たかっという感じですが・・。

 ほどほどに雪は積もっていますが あまり多くはありません。道路が凍っているので 朝の散歩は慎重に歩かないとね。

 寒くて嫌なのか トンビ カラス 雀が見当たりません。どこに隠れたのかな?


 耳の不調は続いていますが それ以外はまあまあでしょうか。

 今年は古希を迎えるので 忙しくなるかもしれませんね。体調崩しませんように」



 (室内で零度か、寒いんだね。東京でも外は零度になるけど、室内は10度を下回ることはほとんどない、

 ただ昨日からの寒さはきつい、昼間に暖房を入れることはあまりないんだけど、もうすぐ12時なのに暖房入れている。
 
 年を取ったせいか、寒さがこたえる、室内でも靴下をすぐ履いてしまう。去年11月古希を迎えたけど、このところ年齢を

 感じることが多くなっている。それでも鳥を見に外に出かけるよ。

 さすがに外でお弁当を食べるのは寒いのでやめている。

 そっちは標高も高いから冬は鳥も少ないだろうけど、こっちはたくさん見られて楽しい、手袋していても手がしもやけになって参るけど。

 今年も隅田川の花見はやる予定だから都合ついたらおいでよ。と返信。)




宇野(7期)


http://yajikita.la.coocan.jp/

 こんんちわ、土田様

 寒さが少し和らぎました 如何お過ごしですか

 速研HPで「たけなわ麻雀」の様子があまり見かけなくなっているのが残念ですね。

 店舗をたたむ時が私にも来ます

 和徳さんの決意時のタイミングやその後の状況などお聞きしたいです

 引退後はスポーツジムへ通う人、家庭菜園に励む人、ボランティアに参入した人 いろいろな人が身の廻りにいます、

 自分はドライブとゴルフしかないので悩んでいます

 私の引退時の健康と経済を見て決めるしかありません

 私のHPNIFTYの都合で上記に移動しました。

 更新する機会があまり無いので変わってません」


(和徳は台東区の運動施設に1回行ったらしいけど、体が痛くなってやめたと言っていた。

 隅田川沿いの散歩は結構やっているみたい。店の後利用(たぶんヤマザキパンになる)が決まるまでは落ち着かないだろうけど、

 決まってたけなわ麻雀ができなくなった後が心配だね、自分の部屋でやろうかなんて言ってたけど、家族に迷惑かかる


 (今は和徳がみんなやってくれているから家族には迷惑かけてない)からやだよと言っといた。

 電話してやれば喜ぶと思うよ。宇野は糖尿病と脊柱管狭窄症と
10月のメールにあったけど大丈夫? 

 元気印の代表みたいな宇野なのに大変だと心配している。お店のHPのアドレスの変更は佐賀田さんに連絡しておくよ、

 ただ2月2週まで変えられないらしい。

 と返信しましたが、この間言って話したらメールが届いてないらしい、どうしてでしょうね、宇野のメールに返信したのに?)



 管理人さんへ


 宇野のHPのアドレスは上記にありますのでよろしくお願いします。

 仁神(5期)は最近パソコンの関係でHPが見られないようですが、薬局は営業譲渡して経営から離れたので、

 彼のHPは削除していいんじゃないですか、前のHPが見られればペンギンが見られるのですが


 「速研数え歌」残念ながら誰だかわかりません、4番目の「ハッタリーさん」

 (和徳が入会のときナならお前、ノなら和斉さんと教えられたそうです)と、

 この段階で1級取ったというから15番目は吉川さんでしょうか。




 管理人より :  1.宇野くんのHPのリンクを直しました。

             2.仁神君のHPはもうしばらく、このままにしておきます。)








 今年は鳥(酉)年です (5期生  I.T どった君  H29.1.8



 今年は箱根駅伝に中大の参加がなかったのでHPがいまだに更新されていません、寂しいですね。

 昭和39年まで中大は6連覇、これは記録みたいです、

 管理人さん小俣さん(3期)が箱根駅伝に力が入るのはそういう優勝体験があるせいなんでしょうね。




 HPに「会員のお店など」というコーナーがあります。

 一番最初が「たけなわ」

 現在は2階が毎週麻雀会場になっていますが、2階も貸す方向で話が進んでいるようで「たけなわ麻雀」も終了の時期が近付いているようです。


 次が仁神(5期)のお店、

 仁神のお店のHPはペンギンが足出して仲間を倒すシーンが面白かったのですが、残念ながら見られなくなってしまいました、

 仕方ないですね、経営者が交代したのですから。

 3番目の宇野(7期)のお店

 のHPも真っ白で見られません、

 笠井(13期)の

 HPも最初見られなくてあれっと思いましたが、更新中だったのかその後見られるようになって安心しました。


 「会員のお店など」も模様替えが必要ですね。




 うちらは鳥年ということもあって鳥見に励んでいます。

 このHPのトップページのひよこもかわいいですが、本物の鳥もかわいいですよ。

 元日は妙法寺に初もうでに行った後和田堀まで足を延ばし、短時間にシメとジョウビタキに出会えたのでさすが鳥年と思いました。

 しかし3日は高尾の霊園にお墓参りに
行った後八王子城跡公園に足を延ばしました、

 夏はいろんな鳥が見られる場所なんですが、冬鳥は全然見られず、4日は善福寺公園、5日は新宿御苑でもこれという鳥が見られず、

 鳥年で鳥はどこかに集まって新年祝いをやっているのかと疑いました。

 でも6日に行った武蔵野公園・野川公園では、風が強くて寒かったのですが、最初からシメとツグミが絡んで現われ、

 川沿いにアオジとカワラヒワ、林地でエナガ、ヤマガラ、カケス、ジョウビタキ、ルリビタキと

 次から次と顔を見せてくれてさすが鳥年と満足しました。

 今年も鳥とラグビーで1年が過ごせそうです。




     ★ 届いたメールから 




市川(6期)

 「今年も1年間 鳥や花などを通して季節感を大いに味わせていただきありがとうございました。

 来年も楽しい写真お願いします。

 当方は18日から20日まで姫新線・芸備線・福塩線に乗り中国山地の麓を回ってきました。

 各線とも同じような顔に遭遇すること度々。いつもの様に写真送ります。

 1枚目は佐用町の大銀杏と智頭急行2~4枚目は津山市内特にこの日は濃霧が強く、早朝の津山城跡は石垣に意味なく感動。

 次は保存地区の町並 最後は旧津山機関庫(休館のためフェンス越しに) 

 5枚目は備後八幡~内名を芸備線の車内から 

 6・7枚目は備後落合にて(この線には新見・三好間の直通は無く乗換 赤い単行車は木次線) 

 最後は府中の日本一の石灯篭です。」



(相変わらず元気に動き回っているんだ、和子がすごいエネルギーだねと感心してるよ。

 正月には豊橋だったっけ、行くんだろう。来年も旅行記? 伝えてね。と返信しました。)




高岡(12期)

 『思い出の灯よ、たけなわよ』と題して

 「ご無沙汰しております。お変わりないですか。

 平成28年もほんのわずかとなりましたね。

 ことしは「たけなわ」が店を閉じたのが実に残念というか、「思い出の」東京の足掛かりがなくなってしまって、

 ぽっかり心に空白、立ちすくむ思いです。

 今度は出張帰り、どこに寄ったらいいんだろうと。

 大学はとっくの昔に跡形もなくなっているから身も心も「よりどころ」は、う~ん「たけなわ」しかなかったじゃないかと。

 店の暖簾をくぐれば、そこにある米倉さんのスマイルが、下町の兄貴が温かく迎えてくれるといった雰囲気で、

 ここ1、2年出張帰りには寄るようにしていました。

 ほろ酔い加減で店を出ると、浅草の灯が目に飛び込んで昭和30年代、40年代の望郷歌謡曲を心の中で口ずさめば、

 言い表しようのない懐かしさ(自らの学生時代のそれかもしれないし、歌の中の東京に対してかもしれない)がこみあげてきたものです。

 新聞社勤め時代とは打って変わって出張や仕事がらみで東京行きがあるようになったのに、残念です。

 1月にも上京を予定しています。

 さて帰り、新幹線の出発まで、どこで時間をつぶせるやら。

 ではお目にかかる日まで。良いお年を。」



 高岡とはだいぶ会ってないけど、たまにメールもらうのでいろいろ大変らしいけど元気にやっているんだなと思っています。

 高岡の文には高岡の味があるのか、いつも顔が浮かぶな。上京予定が決まったら連絡して、りつ子さんなんかにも連絡して会おうよ。

 「たけなわ」でとはいかないけど。このメール和徳に転送しておきます、喜ぶと思うので。と返信しました。)




ジョン(15期)

 「アオバト、初めて見ました。きれいですね。

 (間違えて和子のアドレスから送ってしまったので) 石澤先輩の名前で添付ファイルがあったので、夫が「知っている人か?」と

 確認していました

 知らない名前のメールに添付ファイルがあると不安ですからねぇ。

 土田さんの名前はしっかり覚えておりますので、「そういうことか~」と、この追伸メールで納得しておりました。

 いつもきれいな写真をありがとうございます。

 どうぞお元気でよいお年をお迎えくださいますように。

 たけなわにお集まりの諸先輩方にもよろしくお伝えください。」



 (ご主人まで巻き込んでごめんね。よいお年を、来年も明るい年だといいね。と返信しました。)





続きを読む    このページのトップに戻る     HPのトップページに戻る